和解条項の違反について

公開日: 相談日:2020年04月11日
  • 4弁護士
  • 5回答
ベストアンサー

不貞で妊娠し出産しました。
相手の奥様から訴えられ、裁判をして250万円の慰謝料、旦那への正当な理由以外の接触禁止、実家や勤務先への連絡をお互いしないこと等が決められました。出産時、認知はしてもらっていませんでしたが、裁判が終わった後に認知、養育費請求、子供の面会が認められ、先日認知届を提出してもらいました。それが面白くないのか、妻が私の会社に『子供の面会はする必要はない。あなたが1人で育てると言って産んだのだから養育費も払う必要はない。旦那とやり取りしているのは知っている。また裁判で訴える。』と会社に非通知で電話がありました。

1.会社に電話があったことで、裁判の和解条項に違反してると思いますが、こちらが訴えたりはできますか?

2.裁判で決まった認知、養育費請求、面会についてのやり取りをしていますが、妻が禁止することは出来ますか?

よろしくお願い致します。

910438さんの相談

回答タイムライン

  • 原田 和幸 弁護士

    注力分野
    離婚・男女問題
    タッチして回答を見る

    > 1.会社に電話があったことで、裁判の和解条項に違反してると思いますが、こちらが訴えたりはできますか?

    会社に話されたということでしょうか。
    であれば、約束違反、あるいはプライバシー侵害の可能性はあると思いますので、損害賠償請求で訴えることはありうると思います。

    > 2.裁判で決まった認知、養育費請求、面会についてのやり取りをしていますが、妻が禁止することは出来ますか?

    相手の子であれば、認知はしてもらうべきでしょうし、養育費の請求をされてもよいと思いますし、必要に応じて面会交流はすべきかと思います。

  • 弁護士ランキング
    大阪府1位

    吉田 英樹 弁護士

    注力分野
    離婚・男女問題
    タッチして回答を見る

    お困りかと思いますので、お答えいたします。
    会社に電話があったことで、裁判の和解条項に違反してると思いますが、こちらが訴えたりはできますか?
    →合意違反ですので、損害が発生していれば、損害賠償請求は考えられるかもしれません。ただし、まずは警告書などを送ることが考えられると思います。

    裁判で決まった認知、養育費請求、面会についてのやり取りをしていますが、妻が禁止することは出来ますか
    →正当な理由のあるものであれば、問題はないと思いますね。

    一般的なお答えとなり恐縮ですが、ご参考に頂ければと思います。

  • 弁護士ランキング
    大阪府2位

    川添 圭 弁護士

    注力分野
    離婚・男女問題
    タッチして回答を見る

    > 1.会社に電話があったことで、裁判の和解条項に違反してると思いますが、こちらが訴えたりはできますか?

    あなたが行った父親(元不貞相手)との接触が,和解条項に定める「正当な理由」に該当するものである場合は(基本的には正当な理由に基づくものであると思います),慰謝料請求できる可能性は十分にあると思いますし,そのような行為を行わないよう警告書を送ることもできるでしょう。


    > 2.裁判で決まった認知、養育費請求、面会についてのやり取りをしていますが、妻が禁止することは出来ますか?

    正当な理由があれば,あなたはそもそも和解条項に違反していませんし,仮に正当な理由がない場合でも,妻が接触を物理的に接触を禁止させることはできません(慰謝料や違約金など,金銭の問題となります)。

  • 弁護士ランキング
    新潟県1位

    齋藤 裕 弁護士

    注力分野
    離婚・男女問題
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    > 1.会社に電話があったことで、裁判の和解条項に違反してると思いますが、こちらが訴えたりはできますか?
    > 和解条項に違反する可能性は大きいでしょう
     あなた以外の人に話があったのであればプライバシー侵害などとして慰藉料請求できる可能性があります

    > 2.裁判で決まった認知、養育費請求、面会についてのやり取りをしていますが、妻が禁止することは出来ますか?
    必要なやりとりであり、禁止できないと考えます

  • 相談者 910438さん

    タッチして回答を見る

    ありがとうございます。

    子供の面会について、アプリでのスケジュール共有は、違反になりますか?

    妻はそれも辞めろ、必要ない、と言ってきます。

この投稿は、2020年04月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから