不倫の慰謝料について

公開日: 相談日:2011年11月18日
  • 1弁護士
  • 1回答

表題の件について専門家の力を貸してください。
先日妻の不貞行為が発覚し離婚を致します。
詳細は私26才、妻23才、子供1才婚姻期間は2年です。・浮気相手との交際期間は約一年間
・交際相手には既婚の事実を隠していた
・実は結婚前から肉体関係にあり今回の件で子供の認知騒動になり、DNA鑑定をした→私の実の子供だった・婚姻期間は妻の実家で暮らし、昔からの地主というのもあり資産はある
・妻は専業主婦
・財産分与は貯金がなく車のローンが180万程残っている
浮気相手には既婚の事実を知らなかった事から慰謝料請求はできないと思っています。
しかし妻に対し慰謝料を請求しようと思っています。請求額は負の財産分与も含め250万と考えていますが妥当性を知りたく質問させて頂きました。
宜しくお願い致します。

91225さんの相談

回答タイムライン

  • タッチして回答を見る

    妻の不貞を理由に離婚をする場合,妻に対しては200万〜300万円くらいの慰謝料請求が認められるのが一般的です。
    問題は,車の関係ですが,車関係の資産・負債が夫婦の共同生活から生じた資産・負債であるなら,ローン残額-車の価値が財産分与の対象でしょうが,恐らくローン残額の方が上回っているかと思います。このような債務の財産分与について負債に対する内部的な責任割合を分担させる形の財産分与を認める裁判例も複数あります。ただ,最高裁判例ではないですし,仮に負債の分与が認められても,分与割合を決める資産・負債形成への寄与度も,現実の寄与度で認定することになると思います。また,あくまで負債の分与は離婚当事者の内部的な問題にすぎず,ローンの債権者に主張できるものではなく,ローンの債務者が,債権者に対して全額の債務を負うことに変わりはありません。
    250万円という金額は,慰謝料だけを請求する場合でも合理的な範囲内の金額だと思います。車についてのローン残額-車の価値の金額次第では,もう少し上乗せしても良いかもしれません。

この投稿は、2011年11月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す