家庭内別居に耐えられず離婚したい場合

公開日: 相談日:2018年05月07日
  • 3弁護士
  • 4回答
ベストアンサー

離婚の事で相談させて頂きます。
1歳の娘が1人、主人は平日は単身赴任で金曜晩〜日曜日は家に帰ってくる生活をしています。
主人から性格の不一致と子供の叱り方が気に入らないと離婚をいいだされ、1ヶ月離婚するしないで揉めています。この1ヶ月家に帰って来ておらず、生活費は5万減額されました。
主人の離婚理由に納得がいかず子供もいるので離婚はしないと言い続けていると、今週から帰ってくるが物置に使っていた部屋を自分の部屋にして家庭内別居の状態にすると言いだしています。恐らく子供には会いたいが私の顔は見たくないので、この様な状態にしようと思っているのだと思います。
家庭内別居の状態が長く続くと私も精神的に耐えられなくなると思いますので離婚をしようかと考えているのですが、この様な理由で離婚はできますでしょうか?この場合は離婚できても慰謝料を貰ったり財産分与なしで離婚などはできないのでしょうか?
宜しくお願い致します。

659076さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    東京都10位

    原田 和幸 弁護士

    注力分野
    離婚・男女問題
    タッチして回答を見る

    > この様な理由で離婚はできますでしょうか?

    お二人が同意すれば離婚はできます。
    ただ、ご記載の事情からは離婚原因がないと思われましたので、相談者が拒否すれば、現時点では離婚にならないと思います。

    この場合は離婚できても慰謝料を貰ったり財産分与なしで離婚などはできないのでしょうか?

    慰謝料発生の根拠がお伺いできませんでした。
    ただ、離婚に応じる代わりに、一定の解決金の支払いを求めることはありうると思います。
    夫婦で築いた財産があれば、財産分与請求はありえます。

  • 弁護士ランキング
    鹿児島県1位
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    「家庭内別居の状態が長く続くと私も精神的に耐えられなくなると思いますので離婚をしようかと考えているのですが、この様な理由で離婚はできますでしょうか?」

     日本法は離婚については、無条件の協議離婚を認めており、当事者が離婚に合意しさえすれば離婚できるという緩やかな離婚法制度を採用していますので、夫が離婚を求めており、ご相談者も離婚しようかという考えに変わったと言うことですから、協議離婚成立へ向かっていると解してよろしいかと思います。

    「この場合は離婚できても慰謝料を貰ったり財産分与なしで離婚などはできないのでしょうか? 」

     不明な点もありますが、ご記載の事実からは、婚姻関係が破綻して協議離婚が成立することを想定することになります。そうしますと、有責行為慰謝料又は有責行為を離婚慰謝料は考えにくいので、慰謝料は問題とならない可能性があります。
     しかし、慰謝料と財産分与は別の問題ですから、財産分与請求(婚姻中に形成された夫婦の実質的共有財産の清算)は可能です。
     離婚成立までの別居中の婚姻費用分担請求(養育費分は包含される)、離婚後の子どもの養育費請求は、当然可能です。

  • 弁護士ランキング
    鹿児島県1位
    タッチして回答を見る

    「有責行為慰謝料又は有責行為を離婚慰謝料は考えにくいので」と書きましたが、言葉足らず、かつ文字の欠落があり、理解しにくいので、以下のように修正します。
     「有責行為(不貞行為等)に基づく慰謝料請求又は有責行為を原因として離婚せざるを得なくなったことから生じる離婚慰謝料は考えにくいので」と修正します。

  • タッチして回答を見る

    離婚自体については、当事者双方が同意すれば理由は問われることなく協議離婚できます。慰謝料と財産分与は、一応、別の問題であり、婚姻関係の破綻に責任がある側が、慰謝料を払うことが多いです。生活費が足りなく苦しいのであれば、婚姻費用分担請求調停を家庭裁判所に申立てをしてもよいかもしれません。同居していても、調停申し立てをすることは可能です。

  • 相談者 659076さん

    タッチして回答を見る

    ご回答ありがとうございます。
    離婚の理由がかなり理不尽な上に家庭内別居までされるので、主人のしている事が有責行為又は婚姻関係の破綻に責任がある側になって慰謝料が取れればと思ったのですが、この位の理由では有責行為にはならないのですね。
    そこを踏まえて今後の事を考えていきたいと思います。
    ありがとうございました。

この投稿は、2018年05月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す