DVで夫が逮捕されました

公開日: 相談日:2015年05月04日
  • 3弁護士
  • 7回答
ベストアンサー

3月末に口論の末、首を絞めるなどの暴力を受け被害届を出しました。
夫は逮捕後起訴され、5月末の公判まで拘置所に拘束されるそうです。
保釈も却下されていて、私も娘を連れて実家に戻ったので、夫名義で借りている賃貸マンションには誰も住んでいない状態です。

保証人の義父から、マンションを引き払って構わない旨を書面で欲しいと言われました。
何をどう書けばいいのでしょうか。

また生活費としてネットで夫の口座から5万を私の口座へ振り込みしてますが、問題ないでしょうか

通販のクレジットカードも夫名義のものを登録してます。このまま買い物するのはやはり問題があるでしょうか

よろしくお願いします

346211さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    大阪府3位

    森田 英樹 弁護士

    注力分野
    離婚・男女問題
    タッチして回答を見る

    何をどう書けばいいのでしょうか。

    ・夫名義で借りているのであれば本来あなたの署名は必要ないと思います。まだ あなたの家財道具などがそのままになっているのであれば ・・までに搬出することを求めているのではないでしょうか。

    生活費としてネットで夫の口座から5万を私の口座へ振り込みしてますが、問題ないでしょうか

    ・あなたが行っているのでしょうか?本来は夫の弁護人を通じて話し合っておく方がよいと思います。

    通販のクレジットカードも夫名義のものを登録してます。このまま買い物するのはやはり問題があるでしょうか

    ・夫名義のカードの利用は 控えるべきでしょう。

  • 弁護士ランキング
    福岡県1位
    タッチして回答を見る

    怖い思いをされましたね,同情致します。

    ※保証人の義父から、マンションを引き払って構わない旨を書面で欲しいと言われました。何をどう書けばいいのでしょうか。

    →不動産会社に確認するのが良いと思います。おそらく解約するにあたって,私物の処理などの問題があるのだと思います。

    ※また生活費としてネットで夫の口座から5万を私の口座へ振り込みしてますが、問題ないでしょうか。通販のクレジットカードも夫名義のものを登録してます。このまま買い物するのはやはり問題があるでしょうか。

    →どちらもマズイでしょう。夫の同意なくやっているとすれば,自力救済ということになります。事件として現実に立件されるかはともかく,夫側から電子計算機使用詐欺罪などとして報復的に告発される危険性もあります。この点も含めて夫側の窓口と話をしておかなければなりません。特に,自白事件であれば公判期日は2回程度で終わり,初犯なら執行猶予で釈放される可能性が高いです。

    今のうちなら国選弁護人もついていますから,夫側とも話がしやすいと思います。急ぎ,法テラスで構いませんので相談に行って今後の対応について協議されて下さい。

  • 弁護士ランキング
    岡山県1位

    川崎 政宏 弁護士

    注力分野
    離婚・男女問題
    タッチして回答を見る

    夫の刑事事件が動いていく中で、どう対処してよいか困ることが続いているのですね。

    まずマンションを引き払うことについては、夫の父が保証人として、退去明渡し、原状回復を家主から迫られている状況と考えられます。あなたの荷物が残っているようであればすみやかな引取りが必要になりますが、すでに搬出済みであれば、「マンションを引き払うことに同意し、残った荷物などの所有権を放棄し、処分されても異議を述べません」といった趣旨の一筆を入れておくと、マンション内に残ったすべての荷物を父親の方で処分することができます。

    生活費についてはネット振替の手続きは夫がしていたのでしょうか?逮捕前からしているのであれば継続で問題ありませんが、夫の同意がない場合、あるいは継続することについて協議ができていない場合は、夫の父親を窓口に同意をとっておいた方が無難です。

    夫のカード使用については、後から問題にされることがあるので、夫の父親を介して同意を得ておくか、返しておいた方が安全です。

    いずれにしても、たちまち生活費に困ると思いますから、刑事弁護人と連絡がついていない状況であれば、夫の父親を交渉窓口にして婚姻費用をどうするかだけでも決めておいた方がよいでしょう。

    なお、夫は今後保釈あるいは執行猶予付きの判決で釈放されることが予想されますから、保護命令の申立てや離婚協議について、安全にすすめていく必要があります。すでに警察の安全課や女性センターにつながっておられると思いますが、並行して相談していくことが大切です。

    また、あなたは現在傷害事件の被害者という立場なので、法テラスで被害者支援弁護士を紹介してもらい、刑事裁判中の被害者側としての対応を依頼することは可能です。

  • 相談者 346211さん

    タッチして回答を見る

    分かりやすい解答ありがとうございます。
    既に振り込んでしまった分は戻した方がいいでしょうか?
    現在10か月の子供連れで、働くにしても早急には難しく実家も裕福とは言い難く経済的に不安です。

    賃貸マンションは私が解約に同意してるかは特に必要ないんでしょうか

    また夫には私選の弁護士がついて居ますが、相性が悪いのか険悪な関係になってしまっています。

  • 弁護士ランキング
    岡山県1位

    川崎 政宏 弁護士

    注力分野
    離婚・男女問題
    タッチして回答を見る

    そうだったのですね。

    ネットの振替は同意なしに行っていたのでしょうか?

