1. 弁護士ドットコム
  2. 離婚・男女問題
  3. 離婚原因
  4. 有責任の親権は認められる

公開日:

有責任の親権は認められる

2019年12月13日
ベストアンサー
妻とは別居中です。私には、彼女がいるのですが出産を機に正式に離婚したいと伝えました。
しかし、自分達の子どもが成長するまでしないと言われました。
別居の原因は妻のモラハラです。本人もわかっているはずです。もうお互い愛情も思いやりもない、お金だけの関係です。
彼女が子どもを、離婚するなら、引き取ってもいいと言ってくれました。妻は子どもに対しても威圧的です。
有責者になるとは思いますが、親権はとれますか?
また、養育費と慰謝料で、お互いなしになる可能性は、ありますか?
財産分与は、300万くらいだと思いますが、それ以外にも払うのでしょうか?
相談者(876119)の相談

みんなの回答

川崎 政宏
川崎 政宏 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 岡山県1 離婚・男女問題に注力する弁護士
ありがとう
有責配偶者かどうかと、親権者の適格性の問題は別問題です。

有責側が親権者になれないということはありません。

ただ、親権者の指定は、子どもの視点から考えていくため、現に子を監護していて、子どもたちがあなたに親権者になってほしいと希望しているような場合でないと、監護実績、監護体勢、子の意向を総合的に勘案して親権者を決める以上、状況的には厳しいかもしれません。

同様に、慰謝料と養育費は別の観点から決められるので、離婚訴訟になれば、別々に決められます。

財産分与についても、慰謝料とは別ではありますが、有責配偶者からの離婚請求は棄却されるため、通常は相手を苛酷な状況におかないための経済的支援を財産分与とは別に付加的に提示することが多いです。

2019年12月13日 20時52分

相談者(876119)
子どもが、自らこちらにくるとしても、財産分与+慰謝料+経済支援は、変わらないのでしょうか?
経済支援とは一生毎月5万円とか支援するのでしょうか?もう、関わりたくありません。
援助の額は、私の年収によるのでしょうか?
年収は、今どんどん上がっています。彼女と一緒に働き売り上げが上がっていす。
彼女は、まだ若いのであともう一人子どもが欲しいです。そうなると、お互いの連れ子と子どもで4人扶養しなければいけません。
妻年齢的に正社員は無理だから、昼夜パートをするしかないと思います。

2019年12月13日 21時24分

相談者(876119)
また、妻のモラハラが立証され、夫婦関係が破綻している、と認められた場合。
私は、有責者じゃないので、逆に被害者として離婚を認められますか?
妻は、モラハラを反省してると言っているので認めている。
その場合、慰謝料と経済支援は必要ないですよね。

2019年12月13日 21時30分

川崎 政宏
川崎 政宏 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 岡山県1 離婚・男女問題に注力する弁護士
ありがとう
妻側の有責の程度が大きいのであれば、離婚原因は妻が作っており、離婚は認められ、妻が慰謝料を支払うことになります。

まず有責配偶者かどうかは、その有責の程度の比較になります。モラハラと不貞では、不貞の方が有責の度合いは大きいと認定されることが多いです。妻からの身体的DVで、大ケガを負わされたような場合は対等となります。

お子さんたちがあなたを親権者として求めるならば、あなたが子らを監護養育していくので、残るは年齢的に正社員にもなれず昼夜パート勤務を強いられる妻側が離婚により苛酷な状況におかれないように、バランスをとることが求められます。有責であれば離婚は認められないので、経済的支援は、婚姻費用を払いつつづけることとの対比となります。

2019年12月13日 22時36分

相談者(876119)
経済支援は、いつまででしょうか?家を渡すだけでは足りないでしょうか?親権が向こうなら学費等はすべてみるつもりです。
子どもが就職しても、経済支援は一生しなければいけないのでしょうか?完全に他人にはなれないのですか?

2019年12月13日 23時21分

川崎 政宏
川崎 政宏 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 岡山県1 離婚・男女問題に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう
経済的支援というのは、あくまで一つの例示です。

有責配偶者からの離婚請求であっても、長期間別居、未成熟子の不存在、離婚により相手を苛酷な状況に陥れない、といった条件をみたせば、離婚が認められるのが裁判例です。

経済的支援というのは、相手を苛酷な状況におかないために、どのような条件提示をすればよいかという観点から検討することになります。一生にわたり支援するというものではありません。よくあるのは、財産分与について2分の1ずつでなく割合を変えて提示したり、お子さんの学費負担や、相手が定年から年金受給までの間の減収時期のフォローをするなど、ケースバイケースです。

2019年12月14日 00時21分

この投稿は、2019年12月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

有責配偶者からの婚姻費用請求は認められるか

不貞行為や暴力など、結婚生活を破たんさせる原因をつくった配偶者を「有責配偶者」といいます。有責配偶者が別居に伴って婚姻費用を請求したり、子ど...

有責配偶者からの離婚請求が認められるケースを裁判例をもとに解説

離婚したい理由は人によって様々ですが、「不倫相手と結ばれたい」という理由の人もいるでしょう。配偶者に離婚を切り出したけれど拒否された場合、離...

里帰り出産で帰省中に夫の不倫が発覚…そのまま離婚できる?【弁護士Q&A】

出産のため里帰り中に夫の不倫が発覚した場合、そのまま離婚できるのでしょうか。不倫などの理由がなくても里帰り中に離婚できるのでしょうか。また、...

離婚原因・離婚が認められる五つの理由

話し合いによって夫婦双方が納得して離婚する場合には、いかなる理由であっても離婚することが可能です。しかし、片方が離婚したいと思っても、もう一...

育児放棄や児童虐待を理由に離婚したい場合

パートナーの育児放棄が続いていたら、信頼や愛情は失われ、子どもの健全な成長のためにも離婚を考えてしまうこともあるでしょう。しかし、一口に育児...

やること診断

今するべきことがわかります 離婚・男女問題のやること診断

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

この相談に近い法律相談

  • 彼女は愛人なのか妻なのかが知りたいです。

    知人の話しですが、男性には本妻と子供がいますが、現在は別居して彼女と彼女の子供と一緒に暮らしているそうです。 彼女との同居期間は4年ほどらしいですが、男性は本妻とお子さんと定期的にあっており、住民票も本妻と同じままだそうです。 男性には彼女と同居する時点から離婚しても彼女と結婚することが出来ないと言っていたそう...

  • 面会について

    親権でもめ、調停中です。子供は私(母親)と別居中です。 週一回の面会を約束通りしています。(私はいきませんが。) 面会のとき必ず相手の母親がついてきます。 相手が一人で面倒みれないからです。 そこで、質問ですが、相手の母親を面会から外すことを希望できたりしますか?ご回答よろしくお願いいたします。

  • 養育費

    協議離婚中です 5才の娘の親権は私になるのですが、夫は養育費は子供が成人するまで支払うと言っていますが、保証はありませんのでどうしたらよいのでしょうか? 公証証書は少し調べたのですが、必ず支払らってもらえる事は他に方法は無いのでしょうか?

  • 面会交流

    妻と離婚調停中です。 7.5.2歳の娘がいて、親権は向こうに不本意ながら譲りました。 妻は実家の東北に連れて帰るといっています。私はいま関東在住です。私は今の住居に住んでもらいたいと主張しています。 面会交流は、今も月に二回程度土日に一泊二日で行っています。 離婚成立後も月に一回はこちらの方に連れてきてもらい、一泊...

  • 子どもの行事

    ただいま別居中で、父側に子どもがいます。 ですが、母親であることはかわりないため、母としてできることはさせてほしいと頼んでも全て無理、やめてくれ、一度もあわせてもらえません。 今度子どもの行事があるのですが、母として行こうと思っています。 父は来てほしくないと言っています。 ですが、子ともはママと行きたい!...

法律相談を検索する

よく見られているキーワード

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

離婚・男女問題の「トラブル体験談」

Aさん(30代女性)

DVを繰り返す夫から自由に - 2人の子どもの親権と養育費を勝ち取ったAさんの体験談

  • DV
  • 親権
  • 養育費
  • 面会交流

結婚11年目のAさんは、パートで働きながら8歳と10歳の子どもを育てる母親でした。会社勤めをしている夫は、家事や育児に協力しないだけでなく...

Bさん(20代女性)

性格の不一致から夫との生活が苦痛に - うつ病を患いながら離婚を成立させたBさんの体験談

  • 性格の不一致による離婚
  • うつ病
  • 新居の処分

結婚1年目のBさんは、夫と共働きの二人暮らし。当時仕事に追われていたBさんは、家庭内での夫の態度に違和感を覚えるようになっていました。B...

Cさん(40代女性)

育児・家事に無関心な夫と離婚 - 3人の子どもの親権・養育費を争ったCさんの体験談

  • 親権
  • 養育費
  • 財産分与
  • 年金分割

Cさんは、3人の子どもを育てる専業主婦でした。公務員の夫は、結婚当初から家庭内のことに無関心でした。「子どもが生まれたら変わるかな」と...

依頼前に知っておきたい弁護士知識

離婚・男女問題に注力する弁護士

最近検索されたキーワード

弁護士検索へのリンク

離婚原因の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

離婚・男女問題の分野

弁護士検索へのリンク

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。