有責配偶者からの離婚請求

有責配偶者からの離婚請求についてです。
長期間の別居に至ったら、婚姻関係が破綻したとされますよね。
1歳の子供がいるのですが
この場合も長期の別居を理由に
離婚が成立してしまいますか?
2018年04月14日 23時07分

みんなの回答

高橋 淳
高橋 淳 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都6 離婚・男女問題に注力する弁護士
ありがとう
> 1歳の子供がいるのですが
> この場合も長期の別居を理由に
> 離婚が成立してしまいますか?

単に長期別居というだけで離婚が認められることはありません。

(参考判例)
「民法七七〇条一項五号所定の事由による離婚請求がその事由につき専ら又は主として責任のある一方の当事者(以下「有責配偶者」という。)からされた場合において、右請求が信義誠実の原則に照らしてもなお容認されるかどうかを判断するには、有責配偶者の責任の態様・程度、相手方配偶者の婚姻継続についての意思及び請求者に対する感情、離婚を認めた場合における相手方配偶者の精神的・社会的・経済的状態及び夫婦間の子、殊に未成熟の子の監護・教育・福祉の状況、別居後に形成された生活関係、たとえば夫婦の一方又は双方が既に内縁関係を形成している場合にはその相手方や子らの状況等がしんしゃくされなければならず、更には、時の経過がこれらの諸事情に与える影響も考慮されなければならないものというべきである(最高裁昭和六一年(オ)第二六〇号同六二年九月二日大法廷判決・民集四一巻六号一四二三頁参照)。したがって、有責配偶者からされた離婚請求で、その間に未成熟の子がいる場合でも、ただその一事をもって右請求を排斥すべきものではなく、前記の事情を総合的に考慮して右請求が信義誠実の原則に反するとはいえないときには、右請求を認容することができると解するのが相当である。」

2018年04月14日 23時24分

堀 晴美
堀 晴美 弁護士
離婚・男女問題に注力する弁護士
ありがとう
単に長期別居だけでは婚姻破綻として有責配偶者からの離婚請求が認められるわけではありません、一歳のお子様がいる場合はある程度お子様の年齢がいかないと離婚請求は認められない可能性があります。

2018年04月15日 06時11分

吉田 英樹
吉田 英樹 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 大阪府1 離婚・男女問題に注力する弁護士
ありがとう
有責配偶者からの離婚請求が認められるには、①夫婦の別居が相当長期に及んでいること、②夫婦間に未成熟子がいないこと、③離婚によって相手方配偶者が精神的・経済的に苛酷な状況におかれないことが必要とされています。また別居期間については、一般に7年〜10年とされることもありますが、まさにケースバイケースで、これより短期とされることもありますし、長期とされることもあります。今回の事案では、夫婦間に未成熟子がおられるとのことですので、単に別居がるあったのみでは、相手方の離婚請求は、容易に認められないものと考えられます。

2018年04月15日 09時19分

吉田 英樹
吉田 英樹 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 大阪府1 離婚・男女問題に注力する弁護士
ありがとう
念のため補足しておきます。有責配偶者からの離婚請求は、いわゆる信義誠実の原則に従って、先ほどご指摘した要素について斟酌されることになりますので、基本的には個別具体的な判断が必要となります。単に長期間の別居のみで、容易に離婚請求が認められることはありませんが、もしもう少し具体的なお話をお聞きになりたいということであれば、お子様が小さいので大変かと思いますが、一度弁護士に面談相談されることをおすすめします。

2018年04月15日 09時52分

岡村 茂樹
岡村 茂樹 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 埼玉県1 離婚・男女問題に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう
> 有責配偶者からの離婚請求についてです。
1.有責とありますが,不貞ですね。
2.この場合,基本,有責配偶者による離婚請求は信義に反するとして棄却になります。

> 長期間の別居に至ったら、婚姻関係が破綻したとされますよね。
1.一般的そのようにいわれますが,別居の期間だけではありません。

> 1歳の子供がいるのですが
1.有責であり,かつ養育を要する乳児がいるような場合,長期間の別居ですんなり離婚認容とはなりません。
2.乳児や離婚後における他方配偶者の生活が成り立つのかなどが考慮されます。

2018年04月15日 12時17分

この投稿は、2018年04月14日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では13,794名の弁護士から、「離婚・男女問題に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

離婚・男女問題の「トラブル体験談」

Aさん(30代女性)

DVを繰り返す夫から自由に - 2人の子どもの親権と養育費を勝ち取ったAさんの体験談

  • DV
  • 親権
  • 養育費
  • 面会交流

結婚11年目のAさんは、パートで働きながら8歳と10歳の子どもを育てる母親でした。会社勤めをしている夫は、家事や育児に協力しないだけでなく...

Bさん(20代女性)

性格の不一致から夫との生活が苦痛に - うつ病を患いながら離婚を成立させたBさんの体験談

  • 性格の不一致による離婚
  • うつ病
  • 新居の処分

結婚1年目のBさんは、夫と共働きの二人暮らし。当時仕事に追われていたBさんは、家庭内での夫の態度に違和感を覚えるようになっていました。B...

Cさん(40代女性)

育児・家事に無関心な夫と離婚 - 3人の子どもの親権・養育費を争ったCさんの体験談

  • 親権
  • 養育費
  • 財産分与
  • 年金分割

Cさんは、3人の子どもを育てる専業主婦でした。公務員の夫は、結婚当初から家庭内のことに無関心でした。「子どもが生まれたら変わるかな」と...

関連度の高い法律ガイド

有責配偶者からの婚姻費用請求は認められるか

不貞行為や暴力など、結婚生活を破たんさせる原因をつくった配偶者を「有責配偶者」といいます。有責配偶者が別居に伴って婚姻費用を請求したり、子ど...

有責配偶者からの離婚請求が認められるケースを裁判例をもとに解説

離婚したい理由は人によって様々ですが、「不倫相手と結ばれたい」という理由の人もいるでしょう。配偶者に離婚を切り出したけれど拒否された場合、離...

配偶者の借金を理由に離婚する方法と準備すべき証拠

配偶者に多額の借金が発覚した場合、借金を理由に離婚することはできるのでしょうか。離婚を切り出したけれど拒否された場合、どうすればよいのでしょ...

「有責配偶者」の離婚請求は認められるか

妻以外の女性と不倫して肉体関係にある。彼女と結婚するために離婚したいーー。身勝手な願いのようにも思えますが、こうした理由で離婚を求めることは...

風俗を理由に慰謝料請求する方法と準備すべき証拠

配偶者が風俗を利用したことが発覚した場合、そのことを理由に離婚することができるのでしょうか。離婚する際の慰謝料や財産分与、養育費などは請求す...

今するべきことがわかります

今するべきことがわかります 離婚・男女問題のやること診断

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

この相談に近い法律相談

  • 離婚事例

    子供がいなくて有責配偶者から離婚請求する場合、別居どれくらいで離婚が認められた例がありますか?

  • 離婚について

    不倫相手と同居していたら、有責配偶者からの離婚請求をしても離婚はできますか?

  • 離婚請求。有責配偶者でも離婚の請求は出来ますか?

    有責配偶者でも離婚の請求は出来ますか? 別居歴なし(週末は実家)。未成年者(2歳)あり。

  • 離婚費用分担請求の強制力 と 有責配偶者からの離婚請求

    別居期間10年以上です。離婚にむけ、メールで条件など話し合おうとしたのですが、夫はすべて無視です。 離婚成立まで、生活費をだしてほしいのですが(今頃ですが)、私が婚姻費用分担請求調停を申し立てたら、相手は即座に離婚調停を申し立てるつもりです。 別居理由は相手の一方的なものです。(不倫女性と別マンションで暮らすため...

  • 離婚成立後の不に発覚した不貞行為に対する低所得者への慰謝料請求

    相談させてください。 数日前に離婚しましたところ、成立後に夫に新しい彼女がいると告白されました。 ・体の関係有 ・離婚成立の2週間前からの付き合い ・相手は既婚者であることを知らない20代前半アルバイト勤務 と言います。 離婚成立の2カ月前、離婚したいと伝えられた理由が支離滅裂だったため、当時から不貞行為はあり嘘が...

法律相談を検索する

依頼前に知っておきたい弁護士知識

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

離婚原因の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

離婚・男女問題のニュース

  1. 「あまりに理不尽」恩師からのキスで、妻に30...
  2. 単身赴任は別居なの? 不倫し放題の夫「オレ...
  3. 妻に不倫された夫が「もう一度、ホテルへ行っ...
  4. 教員の30代夫が「職場不倫」、相手は「50代女...
  5. 「胸を見せて!」夫がハマったライブチャット...
  6. 交際中の人妻が妊娠、一緒になりたいのに夫が...
  7. 既婚の彼と結婚したい!「駆け落ちしちゃえば...

活躍中の弁護士ランキング

離婚・男女問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。