    すでに振り替えた10万円は生活費(婚姻費用)として事後承諾してもらっておけば、返すまでもないでしょう。

    マンションの解約については、引き続き居住することは危険ですし、賃料を負担できるかという問題があります。契約者が夫であれば、家主側はあなたの承諾は不要ですが、荷物が残っていると問題になるため、一筆と言われているものと思います。

    刑事弁護人と話ができない状況であれば、父親を介して交渉することになります。

  • 弁護士ランキング
    福岡県1位
    タッチして回答を見る

    国選弁護人かと思いましたが,私選弁護人でしたか。

    国選弁護人のため,奥さんとの婚姻費用や離婚の問題について話が出来ていないのかと思っていました。国選弁護人はあくまで刑事事件の弁護人であり,民事の対応までする義務はないからです。国選弁護人の好意で事実上示談交渉の一貫として進めることはありますが,対応することを強制は出来ません。

    しかし,私選弁護人で話が進められていないとすれば,なかなか根深い問題があるように思います。やはり,他の先生方もおっしゃるようにあなたも弁護士に依頼した方が良いでしょう。法テラスであれば,ただちに支払うことは求められませんし,後から弁護士費用の支払を免除される余地もあります。

    刑事事件として係属している間が妻側にとっては最大のチャンスの時期です。その時期を逃しての対応は格段に難しくなるため,連休明けに急ぎ弁護士に面談相談に行かれて下さい。法テラスの予約がとれない場合は,法テラスに聞いて直接事務所で対応してくれる弁護士に予約をとることが考えられます。

  • 相談者 346211さん

    タッチして回答を見る

    ネット振り込みは里帰り出産中の別居期間に生活費をもらう方法で、登録などは夫がしていました。
    逮捕後に2回振り込んだのは、夫には同意をもらっていません。
    あと賠償金として10万円を現金書留で送りつけられて受け取ってしまっています。

    20万はさすがに貰いすぎのような気もします。

  • 弁護士ランキング
    岡山県1位

    川崎 政宏 弁護士

    注力分野
    離婚・男女問題
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    そうだったのですね。

    当面は生活費に困っての応急対応ということで説明はつくと思います。

    また慰謝料額を考えると10万円の意味合いが慰謝料なのか、生活費なのかもあいまいです。

    おそらく今後の全体的な解決をあなたがどう考えるか(特に離婚するかどうか、するとしてその条件をどうするか)によって、すべてをひっくるめての解決になるか、一つずつ細かくやりとりしていくか、解決方法も異なっていきます。

    解決すべき問題がたくさんあり、一気に解決するなら今が最大のチャンスですから、連休明けに法律相談に出向かれた方がよいと考えます。

  • 相談者 346211さん

    タッチして回答を見る

    丁寧な対応ありがとうございました。
    連休あけに法テラスへ相談に行きます。

    何度もお返事を頂きまして、本当に感謝しています。
    ありがとうございました。

  • 弁護士ランキング
    岡山県1位

    川崎 政宏 弁護士

    注力分野
    離婚・男女問題
    タッチして回答を見る

    法テラスでは、刑事事件の被害者支援(傷害事件の被害者の加害者側との示談交渉など)とご夫婦間の調整事件(離婚協議や婚姻費用の問題)の二つで相談、援助を申し込まれたらよいです。

    前者は被害者支援に精通した弁護士を紹介してくれ、刑事弁護人との交渉についてあなたの支援を行ってくれます。日弁連援助事業として原則あなたの費用負担はありません。急ぎの支援なのですぐに審査決定してくれます。

    後者は本来の法テラスの費用立替制度で、離婚調停などをお願いする際にまとまった弁護士費用がないために依頼できず泣き寝入りしないための立替制度です。約13~15万円の着手金を法テラスが立て替えてくれ、月5000円ずつ分割で返していく仕組みです。審査には数週間時間がかかります。申込みの際に急ぎでとお願いしておくとよいでしょう。戸籍謄本、住民票、所得証明書、給与明細が審査資料として要求されます。

この投稿は、2015年05月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから