連れ去り離婚、暴力が原因

公開日: 相談日:2020年04月27日
  • 4弁護士
  • 4回答

今月、私が仕事中、妻が子供(0歳)を連れて家を出ていきました。翌日弁護士から離婚を希望しますと手紙がきました。
離婚の理由としては、婚姻前から暴力があり、改善されず恐怖感があり離婚したいとの事です。また慰謝料300万円、親権を要求されています。
確かに婚姻前に妻の異性関係(異性7人と旅行やラブホテルでの宿泊がありました)で喧嘩し何度か暴力があり、結婚前に相手方の両親と話をし、暴力はしないと約束をしました。
結婚し、子供が生まれてから、妻の携帯に消していたはずの異性から電話があり、また別の異性とはSNSで繋がっていたりしました。ただ、子供がいた事もありましたし、約束もあったので2度とも消しといてと言うだけで暴力は振るっていません。子供が好きで子供の為に離婚したくなかったし、妻は母として頑張っていると思っていたからです。
子供が6ヵ月の時に、予防接種がありましたが、熱があり打てないと病院で言われたと連絡があり家に帰りましたが、妻は子供を連れて4時間後程後に帰宅しました。理由を聞くと、祖母がついていってくれてたので、外でランチしてきたと言うので、子供の熱がある時に何をしとるんや!と怒鳴ってしまいました。すると、収入少ない奴の言うことは聞けんと家を出ていこうとしたので止めようとしたのですが、妻にビンタをされました。私は、頭にきてしまい殴ったらあかんって約束あるのになんでお前は叩けるんやと妻を殴ってしまいました。結婚してからはこの1回だけです。6ヵ月が経ち、妻は怖い、直らないと弁護士を通して言いましたが、日常生活は普通にパパとママを仲良くして3人仲良くいました。

1、DVが理由の離婚になりますか。
2、慰謝料減額がありますか。
3、子供と暮らしたいのですが、無理ですか。また親権は母親になると月1回子供と会うことしかできないのでしょうか。

915418さんの相談

回答タイムライン

  • 原田 和幸 弁護士

    注力分野
    離婚・男女問題
    タッチして回答を見る

    > 1、DVが理由の離婚になりますか。

    DVが離婚原因となりうる場合はありますが、結婚してその1回だけとなると、離婚原因としては弱いかもしれません。
    とはいえ、暴力は許されることではありません。

    > 2、慰謝料減額がありますか。

    300万円は一般的に言えば高いほうですから、減額の可能性も十分あると思いますし、そもそも暴力1回で怪我もしてなければ、慰謝料としては何十万円もの話にはならないと思います。

    > 3、子供と暮らしたいのですが、無理ですか。

    現時点では、難しそうですね。
    夫婦円満調停の申し立ては考えられるかもしれません。

    また親権は母親になると月1回子供と会うことしかできないのでしょうか。

    1回とは決まってはいません。

  • 弁護士ランキング
    大阪府1位

    吉田 英樹 弁護士

    注力分野
    離婚・男女問題
    タッチして回答を見る

    お困りかと思いますので、お答えいたします。
    > 今月、私が仕事中、妻が子供(0歳)を連れて家を出ていきました。翌日弁護士から離婚を希望しますと手紙がきました。
    > 離婚の理由としては、婚姻前から暴力があり、改善されず恐怖感があり離婚したいとの事です。また慰謝料300万円、親権を要求されています。
    →あくまでもケースバイケースですが、やむなく別居したという経緯や、お子様の年齢を考えると、親権については、基本的には難しい印象があります。また以前に暴行があって、今回暴行したという経過もあまり良くはないでしょう。ただ、慰謝料は高額である印象です。もっとも、離婚は、まずは協議があって、調停があって、その後に離婚訴訟があります。こちらが応じなければ、かなり期間がかかりますので、早期決着を図るという方針であれば、様々な交渉をすることも考えられるかもしれません。このような状況であれば、一度弁護士に面談相談の上、今後の方針を検討された方がよいと思います。

    > 確かに婚姻前に妻の異性関係(異性7人と旅行やラブホテルでの宿泊がありました)で喧嘩し何度か暴力があり、結婚前に相手方の両親と話をし、暴力はしないと約束をしました。
    →理由を問わず、暴力はいけません。

    > 1、DVが理由の離婚になりますか。
    →あくまでもケースバイケースで、継続的な暴行などがなければ弱いこともありますが、いわゆるDVは離婚原因になりえます。ただし、上記のとおり、離婚に応じなければ、離婚成立までに時間はかかります。

    > 2、慰謝料減額がありますか。
    →その可能性はあります。

    > 3、子供と暮らしたいのですが、無理ですか。また親権は母親になると月1回子供と会うことしかできないのでしょうか。
    →上記のとおりなかなか難しい印象です。回数に決まりはありませんが、争いになれば、ご質問の頻度となることはあります。

    このような事案においては、離婚に関する見通しを早期に立てて、それに基づいて交渉することが大切です。一度弁護士に面談相談されて、今後の方針を検討し、場合によっては、依頼することも検討されてもよいかもしれませんね。

    一般的なお答えとなり恐縮ですが、ご参考に頂ければと思います。

  • 弁護士ランキング
    東京都9位

    高橋 淳 弁護士

    注力分野
    離婚・男女問題
    タッチして回答を見る

    > 1、DVが理由の離婚になりますか。

    DVの定義によりますが、一度の暴力でも別居していれば離婚理由にはなると思います。

    > 2、慰謝料減額がありますか。

    相場から考えれば、200万以下になると思います。

    > 3、子供と暮らしたいのですが、無理ですか。また親権は母親になると月1回子供と会うことしかできないのでしょうか。

    貴方が主たる監護者であったならば親権者になることも可能です。
    面会の回数は法定されていませんが、月1回又は2月に1回が多いです。もっとも、経験豊富な弁護士に依頼すれば回数を多くすることも可能です。

  • 堀 晴美 弁護士

    注力分野
    離婚・男女問題
    タッチして回答を見る

    1 暴力行為はたとえ一回きりであっても許されるものではありませんが、離婚原因としては、一回きりで怪我もなければ、弱いと思います。
    2 一回きりの暴行とすると、慰謝料300万円は高いと思います。
    3 関係修復を図りたいのであれば、円満調停を申し立てるか、離婚調停で関係修復を希望すればよいと思います。親権者になれるかは、主たる監護者がどちらであったかによります。仮に母親が親権者になったとしても、面会が月1回になるかはケースバイケースです。

この投稿は、2020年04月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す

弁護士回答数

-件見つかりました