W不倫の結果、慰謝料を請求される側です。内容証明の受け取り方法と慰謝料の額とお支払についてご相談させ

公開日: 相談日:2020年03月16日
  • 3弁護士
  • 3回答
ベストアンサー

W不倫をしていました。
お相手の奥様にメールのやり取りを全て見られ、お相手が全て認めたことで、お相手の奥様から、弁護士を立てました。内容証明を送ります。送り先の住所を、お相手経由で教えるよう連絡が来ました。
私の配偶者はこの事実を知りません。私は配偶者だけでなく、身内を含め本件は誰にも公にしたくありません。
謝罪の意思及び慰謝料のお支払の意思はあります。
質問1
内容証明を私の家に送られるのをどうしても避けたいと思っています。何かよい方法はありますか?例えば、私の方でも弁護士さんをお願いし、その弁護士事務所経由で内容証明を受け取ることは可能ですか?
質問2
慰謝料をお支払する意思はありますが、あまりにも高額だとお支払できない可能性があります。お相手の奥様は精神的にダメージを受けており、私の会社やお相手の会社に言う、ということをいっているそうです。お相手の方と私は同じ会社でしたが今はそれぞれグループ会社に出向、転籍をしています。
できるだけご意向に沿った対応を誠意を持ってやりたいのですが、できることと、できないことがあります。

まだ内容証明は私が住所をお伝えしていないため、具体的な内容はわかりません。

内容証明を自宅や会社、実家以外で相手に私の住所を一切知られることなく受け取れる方法がまずは知りたいです。

私自身、この事をお相手の方から聞いて、一週間ですが、精神的に参ってしまい、痩せてしまいました。
お忙しい中、ご教示いただければ幸いです。

902593さんの相談

回答タイムライン

  • 草木 良文 弁護士

    注力分野
    離婚・男女問題
    弁護士が同意
    1
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    お困りのことと思います。

    >質問1
    >内容証明を私の家に送られるのをどうしても避けたいと思っています。何かよい方法はありますか?例えば、私の方でも弁護士さんをお願いし、その弁護士事務所経由で内容証明を受け取ることは可能ですか?

    内容証明を送られるおそれがあるのなら、先に弁護士に依頼し、弁護士に送付するよう伝えておくことで、ご自宅へ届くことは避けられます。

    >質問2
    >慰謝料をお支払する意思はありますが、あまりにも高額だとお支払できない可能性があります。お相手の奥様は精神的にダメージを受けており、私の会社やお相手の会社に言う、ということをいっているそうです。お相手の方と私は同じ会社でしたが今はそれぞれグループ会社に出向、転籍をしています。

    会社関係がないので、会社へ何かしら告げるおそれがあるのであれば、弁護士からの相手へ受任通知を送る際に会社へ送付しないよう警告しておくのがいいでしょう。

  • 弁護士ランキング
    千葉県1位

    石井 康晶 弁護士

    注力分野
    離婚・男女問題
    タッチして回答を見る

    > 質問1
    > 内容証明を私の家に送られるのをどうしても避けたいと思っています。何かよい方法はありますか?例えば、私の方でも弁護士さんをお願いし、その弁護士事務所経由で内容証明を受け取ることは可能ですか?
    :可能です。

    > 質問2
    > 慰謝料をお支払する意思はありますが、あまりにも高額だとお支払できない可能性があります。お相手の奥様は精神的にダメージを受けており、私の会社やお相手の会社に言う、ということをいっているそうです。お相手の方と私は同じ会社でしたが今はそれぞれグループ会社に出向、転籍をしています。
    > できるだけご意向に沿った対応を誠意を持ってやりたいのですが、できることと、できないことがあります。
    :質問が書かれていませんが、請求される側としては払える範囲でしか対応できないものです。率直に告げて交渉すべきです。

  • 弁護士ランキング
    宮城県1位

    後藤 貞和 弁護士

    注力分野
    離婚・男女問題
    弁護士が同意
    1
    タッチして回答を見る

    双方に弁護士がついている場合、弁護士間でやり取りをするので、自宅に届くことを防ぐ一定の効果はあると思います。あるいは相手が依頼した弁護士を教えてもらって、そちらに相談者から直接連絡する方法もあります。ただ、いろいろ言い含められる可能性があるので、連絡する前に具体的な対応について弁護士からアドバイスを受けてからするべきです。

    支払う金額については、まだ請求額が示されていないようなので何とも言えませんが、過大な金額である場合、減額交渉することはよくあります。
    相談者が弁護士に依頼していれば、その弁護士が窓口になるので職場等への連絡は差し控え、弁護士あてに連絡するよう相手に伝えます。
    相手が不貞の事実を不必要に言いふらせば、名誉棄損やプライバシー侵害として相談者から損害賠償請求できる可能性が出てきます。

この投稿は、2020年03月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

もっとお悩みに近い相談を探す

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから