公開日:

DVの慰謝料は?

2013年07月30日
体のアザの写真を撮りました。
顔のケガは通院したので診断書があります。


過去のケガは診断書も写真も残念ながら何もありません。
相談者(192264)の相談

みんなの回答

好川 久治
好川 久治 弁護士
離婚・男女問題に注力する弁護士
ありがとう
怪我の状況、特に後遺障害が残るほどの怪我かどうかによって金額は大きく違いますが、後遺障害が残らない打撲怪我の程度であれば、おそらく離婚慰謝料としてDVの分も含めて300程度になるのではないかと思います。かなり酷い怪我でも300万円の慰謝料の判決をもらったことがありますので、金額としてはそのくらいだと思います。

2013年07月30日 18時16分

この投稿は、2013年07月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

DVの慰謝料と必要となる証拠

配偶者からのDVを理由に離婚する場合、DV被害を理由に、配偶者に対して慰謝料を請求することができます。この記事では、裁判例を素材に、どのようなケ...

DVを理由に慰謝料を請求するときに用意すべき証拠

配偶者からのDVを理由に離婚を決意した場合、同時に慰謝料を請求したいと考える人もいるでしょう。この記事では、配偶者のDVを理由に離婚する場合、慰...

DVの被害者が身の安全を確保して離婚するまでの手続きの流れ

配偶者からのDVを理由に離婚したいと考えている場合、まずは身の安全を確保し、離婚に向けた準備を進めていきましょう。この記事では、身の安全を確保...

DV被害を証明するために有効な証拠

DVを理由に離婚する際、配偶者に慰謝料を請求するためには、実際にDV被害を受けたことを証明する証拠が必要です。ここでは、DVを証明するために有効と...

DVへの対処法や離婚請求・慰謝料の相場

信頼していたパートナーからDV(ドメスティックバイオレンス)を受けてしまったら、肉体的にも精神的にも辛いことでしょう。一度だけでも怯えながらの...

やること診断

今するべきことがわかります 離婚・男女問題のやること診断

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

この相談に近い法律相談

  • 不倫慰謝料請求訴訟 証拠能力について

    夫と不倫相手へ慰謝料請求の訴訟を提起します。 夫との離婚調停で、夫はEDの診断書を出して、不貞を否認しました。 しかし、診断書には、病名(疑い)という記載があります。 「疑い」と書かれた診断書に、証拠能力はあるのでしょうか? 病名が断定的に書かれているわけではないので、相手の主張(ED)を崩すことはできません...

  • 精神的DVで心療内科などへ通院

    夫婦間のトラブルでよく、心療内科などで診断書を書いてもらったなどの記述を目にしますが、これらが慰謝料請求にあたり、強力な証拠になるのでしょうか?

  • DV不貞による証明について

    夫のDVや不貞による慰謝料請求をするための 心理的や肉体的な負担がどれほどあったかの証拠として、 以下のものは証拠として、調停で扱っていただけますか? ①重度の過呼吸になり全身硬直、救急搬送 →昨年7月のことですが、診断書などはありません。 今になって診断書を書いてもらうことは可能でしょうか? ②DV の証拠とし...

  • 離婚時慰謝料請求の際の診断書に関して

    夫の浮気により現在別居中です。 浮気のショックで抑うつ状態、働けない状態と診断され心療内科などに通院しております。 いざ離婚となり慰謝料請求する際には診断書を提出しようと思っており、念のため以前に書いてもらった診断書原本があります。 そこで質問ですが、慰謝料請求のための診断書というものは、 ①協議or調停の3ヶ月...

  • 不倫相手に慰謝料請求する

    不倫が発覚しました。本人に合意書を書いてもらいました。内容は今後一切かかわらない(メール、連絡など)と記載があります。その後不倫相手には誓約書にサインもらいました。社内不倫で相手には早急に退職する、今後関わりが発覚したら慰謝料一括で支払うというような内容です。 現在まだ社内におります、そして会社から配布されている...

法律相談を検索する

よく見られているキーワード

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

離婚・男女問題の「トラブル体験談」

Aさん(30代女性)

DVを繰り返す夫から自由に - 2人の子どもの親権と養育費を勝ち取ったAさんの体験談

  • DV
  • 親権
  • 養育費
  • 面会交流

結婚11年目のAさんは、パートで働きながら8歳と10歳の子どもを育てる母親でした。会社勤めをしている夫は、家事や育児に協力しないだけでなく...

Bさん(20代女性)

性格の不一致から夫との生活が苦痛に - うつ病を患いながら離婚を成立させたBさんの体験談

  • 性格の不一致による離婚
  • うつ病
  • 新居の処分

結婚1年目のBさんは、夫と共働きの二人暮らし。当時仕事に追われていたBさんは、家庭内での夫の態度に違和感を覚えるようになっていました。B...

Cさん(40代女性)

育児・家事に無関心な夫と離婚 - 3人の子どもの親権・養育費を争ったCさんの体験談

  • 親権
  • 養育費
  • 財産分与
  • 年金分割

Cさんは、3人の子どもを育てる専業主婦でした。公務員の夫は、結婚当初から家庭内のことに無関心でした。「子どもが生まれたら変わるかな」と...

依頼前に知っておきたい弁護士知識

DV・暴力に注力する弁護士

最近検索されたキーワード

DVの法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

離婚・男女問題の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。