和解条項違反になりますか

公開日: 相談日:2019年09月09日
  • 1弁護士
  • 2回答

同僚(人妻)との不倫が明るみになり、裁判になりました。
私は慰謝料300万円を支払い、「第三者に口外しない」という条項を入れて和解しました。
しかし不倫相手は、「離婚原因について第三者に口外しない」という条項を入れなかったようです。
私と不倫相手の関係を疑っていた別の同僚が不倫相手の旦那に離婚の原因を尋ね、旦那は不倫相手の答弁書や審判などを見せたようです。
私の答弁書などではないのですが、結果的に私の不倫が同僚に知られてしまいました。
そこで質問です。
①不倫相手の旦那の行為は、私との和解条項違反になりますか。
②損害賠償を求めて裁判を起こした場合、私の損害賠償は認められるでしょうか。
③損害賠償で認められる金額は、どの程度でしょうか。
④裁判となると、不倫相手の旦那は第三者を傍聴に呼ぶなどして、更に私の不倫が第三者に知られる恐れがあります。裁判を非公開にできますか。

844825さんの相談

回答タイムライン

  • 原田 和幸 弁護士

    注力分野
    離婚・男女問題
    タッチして回答を見る

    > ①不倫相手の旦那の行為は、私との和解条項違反になりますか。

    口外禁止条項があるならそうだと思います。

    > ②損害賠償を求めて裁判を起こした場合、私の損害賠償は認められるでしょうか。

    周りに口外された事実を相談者側で立証できるなら、認められる可能性はあります。

    > ③損害賠償で認められる金額は、どの程度でしょうか。

    一概には言えないと思います。

    > ④裁判となると、不倫相手の旦那は第三者を傍聴に呼ぶなどして、更に私の不倫が第三者に知られる恐れがあります。裁判を非公開にできますか。

    裁判は原則公開です。
    相談者がご記載されたおそれだけでは、非公開にできないと思います。

  • 相談者 844825さん

    タッチして回答を見る

    早速ご回答いただき、ありがとうございました。

    周りに口外された事実を私が立証できるなら、損害賠償が認められる可能性があるようですが、それは同僚に「不倫相手の答弁書や審判などを見せてもらった」と証言してもらう必要があるということでしょうか。
    ただでさえ私の弱みを握ったと喜んでいるようなので、同僚にそのような証言は期待できません。
    私が自分の不倫を口外していないので、同僚が私の不倫をしっていること自体が、相手が口外した証拠になると思います。
    また、「相談者がご記載されたおそれだけでは、非公開にできないと思います。」とありますが、口外禁止条項を守らなかったのは不倫相手の旦那の方なので、この場合、私は被害者です。
    加害者は、晒し者になっても仕方ないと思うのですが、被害者のプライバシーを守るという観点から私の裁判を非公開にできませんか。
    質問をまとめます。
    ①口外禁止条項の立証は、同僚が私の不倫をしっていることだけでは不十分ですか。
    ②被害者のプライバシーを守るという観点から、私の裁判を非公開にできませんか。

  • 原田 和幸 弁護士

    注力分野
    離婚・男女問題
    タッチして回答を見る

    > ①口外禁止条項の立証は、同僚が私の不倫をしっていることだけでは不十分ですか。

    そうですね。それだけだと、どこが情報源かわかりませんよね。
    不貞相手が話した可能性もありますし。

    > ②被害者のプライバシーを守るという観点から、私の裁判を非公開にできませんか。

    難しいと思います。
    なお、弁論準備手続きに入れば、非公開になります。

この投稿は、2019年09月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから