離婚問題 性格の不一致

公開日: 相談日:2021年12月23日
  • 1弁護士
  • 1回答

【相談の背景】
結婚して1年半ですが離婚したいと考えています。
同居期間が約6ヶ月程。
別居期間はもうすぐ1年となります。
入籍・同居して、半年程して性格の不一致を感じ人生を一緒に歩めないと感じ離婚したいと思いました。
そして、自身の思いを相手に伝え離婚したいと告げましたが相手は離婚に応じてくれませんでした。
相手に別居を反対されましたが、離婚に応じてくれない人と一緒に生活がしたくないので家を出ました。
そのまま別居です。
二人での話し合いは決裂し、離婚調停を申し立てましたが4回目で不成立となりました。
相手が提示した離婚条件を当方が受け入れられなかったのが不成立の理由かと思われます。
お互い不貞はありません。
離婚するにあたって相手に解決金等の支払いは避けたいです。

【質問1】
このような背景があるのですが、離婚訴訟でこの別居期間を『婚姻を継続し難い重大な理由』と評価されるのでしょうか?

【質問2】
裁判で離婚を認めてもらうには、難しいでしょうか?

1097148さんの相談

回答タイムライン

  • 原田 和幸 弁護士

    注力分野
    離婚・男女問題
    タッチして回答を見る

    【質問1】
    このような背景があるのですが、離婚訴訟でこの別居期間を『婚姻を継続し難い重大な理由』と評価されるのでしょうか?

    婚姻期間も短いようですが、そうはいっても1年程度の別居で「婚姻を継続し難い重大な事由」と言えるのか疑問のところはあります。

    【質問2】
    裁判で離婚を認めてもらうには、難しいでしょうか?

    これからも別居が続けば、婚姻期間も短いようですし、裁判で離婚を認めてもらえる場合もあろうかと思います。


  • 相談者 1097148さん

    タッチして回答を見る

    原田弁護士様
    ご教授ありがとうございます。
    婚姻期間・同居期間が短くても、別居1年程では裁判による離婚理由となるのは評価され難いということですね。
    提訴する時期を慎重に考える必要があると感じました。
    原田先生の回答を参考に今後のことを検討してみます。
    ありがとうございました。

この投稿は、2021年12月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す

弁護士回答数

-件見つかりました