妻がダブル不倫。妻のみ代理人無しで4者和解可能か。

公開日: 相談日:2020年06月23日
  • 1弁護士
  • 1回答
ベストアンサー

妻がダブル不倫を行いました。

双方離婚はせず、4者間にて内容確認、事実確認済です。

その後、不貞相手の奥様が弁護士をたて、私の妻へ慰謝料請求をされました。
これに対して、私も弁護士を立て、不貞相手男性へ同額の慰謝料請求を行いました。
これに対し、不貞相手の奥様と同じ弁護士より、不貞相手男性の代理人も受任したと通知が来ました。

現在の状況は
私:A弁護士(不貞相手へ慰謝料請求中)
妻:代理人無し(相手奥様からの慰謝料請求への回答保留中)
不貞相手:B弁護士(私の慰謝料請求に関して、回答保留中)
不貞相手奥様:B弁護士(私の妻へ慰謝料請求中)

この状況でゼロ和解するには、妻にも私と同じ弁護士をつけて4者間の話し合いをする必要があるのでしょうか。
このまま妻に代理人をつけず、もしくは別の弁護士をつけた場合でも4者和解は可能なのでしょうか。
ゼロ和解するのであれば、妻に代理人をつける費用が無駄(厳密にいうと他3名の費用も無駄)になるため
妻のみ本人対応で、妻・A弁護士・B弁護士の3者で連絡を取り、4者和解は可能なのでしょうか。

弁護士事務所によって、妻の依頼も受けないとゼロ和解を行わない等の事務所もあるのでしょうか。
近隣の弁護士事務所に軽く聞いて回ったところ、濁されることもあったので、皆様の見解をお聞きしたいと思います。よろしくお願い致します。

932719さんの相談

回答タイムライン

  • 吉浦 勝正 弁護士

    注力分野
    離婚・男女問題
    弁護士が同意
    2
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    奥様が本人対応でも4者和解は可能と思います。
    相談者様と奥様が方針を共有しているのであれば、奥様が弁護士を依頼せずとも解決の可能性はあるでしょう。
    和解は本人の意向を尊重しますので、相談者様がゼロ和解を希望するのであれば、奥様から依頼がなかったとしても弁護士はゼロ和解の方針で交渉すると思います。

    なお、相談者様と奥様は潜在的に利益相反の関係にありますので(方針が変わり二人が離婚を決意した場合、対立関係になります)、双方の代理人を引き受けない弁護士もいると思います。

この投稿は、2020年06月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから