権利の濫用をすると慰謝料が請求出来ない?

公開日: 相談日:2020年03月17日
  • 2弁護士
  • 2回答
ベストアンサー

現在、夫の不倫相手に慰謝料を請求しているのですが、数年前、不倫発覚時に相手の職場に娘と一緒に乗り込んだ事がありした。
その時の事をだされ、今、不倫相手に「権利の濫用だから慰謝料は払いません」と言われています。
これはどういう意味で、実際、そのような事をしてしまった後では、慰謝料の請求は出来なくなるのでしょうか?

902949さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    千葉県1位

    石井 康晶 弁護士

    注力分野
    離婚・男女問題
    タッチして回答を見る

    > これはどういう意味で、実際、そのような事をしてしまった後では、慰謝料の請求は出来なくなるのでしょうか?
    :権利行使の態様などが濫用にわたるとき、本来認められる権利行使が制限される=請求できない、ということです。が、本件は相手がそういっているだけで請求自体は可能でしょう。もっとも、職場に乗り込んでいい道理はありません。

  • 相談者 902949さん

    タッチして回答を見る

    わかりやすい回答ありがとうございます。
    とりあえず、権利の濫用には当たらない=慰謝料0にはならないということで安心しました。
    追加の質問で恐縮ですが、
    これは、もし裁判になった時も、この事実によって慰謝料を減額されたりする事もないという事でしょうか?

  • 原田 和幸 弁護士

    注力分野
    離婚・男女問題
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    > これは、もし裁判になった時も、この事実によって慰謝料を減額されたりする事もないという事でしょうか?

    相談者の言動を理由に相手から不法行為に基づく損害賠償請求は考えられると思いますが、損害賠償請求を受けている側から相殺はできませんので(民法509条)、それだけでは、減額の理由にならないと思います。

    (不法行為により生じた債権を受働債権とする相殺の禁止)
    第五〇九条 債務が不法行為によって生じたときは、その債務者は、相殺をもって債権者に対抗することができない。

この投稿は、2020年03月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

もっとお悩みに近い相談を探す

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから