離婚調停申立てされる前の弁護士相談

公開日: 相談日:2022年08月24日
  • 3弁護士
  • 4回答

【相談の背景】
夫から別居強制され離婚調停申立てすると弁護士立たれました。
理由は夫はモラハラやDVがあり私はそれによるストレスからかヒステリックになることがあったことや子供達の育児に適していないと。
私自身は精一杯努力していましたが、夫の希望にそぐわないことが増え離婚考えたようてす。
子供達は夫から母親はダメであると言われ疎遠にされて信用もないようです。交流も夫から避けられています。
家裁から書類が届かないまま3ヶ月経ち夫の弁護士に調停について問うと弁護請け負った為証拠集めしており今月中には家裁に申立てすると回答ありました。私は弁護士無料相談は受けましたが相手の主張わからないので家裁からの書類届いてからと言われています。モラハラ気質の相手ですので不安があり他の弁護士にも掛け合ってみたいと考えています。

【質問1】
他の弁護士に相談するにはやはり家裁からの書類届いてから相談した方がスムーズでしょうか?

【質問2】
今、私が出来ることは何かアドバイスありますか?
完璧ではなかったですがワンオペ育児で子供は大切に育ててきたつもりです。親権は争うのは無謀でしょうか?

1177619さんの相談

この相談内容に対して 弁護士への個別相談が必要なケースが多い

と、1人の弁護士が考えています

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    熊本県1位
    弁護士が同意
    1
    タッチして回答を見る

    1【質問1】について
    調停申立書の内容を踏まえたほうがより具体的なアドバイスが可能になるので,そのほうがスムーズかとは思います(ただし,下記2も参考にされてください。)。

    2【質問2】について
    親権を争えるかどうかは具体的な事情次第なので,弁護士に今のうちから相談しておいてもよいかと思います。

  • 弁護士ランキング
    岡山県2位

    川崎 政宏 弁護士

    注力分野
    離婚・男女問題
    弁護士が同意
    1
    タッチして回答を見る

    1 お子さんから引き離されての別居で、すでに3か月も経過しているのであれば、一日も早く弁護士に相談、依頼して家庭裁判所にこちらから申立てを行った方がよいです。
      調停を待っている間に、お子さんたちとの距離がますます広がってしまうリスクがあるからです。

    2 これまで、あなたがお子さんたちを主として監護養育してこられたのであれば、親権を当然に主張されることでしょうし、別居期間中の監護実績をつまれないためにも、監護者指定・子の引渡しの審判や審判前の保全処分の申立てをこちらからすることも、まだ手遅れではないと考えます。

    3 お子さんたちと引き離されたまま、時間だけが過ぎるのはつらいと思います。一日も早く理解ある弁護士へつながることができればよいですね。
      

  • 弁護士ランキング
    新潟県1位

    齋藤 裕 弁護士

    注力分野
    離婚・男女問題
    タッチして回答を見る

    > 【質問1】
    >
    > 他の弁護士に相談するにはやはり家裁からの書類届いてから相談した方がスムーズでしょうか?
    > 面会交流などの問題もあるので、すぐに相談されるとよいでしょう
    > 【質問2】
    >
    > 今、私が出来ることは何かアドバイスありますか?
    >
    > 完璧ではなかったですがワンオペ育児で子供は大切に育ててきたつもりです。親権は争うのは無謀でしょうか?
    あなたが主たる監護者であったなら親権をとれる可能性は十分あります
    そのためには早期に、子の引き渡しの審判や面会調停などをする必要があります

  • 相談者 1177619さん

    タッチして回答を見る

    色々なアドバイスありがとうございました。
    子供と離れ気持ちが混乱してどうしたらいいか悩んでいましたが、参考になりました。回答いただいた先生方、ありがとうございます。

  • 弁護士ランキング
    岡山県2位

    川崎 政宏 弁護士

    注力分野
    離婚・男女問題
    タッチして回答を見る

    そうですね。

    できるところから一つずつ進めていかれたらよいと考えます。

この投稿は、2022年08月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す

弁護士回答数

-件見つかりました