自己破産手続き中の慰謝料

公開日: 相談日:2020年08月27日
  • 5弁護士
  • 5回答

W不倫がバレて離婚しました。今私は自己破産手続き中です。相手の奥様から慰謝料請求されています。奥様が弁護士を立てないで示談でということなら慰謝料をお支払いしてもいいのでしょうか?

950960さんの相談

回答タイムライン

  • タッチして回答を見る

    > W不倫がバレて離婚しました。今私は自己破産手続き中です。相手の奥様から慰謝料請求されています。奥様が弁護士を立てないで示談でということなら慰謝料をお支払いしてもいいのでしょうか?

    そのようなことは絶対にすべきではありません。
    不貞行為とは夫婦の問題であるというのがわが国を除く文明国では当たり前の理解です。それにもかかわらず,わが国では大の大人が自由意思で行ったことについて,その相手方に過ぎない者に責任転嫁を認めるという世界に向けて恥ずべき前近代的な実務が容認されてはいます。
    しかし,このような不貞行為の第三者責任は,自己破産手続きにおいて債権者一覧表に載せれば,原則免責対象になるものです。払う必要のない慰謝料を支払ったりすれば逆に偏波弁済との指摘すら受けかねません。こうした事案では,相手妻の不合理な慰謝料請求は断固争うという趣旨で,債務額0で相手妻の名前を載せるのがセオリーです。
    なお,この種の事案では,質問者元夫から相手夫に対して慰謝料請求がなされ,その求償請求を受ける可能性がありますから,相手夫も債務額0で債権者一覧表に載せておかれるのが無難です。
    具体的には私の回答内容を念頭に,自己破産の申立代理人弁護士に相談されてください。

  • 弁護士ランキング
    東京都4位

    原田 和幸 弁護士

    注力分野
    離婚・男女問題
    タッチして回答を見る

    > 奥様が弁護士を立てないで示談でということなら慰謝料をお支払いしてもいいのでしょうか?

    これから破産申立てなのでしょうか。
    であれば、偏波弁済(不公平な弁済)にあたる可能性がありますので、止めたほうがよいと思います。

    そのあたりは、今依頼されている弁護士に、隠さず話して相談されるべき問題かと思います。

  • 弁護士ランキング
    富山県1位

    神保 壽之 弁護士

    注力分野
    離婚・男女問題
    タッチして回答を見る

    弁護士の皆さんが「偏頗弁済(へんぱべんさい)」という法律用語を使っておられます(偏波は誤字)。日常生活では聞きなれない言葉なので念のためご説明します。

    借金でも、クレジットカードの支払いでも、あなたの件の慰謝料でも、お金を払わなければならない相手が複数ある場合、特定の相手にだけ支払いをするというのは不公平です。その不公平な返済(弁済)を、偏りがあることを意味する「偏頗」という言葉を使って「偏頗返済」と呼んでいます。
    よく問題になるのは、たくさん借金がある中で、親族や友人の借金だけ返すというケースです。

    「偏頗弁済」があると、費用も時間も負担が少ない簡単な自己破産の手続(同時廃止)で処理できたはずだったのに、管財人報酬などを用立てなければならない管財事件というより複雑な自己破産の手続になってしまったり、最も悪いケースでは裁判所が免責(借金をチャラにすること)を認めてくれなかったり、という問題点が生じることがあります。
    皆さんもおっしゃる通り、すぐに破産申立代理人の弁護士さんにご相談になってください。
    もし弁護士に依頼せずご本人で自己破産申立てをしていて相談する弁護士がいないという場合には、富山県弁護士会の多重債務無料相談をご利用になると良いのではないかと思います。

この投稿は、2020年08月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから