離婚訴訟控訴審について

妻から訴訟を起こされ一審では敗訴しました。妻の主張する暴力と精神的虐待が証拠もなく尋問時の妻の供述だけを容認して離婚になるような出来事はないが口頭弁論終結時に別居期間が3年が経過している婚姻期間の3分の1程度が別居していること妻が私に恐怖心をいだいていると言う理由で親権は別居してから妻が子供を養育していて特に問題がないという事で親権は妻になり慰謝料も一部認められました。私は判決には不服があり控訴をするかなやんでいます。このような事案で控訴審で判決を覆す事は可能でしょうか?
2015年02月09日 10時53分

みんなの回答

弁護士A
ありがとう
>私は判決には不服があり控訴をするかなやんでいます。このような事案で控訴審で判決を覆す事は可能でしょうか?

判決が覆るかどうかは、さておき、不服があるなら控訴をすべきだと思いますが、それを躊躇する理由は何でしょうか。印紙代でしょうか、弁護士費用でしょうか。
控訴審で、原審の判断が覆る事案は、確かに統計的には少ないです。ただし、覆っている事案も存在することは確かです。具体的事案において、どのように考えるべきかは、裁判資料もないので、このような掲示板で判断することは、残念ながら困難です。

2015年02月09日 10時58分

岡村 茂樹
岡村 茂樹 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 埼玉県1 離婚・男女問題に注力する弁護士
ありがとう
私は判決には不服があり控訴をするかなやんでいます。このような事案で控訴審で判決を覆す事は可能でしょうか?
1.妻が述べた事実ではなく,判決が認定している事実,評価を覆せるような証拠が必要でしょう。
2.なかなか難しいと思います。

2015年02月09日 10時59分

田中 勇輝
田中 勇輝 弁護士
離婚・男女問題に注力する弁護士
ありがとう
このような事案で控訴審で判決を覆す事は可能でしょうか?

上記のような事情で判決を覆すかどうかは、1審の判決を読み、記録を精査した上でしかお答えをしかねるように思いますので、できれば、記録をお持ちの上、弁護士事務所にご相談に行かれた方が良いと思います。
ただ、一般的には、控訴審で覆すことは容易ではなく、1審の判断に明らかな判断ミスがあったり、何か新しい証拠があったりする場合でないと難しいということは言えます。
また、別居期間を重視して離婚を認めている判決であるのならば、なかなか、それが控訴審でひっくり返るというのは難しいでしょう。ただ、慰謝料については、相手方の供述が主な証拠となっているようですので、それについては争う余地があるかもしれません。

2015年02月09日 11時03分

大村 真司
大村 真司 弁護士
ありがとう
絶対に可能性がないとはいえませんので控訴される価値はあるかとは思いますが、どの程度の確率かと言われれば、あまり高くはないというのが正直なところでしょう。

判断としては、認めるかどうか微妙な件だったとは思いますが。

2015年02月09日 11時05分

相談者
回答ありがとうございます。一審では裁判官の子供の面会交流を条件にした和解案に私が納得が行かずに判決になりました。私の弁護士は和解しなかった制裁の慰謝料の認定だと言われました。私は納得した面会交流が決まれば和解をしようと考えましたが妻は月1回以上は認めない私は月2回を
希望しましたが妻は受け入れてもらえませんでした。控訴審を起こす事により面会交流の条件で和解する事は可能でしょうか。控訴審ではそのような話し合いにもって行く事は可能でしょうか?

2015年02月09日 11時25分

岡村 茂樹
岡村 茂樹 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 埼玉県1 離婚・男女問題に注力する弁護士
ありがとう
面会交流の問題が主であるとすれば,控訴をすると同時に,面会交流調停を申し立てたほうが良いと思います。

2015年02月09日 11時28分

田中 勇輝
田中 勇輝 弁護士
離婚・男女問題に注力する弁護士
ありがとう
控訴審を起こす事により面会交流の条件で和解する事は可能でしょうか。控訴審ではそのような話し合いにもって行く事は可能でしょうか?
→高裁でも裁判所からは和解の話し合いはしてくれるとは思います。ただ、和解の話し合いをするかどうか、和解を呑むかどうかは結局は相手方次第になってしまうので、高裁に行ったとしても和解が可能かどうかは相手次第ということにはなると思います。

2015年02月09日 11時46分

大村 真司
大村 真司 弁護士
ありがとう
話合いで提案することは可能でしょうが、相手が応じる可能性は低いと思います。月1回程度の面会の方が裁判の運用上は主流ですし。

2015年02月09日 14時41分

この投稿は、2015年02月09日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

育児放棄や児童虐待を理由に離婚したい場合

パートナーの育児放棄が続いていたら、信頼や愛情は失われ、子どもの健全な成長のためにも離婚を考えてしまうこともあるでしょう。しかし、一口に育児...

