息子を日本へ連れて帰って主人(台湾人)との別居を希望しています。その際、親権は取れるのでしょうか。

私は台湾人男性と結婚して台湾に住んでいる日本人(女)です。現地で不妊治療(体外受精)の末、子供が1人います。結婚してから主人はとてもキレ易い性格だという事が発覚しました。主人の仕事のストレスにより罵声を浴びせられたり、意見が食い違った時には暴力を振るう(壁に体を叩きつけられる、物を投げられる等)事もあります。私が言い返したり反抗しようものなら主人の暴力は更にエスカレートします。キレている時は感情的になるばかりで冷静に話ができません。困って義両親に相談しても「(主人を)怒らせた私が悪い」と言われてしまいます。他にも私の携帯電話を勝手に見てLINEでの友達とのやり取りを携帯カメラで撮影し記録していた事が発覚しました。これを知り、常に私の行動を監視されているようで更なる精神的苦痛を感じ、主人と結婚生活を続けていくのは辛いと思っています。主人は生活費の援助もしてくれず、私も仕事をしています。日本への帰国も時期によっては許してくれません。相談できる人もおらず、この状態が続けば精神的に鬱になってしまうのではないかと心配です。先日もある些細な事が原因で主人と揉めた時、主人がキレて何も分からずハイハイして主人に近寄る息子を突き飛ばし、息子が倒れて床に頭をぶつけてしまいました。こういった事は主人のキレやすい性格上、今後も十分起こり得ると考えます。この時、私は自分と息子の今後の安全を守る為にも息子を日本にの実家に連れて帰って、主人とは離れて暮らしたいと強く願うようになりました。そこでご相談なのですが、このような形で息子を連れて日本で別居することはできるのでしょうか。また、このまま別居状態が続き、いずれ離婚に発展するとなった場合、親権はどうなってしまうのでしょうか。台湾での離婚方法は協議離婚と裁判離婚になるという事までは知っていますが、もし離婚となる場合、経済的事情もありなるべく裁判は起こしたくありません。主人の性格上、協議離婚になる事はまず無理かと思いますし、主人、義両親共々息子を可愛がっている為、息子を私に引き渡してくれるとも思えません。しかし主人はキレたら息子にも手を出すような事もありますし、息子の安全を考えても親権を主人側には渡したくありません。それに不妊治療費用は私側が全額負担しています。その場合、不妊治療費を全額負担した事実は親権の有利には影響しますでしょうか。
2015年09月17日 02時46分

みんなの回答

山田 啓
山田 啓 弁護士
離婚・男女問題に注力する弁護士
ありがとう
通則法27条(25条)により、台湾在住者の離婚については、台湾民法が適用されます。
ですので、協議離婚も裁判離婚も可能です。また、裁判離婚における離婚事由は、日本と似ているところもありますが、概要は以下のとおりです。なお、有責配偶者からの離婚請求はできないとされています。
1.重婚した場合
2.他人と姦通した場合
3.夫婦の一方が、他方から、同居に堪えない虐待を受けたとき
4.夫婦の一方が他方の直系尊属を虐待し、または他方の直系尊属から虐待を受け、共同生活をするのに堪えないとき
5.夫婦の一方が悪意をもって他方を遺棄し、その状態が継続しているとき
6.夫婦の一方が他方を殺害する意図を有するとき
7.不治の疾病を有するとき
8.重大な不治の精神病を有するとき
9.生死不明が3年を超えるとき
10.3年以上の懲役に処せられたとき、または不名誉の罪を犯して懲役に処せられたとき
11.その他婚姻を維持しがたい重大な事由のあるとき

また、通則法32条により、親権については、父または母の本国法と同一である場合は子の本国法(国籍を有している国の法律)、その他の場合は子の常居所地法(居住している国の法律)が適用されますので、やはり、台湾民法が適用されます。
協議離婚の場合、どちらか一方を親権者に定めることになりますが、合意できれば共同親権も可能のようです(未確認情報ですので、現地の法律を確認してください。)。
協議がまとまらない場合は、日本と同じく、裁判所に親権を申立てる(調停)ことができます。最終的には、裁判所による調査を交えたうえで、裁判所の判断ということになります。ただ、出生前の事情(不妊治療費の負担等)は考慮要素にはならないと思われます。

なお、離婚手続きをしないまま子どもを連れ去ることはお勧めできません。夫も親権者であることには変わりないですから、夫からの引き渡し請求、場合によっては出国停止を求められる可能性があります。

2015年09月24日 19時17分

この投稿は、2015年09月17日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

離婚原因・離婚が認められる五つの理由

話し合いによって夫婦双方が納得して離婚する場合には、いかなる理由であっても離婚することが可能です。しかし、片方が離婚したいと思っても、もう一...

うつ病や精神病を理由に離婚する際の注意点と手続き方法

うつ病などの精神病の看病は、肉体的、精神的な負担が大きいだけでなく、夫婦間の愛情を保つことも難しくなり、離婚を考えてしまうこともあるでしょう...

有責配偶者からの婚姻費用請求は認められるか

不貞行為や暴力など、結婚生活を破たんさせる原因をつくった配偶者を「有責配偶者」といいます。有責配偶者が別居に伴って婚姻費用を請求したり、子ど...

風俗を理由に慰謝料請求する方法と準備すべき証拠

配偶者が風俗を利用したことが発覚した場合、そのことを理由に離婚することができるのでしょうか。離婚する際の慰謝料や財産分与、養育費などは請求す...

姑からのいじめを理由に離婚できるか

姑との折り合いが悪く、配偶者も自分の味方になってくれず愛想が尽きたーー。このような場合に、離婚することはできるのでしょうか。この疑問について...

今するべきことがわかります

今するべきことがわかります 離婚・男女問題のやること診断

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

この相談に近い法律相談

  • 元夫が毎日勝って自宅に来る。DVあり。来なくなるには?

    2年前に離婚。元夫からの精神的DV,時々暴力、ギャンブル依存症による、金の欲求、不倫、元夫の鬱悪化に精神的に耐えられなくなり 離婚したくて、これらの事は元夫につけず、言えば暴れるから言えなかった。何とか相手を持ち上げるようにして離婚した。子供は五人おり、長女、4女、長男の親権は私が。次女、三女(双子)父親。しかし、...

  • 離婚を考えているのですが、専業主婦の私が子供を引き取り、親権を取る事はできますか。

    1年前に子供を授かり結婚をしましたが、今では夫と一緒に過ごす事も苦痛で離婚を考えています。子供は現在6ヶ月で、私は27歳の専業主婦です。 夫とは10年に渡り交際をしてきましたが、自分の思い通りに事が運ばないとすぐに怒り出します。結婚をして子供が生まれれば、少しは父親らしくなってくれるだろうと期待していたのですが、今...

  • 妻からの長年に渡る精神的DV NO2

    再相談となります。以下よろしくお願いします。 妻からの長年に渡る精神的DV 妻の精神的暴力(暴言、罵り、騒音、罵倒)を約四年間にわたり、毎日、朝晩、受けています。あまりの執念深さに我慢の限界で離婚したいのですが、子供を渡したくないので我慢しています。(不妊治療の末、41歳で2人の息子を授かりました) 子供は中高生でもう、...

  • 離婚を検討しています。モラハラ夫?私はDV妻?親権は私は不利になるのでしょうか...

    只今結婚4年目になります。子供は2人で2歳と0歳になります。夫婦喧嘩が絶えなくて先月主人から離婚届を渡されました。 主人の主張は喧嘩の原因はいつもお前だ、これ以上俺を怒らせるなら離婚したい。と言われました。確かに私は主人の嫌な所など注意したり嫌味を言ったりしていました。言い訳になるかもしれませんが、私達はデキ婚...

  • 離婚について

    初めて質問させていただきます。宜しくお願い致します。 現在、夫と別居し一年半、離婚について考えています。子供が1人で、私と同居しています。夫は、親権を理由に離婚に応じません。仕事上、私の実家に居候の為、夫が自分の実家に戻った状態で、子供を帰せと言っています。私以上に、子供は会いに行く事さえ泣きわめいて拒みます。...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

離婚・男女問題の「トラブル体験談」

Aさん(30代女性)

DVを繰り返す夫から自由に - 2人の子どもの親権と養育費を勝ち取ったAさんの体験談

  • DV
  • 親権
  • 養育費
  • 面会交流

結婚11年目のAさんは、パートで働きながら8歳と10歳の子どもを育てる母親でした。会社勤めをしている夫は、家事や育児に協力しないだけでなく...

Bさん(20代女性)

性格の不一致から夫との生活が苦痛に - うつ病を患いながら離婚を成立させたBさんの体験談

  • 性格の不一致による離婚
  • うつ病
  • 新居の処分

結婚1年目のBさんは、夫と共働きの二人暮らし。当時仕事に追われていたBさんは、家庭内での夫の態度に違和感を覚えるようになっていました。B...

Cさん(40代女性)

育児・家事に無関心な夫と離婚 - 3人の子どもの親権・養育費を争ったCさんの体験談

  • 親権
  • 養育費
  • 財産分与
  • 年金分割

Cさんは、3人の子どもを育てる専業主婦でした。公務員の夫は、結婚当初から家庭内のことに無関心でした。「子どもが生まれたら変わるかな」と...

依頼前に知っておきたい弁護士知識

離婚・男女問題に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

離婚原因の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

離婚・男女問題のニュース

  1. 10キロ増の妻に「見た目がイヤ」「離婚しない...
  2. 「あまりに理不尽」恩師からのキスで、妻に30...
  3. 単身赴任は別居なの? 不倫し放題の夫「オレ...
  4. 妻に不倫された夫が「もう一度、ホテルへ行っ...
  5. 教員の30代夫が「職場不倫」、相手は「50代女...
  6. 「胸を見せて!」夫がハマったライブチャット...
  7. 交際中の人妻が妊娠、一緒になりたいのに夫が...

活躍中の弁護士ランキング

離婚・男女問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。