夫の主張は裁判にて離婚を認めてもらえない要因とみなされるか、判決まで期間はどのくらいと想定されるか

公開日: 相談日:2022年05月13日
  • 2弁護士
  • 2回答
ベストアンサー

【相談の背景】
婚姻期間 2年7ヶ月
同居期間 1年7ヶ月
別居期間 半年
夫婦ともに30歳

夫のモラハラと性格の不一致により精神的に疲れ、私が離婚をしたく別居に至りました。夫は離婚を拒否しており、近々調停が始まります。
モラハラの内容は、私の携帯を除く、私がその場にいるいない関係なくロックナンバーを解除しようと何度も取り組む、私にロックナンバーを教えるよう求めてくる、私が職場の男性(上司先輩後輩)の話をすると「その人のこと好きなの?」と聞かれる、怒ったときに壁を蹴る、ドアを強く開閉する、平日に深夜まで私を座らせて説教する(夫婦共働きで平日勤務)、風呂やトイレにまでついてくる、家事分担の提案をしたら「そんな事言わない人だと思ったから結婚した」と言われる、夫がコロナワクチン反対派で私が私自身の接種予約をすると伝えると考え直すようにと強く言われる(結局黙って接種しました)、など他にもあります。また、夫は発達障害のようなところがあります。病院で診断はされていませんが、本人は自覚があるそうです。精神的にかなりきつく、この先婚姻生活を続けることが難しいと思い離婚したいです。
別居後、外で話し合いをしましたが夫に離婚を拒否されています。また、今後裁判となったとき、夫の主張が正当とみなされ、離婚を認めてもらえなかったことを想像するとかなりきついです。
夫の主張についてご回答頂けますと幸いです。

【質問1】
協議のときに夫が「離婚すると、職場での信用を失ってしまうので離婚したくない」といった主張をしていましたが、これは裁判にて離婚を認めてもらえない要因となるでしょうか。

【質問2】
「(私が夫へ)生活費を払っていない」と言われましたが、夫の方が私より年収が50万以上は上です。子供はいません。裁判にて不利になるのでしょうか?

【質問3】
モラハラは証拠がなく、性格の不一致という理由も裁判ではなかなか認めてもらえ辛いと思います。お互い呼び出された日に必ず出廷するとして、どのくらいの期間で判決が出るのが平均でしょうか。

1143865さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    茨城県3位
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    【質問1について】
    特に影響はありません。
    訴訟で離婚が認められるかどうかは、離婚事由(の立証)があるかどうかによります。

    【質問2について】
    どういう趣旨での主張なのか明確ではありませんが、単に質問者様を非難しているだけであれば、離婚自体の成否には特に影響はないと思われます。
    むしろ、捉え方によっては、婚姻の破綻状態を裏付ける点で、離婚自体には有利に働く可能性もあります。
    慰謝料請求もする場合には、離婚に至る原因が一方的ではないという意味で、金額等に影響があるかもしれません。

    【質問3について】
    請求内容や争点によりますが、仮に離婚のみを問題とするなら、ざっくり半年から1年程度ではないかと思います。
    親権や養育費、財産分与に争いがあると、それらに関する主張立証や調査に時間がかかるので長期がしやすいですが、離婚しか争わないのであれば、比較的早めに結審すると思われます。
    とは言え、裁判期日の指定は互いの都合にも影響されますし、争点によっては意外と反論・再反論が繰り返されたりして時間がかかることもあるので、正確にはなかなか見通しがつかないのが正直なところです。

  • 弁護士ランキング
    新潟県1位

    齋藤 裕 弁護士

    注力分野
    離婚・男女問題
    タッチして回答を見る

    > 【質問1】
    >
    > 協議のときに夫が「離婚すると、職場での信用を失ってしまうので離婚したくない」といった主張をしていましたが、これは裁判にて離婚を認めてもらえない要因となるでしょうか。

    なりません
    > 【質問2】
    >
    > 「(私が夫へ)生活費を払っていない」と言われましたが、夫の方が私より年収が50万以上は上です。子供はいません。裁判にて不利になるのでしょうか?
    >
    特に不利にはらないでしょう
    > 【質問3】
    >
    > モラハラは証拠がなく、性格の不一致という理由も裁判ではなかなか認めてもらえ辛いと思います。お互い呼び出された日に必ず出廷するとして、どのくらいの期間で判決が出るのが平均でしょうか。
    1年前後でしょう

この投稿は、2022年05月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す