離婚原因・離婚が認められる五つの理由

話し合いによって夫婦双方が納得して離婚する場合には、いかなる理由であっても離婚することが可能です。しかし、片方が離婚したいと思っても、もう一...

アルコール依存症の配偶者と離婚できる?

配偶者のアルコール依存症を理由に離婚することはできるのでしょうか。夫婦の間に子どもがおり、自分が親権者になった場合、面会交流を実施しなければ...

姑からのいじめを理由に離婚できるか

姑との折り合いが悪く、配偶者も自分の味方になってくれず愛想が尽きたーー。このような場合に、離婚することはできるのでしょうか。この疑問について...

音信不通になってしまった配偶者と離婚できる?

配偶者が家出をして音信不通になってしまった場合、「行方不明」であることを理由に離婚できるのでしょうか。離婚のためにどのような手続きが必要なの...

今するべきことがわかります

今するべきことがわかります 離婚・男女問題のやること診断

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

この相談に近い法律相談

  • 離婚訴訟。判決後の子供の引渡しについて

    現在、離婚訴訟を私が提訴し係争中です。争点は子供の親権と慰謝料についてで、離婚については離婚調停で既に合意しています。子供に関しては、子の引渡し審判で決定をもらい、私に引き渡すことになっていますが直接強制は不能に終わり、別居中の夫の家にに子供はいます。 以上のような状況ですが、離婚訴訟で親権が私に認められた場...

  • 離婚訴訟での対応と判決はどうなるか?

    離婚調停中です。夫から申し立てられています。 調停では夫は元々あった精神病を私の原因とし、私が同居を一切しなかった、今は更に鬱病が酷くなっていると主張。私は子供が2歳で睡眠障害等あり通院中で大変な状況で働けないし、子供の事を考えると離婚はできないと主張しています。 私の不貞、暴力等は一切ありません。 むしろ夫...

  • 過去の事件を今更罰せられるのか

    DVが理由で別居から離婚調停中、 慰謝料請求の件で、結婚前の事から判断されるのか、結婚後の事から判断されるのか どちらなのでしょうか? また、お互いの言い分次第で金額が決定するのでしょうか?口ではなんとでも言えるので、何も証拠にならないという事でしょうか? また、結婚前のDV(刑事事件)を結婚後に慰謝料として訴える事...

  • 不倫裁判 裁判所の和解案は?

    以下の状況で、裁判所はどのような和解案を出すと思いますか? 別々に審理されるのか、一緒に審理されるのか、わかりません。 ・妻が夫と不倫相手(女性)へ慰謝料調停を申し立てた ・女性は、妻へ債務不存在確認訴訟 そして、 妻と夫へ損害賠償請求(不貞はないのに巻き込まれたとして) ・妻は女性へ反訴 ・夫が妻へ離婚訴...

  • 離婚裁判

    離婚訴訟によって、相手が過去浮気をしてる事を自白している場合は物的証拠がなくても認められますか? また、3年以上経過しているので、私が許してしまったとみなされ、彼に有責性はないと判断されますか?

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

離婚・男女問題の「トラブル体験談」

Aさん(30代女性)

DVを繰り返す夫から自由に - 2人の子どもの親権と養育費を勝ち取ったAさんの体験談

  • DV
  • 親権
  • 養育費
  • 面会交流

結婚11年目のAさんは、パートで働きながら8歳と10歳の子どもを育てる母親でした。会社勤めをしている夫は、家事や育児に協力しないだけでなく...

Bさん(20代女性)

性格の不一致から夫との生活が苦痛に - うつ病を患いながら離婚を成立させたBさんの体験談

  • 性格の不一致による離婚
  • うつ病
  • 新居の処分

結婚1年目のBさんは、夫と共働きの二人暮らし。当時仕事に追われていたBさんは、家庭内での夫の態度に違和感を覚えるようになっていました。B...

Cさん(40代女性)

育児・家事に無関心な夫と離婚 - 3人の子どもの親権・養育費を争ったCさんの体験談

  • 親権
  • 養育費
  • 財産分与
  • 年金分割

Cさんは、3人の子どもを育てる専業主婦でした。公務員の夫は、結婚当初から家庭内のことに無関心でした。「子どもが生まれたら変わるかな」と...

依頼前に知っておきたい弁護士知識

離婚・男女問題に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

離婚原因の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

離婚・男女問題のニュース

  1. 妻に不倫された夫が「もう一度、ホテルへ行っ...
  2. 教員の30代夫が「職場不倫」、相手は「50代女...
  3. 「胸を見せて!」夫がハマったライブチャット...
  4. 交際中の人妻が妊娠、一緒になりたいのに夫が...
  5. 既婚の彼と結婚したい!「駆け落ちしちゃえば...
  6. 既婚男、出会い系で知り合ったシンママを妊娠...
  7. 「離婚調停に協力して」頼んできたのは、不倫...

活躍中の弁護士ランキング

離婚・男女問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。