1. 弁護士ドットコム
  2. 離婚・男女問題
  3. 離婚原因
  4. モラハラ
  5. 教えてください。             

公開日:

教えてください。             

2016年01月25日
ベストアンサー
訴状を作っていて疑問に当たりました。

面会交流の拒否を理由に親権者を提訴します。

離婚して、審判で決定しております。

婚姻中のことは和解離婚ですべて解決しております。

訴状には婚姻から離婚までは簡潔に書けば足りるはずです。

しかし親権者が答弁書にて、婚姻中にモラハラを受けたなどとでっち上げてくると思います。

先生なら反論しますか?否定だけして無視しますか?

一般的にどのように対処するのでしょうか?
相談者(419885)の相談

みんなの回答

弁護士A
ベストアンサー
ありがとう
証拠をもって反論できる部分については、反論をするのが通常です。
ただし、争点と関係がないことを厚く書いてもバランスが悪いので、分量については、ケースバイケースになります。

2016年01月25日 22時15分

田中 勇輝
田中 勇輝 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 兵庫県7 離婚・男女問題に注力する弁護士
ありがとう
反論できるところは、反論すべきですが、要は、面会交流を拒否する正当な理由があるかが、争点となるでしょうから、モラハラがその争点に関連するものであれば厚く反論すべきですし、そうではなく付随的なものであれば、薄くで良いということだと思います。

2016年01月25日 22時33分

相談者(419885)
ありがとうございます。関連がないと思い反論しなかった。

しかしあとから 関連性が濃厚だった。
このような場合 濃厚と分かってから反論しても遅いのでしょうか?

2016年01月25日 22時44分

田中 勇輝
田中 勇輝 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 兵庫県7 離婚・男女問題に注力する弁護士
ありがとう
そんなことはありません、弁論が終結されるまでは反論は可能でしょう。ただ、そうならないためにも、関連性があると考えるのであれば、反論はある程度はしておいた方が良いでしょうね。

2016年01月25日 22時47分

弁護士A
ありがとう
あとから反論をすることは可能です。ただし、何も反論をしないのではなく、軽くでも、反論をしておいたほうが良いでしょう。

2016年01月25日 23時03分

相談者(419885)
軽くでも、反論をしておいたほうが良いでしょう。

原告は否認する

これだけ、理由のない否認ですよね?

2016年01月25日 23時18分

この投稿は、2016年01月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

モラハラの慰謝料相場と準備すべき証拠

配偶者から日常的に暴言を浴びせられる、長期間無視されるーー。こうしたモラルハラスメント(モラハラ)が原因で離婚する場合、慰謝料請求はできるの...

モラハラで慰謝料請求が認められるケースと必要な証拠

配偶者から日常的に暴言を浴びせられる、長期間無視されるーー。こうしたモラルハラスメント(モラハラ)で精神的に追い詰められ、離婚を考える人は少...

モラハラを離婚原因とする場合の慰謝料相場

出会った頃は優しく温厚だったパートナーが、結婚してから豹変し、家では暴言を吐くようになった、機嫌が悪いと無視する、家事の不出来を延々と指摘す...

面会交流のルールを変更したい場合の対処法

面会交流をどのようなルールで行うかについては、夫婦の話合いで決めることができます。面会交流を行う頻度としては、月に何回程度が適切なのでしょう...

面会交流がルール通りに行われない場合

面会交流について調停や審判でルールが決まったにもかかわらず、その通りに面会交流が実施されない場合、裁判所の手続きによって、子どもとともに暮ら...

やること診断

今するべきことがわかります 離婚・男女問題のやること診断

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

この相談に近い法律相談

  • 離婚訴訟。和解について教えて下さい?

    夫が不倫をして、離婚を望んでいます。私は離婚したくありません。 夫が弁護士に依頼して調停、不成立になり、夫が原告で離婚訴訟になりました。 原告側(夫)は不倫をした時点で私のせいで夫婦関係が破綻していたと主張し 有責配偶者ではないといった裁判になっています。 裁判4回目で原告側から和解案?離婚条件を提示してきま...

  • 離婚裁判における和解について

    離婚裁判における和解についてご質問します。一方が離婚請求訴訟等を起こした裁判において、離婚を前提としない(つまり婚姻関係を継続する)和解は有り得ますか? お教えいただければ幸いです。

  • 和解拒否してきた後の方針について知りたい

    離婚裁判中で私は被告側です。 現在私の方から出した和解案に対して原告(夫)は数ヵ月間答えを悩み伸ばし続けた挙げ句に和解を拒否してきました。 私には発達障害の3歳の幼児を養育中で全く働ける状況ではないと診断書も提出して主張する中で、原告の離婚理由は弱すぎて主たる原因はないようです。 原告の主張も今までコロコロ変わ...

  • 離婚、親権、裁判、控訴について

    現在、妻からの離婚訴訟に本人で対応しています。 あと二回ほどで結果が出そうですが、離婚は許せても親権は絶対に譲れません。 理由は、子供が多くの家族を失うことになるからです。 妻は、夫婦の離婚問題と、親子の問題を切り離して考えれません。 そこで、二審からは代理人をお願いしようと思っています。 関西です。 ...

  • 離婚訴訟の二審、その答弁書と和解について

    基本的な事でも結構ですので、アドバイス頂けたら幸いです。 妻原告の離婚訴訟です。 一審判決は離婚で、子供の監護権は妻、親権は私となりました。 親権が私になったのは妻の面会交流拒否です。 妻は親権を求め控訴。 もうじき二審です。 しかし、一審判決後、月1ですが面会交流が実現し、受け渡し時も双方仲良く(?)会...

法律相談を検索する

よく見られているキーワード

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

離婚・男女問題の「トラブル体験談」

Aさん(30代女性)

DVを繰り返す夫から自由に - 2人の子どもの親権と養育費を勝ち取ったAさんの体験談

  • DV
  • 親権
  • 養育費
  • 面会交流

結婚11年目のAさんは、パートで働きながら8歳と10歳の子どもを育てる母親でした。会社勤めをしている夫は、家事や育児に協力しないだけでなく...

Bさん(20代女性)

性格の不一致から夫との生活が苦痛に - うつ病を患いながら離婚を成立させたBさんの体験談

  • 性格の不一致による離婚
  • うつ病
  • 新居の処分

結婚1年目のBさんは、夫と共働きの二人暮らし。当時仕事に追われていたBさんは、家庭内での夫の態度に違和感を覚えるようになっていました。B...

Cさん(40代女性)

育児・家事に無関心な夫と離婚 - 3人の子どもの親権・養育費を争ったCさんの体験談

  • 親権
  • 養育費
  • 財産分与
  • 年金分割

Cさんは、3人の子どもを育てる専業主婦でした。公務員の夫は、結婚当初から家庭内のことに無関心でした。「子どもが生まれたら変わるかな」と...

依頼前に知っておきたい弁護士知識

モラハラに注力する弁護士

最近検索されたキーワード

モラハラの法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

離婚・男女問題の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。