結婚ビザの更新と留学ビザ申請について

公開日: 相談日:2013年06月23日
  • 1弁護士
  • 1回答

私には中国人の彼女がいます。彼女は3年程前に日本人と結婚し結婚ビザを取得し工場などで仕事をしておりました。当初は結婚した日本人男性と一緒に生活していたようですが、日本人男性の前妻の子供に不幸があり、彼女を残して前妻の元に行ってしまいそのまま前妻と一緒に生活しているようです。彼女は現在、籍はそのままにして仕事は転々としてますが一人で生活しております。今年に入って彼女の娘が日本に留学したいとの事で留学ビザを申請したのですが認められませんでした。留学先の学校の話では彼女の結婚ビザに問題があるとの回答であったようです。現在日本人の男性とは生活を一緒にしていない事などから偽装結婚と見られているのではと凄く悩んでおります。当初日本に来る時は日本で仕事をする事が目的であったようです。結婚ビザは来年早々に切れるのですが、入管が偽装結婚を疑っている場合、更新は難しく強制送還されるかもしれません。強制送還されると原則5年間は日本上陸は許されないと思われます。実は私は彼女と結婚して二人で一緒に日本で生活したいと考えており二人でそのように話をしております。すぐに彼女が現在の夫と離婚すべきなのか。その辺の進め方・手順がわかりません。入管にて強制送還されてしまえば、二人が一緒になる事も難しいのではと思い毎日心配が絶えません。彼女は毎日だれかに後を付けられている感じがすると話をしており、私と会う事を凄く心配します。留学ビザが認められなかった理由は不明ですが、二人が一緒に日本で生活出来るようにする為の進め方・手順などについてアドバイスをお願い致します。又、入管は外国人の普段の生活を確認する為に後を付けたりするものでしょうか?

185945さんの相談

回答タイムライン

  • タッチして回答を見る

    「偽装結婚」と「破たんした結婚」とでは違いますので、まずはその婚姻している夫の意思を確かめる必要があります。そして、少なくともその夫に「最初はちゃんと婚姻し、夫婦として同居し、共同生活を送っていたこと」を証明する書面なりをもらうべきでしょう。本来、婚姻費用分担も請求できるわけで、その調停を起こすことも考えられますが、それだと敵に回してしまって、協力してくれなくなる可能性もあるので、悩ましいところです(話し合いでその両方の協力、少なくとも「婚姻費用も払ってもらっている」という外形作出への協力をもらえれば、最高ですが)。女性には、6カ月の待婚期間の定めもあるので、離婚してすぐにあなたと再婚できるわけではないので、まずは今の夫ときちんと話しあって、離婚したうえで(もちろん偽装結婚ではなかったことを入管にも理解してもらったうえで)、いったん国に帰り、6カ月経過後にあなたと婚姻して入国しなおすのが、最良の方法だと思います。

この投稿は、2013年06月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから