証拠の提出が認められないまま判決?

公開日: 相談日:2021年02月10日
  • 1弁護士
  • 1回答

不貞慰謝料請求の裁判中です。
原告、被告の尋問が終わったところです。
今まで、被告の準備書面や陳述書が、裁判の前々日などに郵送で届くので、被告の嘘を明らかにするための陳述書や証拠を、前日に出さなければならなかったりしていました。
提出がギリギリなのは、被告の戦略なのでしょうか?
今回、提出した証拠が、認められませんでした。
裁判官に和解を勧められ、次回判決なのですが、被告は嘘を付き続けているので、証拠を提出したいです。
今回の証拠の提出、未提出で、慰謝料の金額に影響があっても、納得行きません。
しかし、裁判官に和解を勧められたと言うことは、裁判官も今までの被告の陳述書の矛盾に目を通して、嘘だと思っている可能性もあるのでしょうか?
一般的には、通用しない、明らかにおかしな陳述書ではありました。
陳述書を書く度、矛盾がありました。
具体的には、言ってはいませんでしたが、陳述書と証拠を見れば、パターンがあるので、分かっているんですと、裁判官は言っていました。

996586さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    千葉県1位

    石井 康晶 弁護士

    注力分野
    離婚・男女問題
    弁護士が同意
    2
    タッチして回答を見る

    > 提出がギリギリなのは、被告の戦略なのでしょうか?
    :提出を遅らせる実際的なメリットはありません。単に締め切りを守れないだけかと思います。

    > 裁判官に和解を勧められ、次回判決なのですが、被告は嘘を付き続けているので、証拠を提出したいです
    > しかし、裁判官に和解を勧められたと言うことは、裁判官も今までの被告の陳述書の矛盾に目を通して、嘘だと思っている可能性もあるのでしょうか?
    :裁判所は和解を勧めるものですので、単に勧められただけでは何とも判断できません。裁判所の提示した額があれば予想は出来ます。証拠が認められなかったというのが、証拠として採用されなかったという意味であれば、一審で提出することは最早困難でしょう.出せるとすれば控訴審になりますが、そもそも嘘というのは結論に影響を及ぼす嘘とそうでない嘘があり、本件で問題とされている嘘がどのような類いのものかわかりません。一般論としては、細かな虚偽を全て暴くことは必要な作業ではありません。

この投稿は、2021年02月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

もっとお悩みに近い相談を探す

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから