離婚訴状の書き方、 相手の女性について。

離婚訴訟で不貞行為慰謝料を求める場合、
相手女性の名前も訴状に書くのでしょうか?
2017年02月01日 14時03分

みんなの回答

高橋 建嗣
高橋 建嗣 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都7 離婚・男女問題に注力する弁護士
ありがとう
当然、相手(被告)の名前は書きます。
なお、相手(被告)の住所も書く必要があります。

2017年02月01日 14時16分

今井 俊裕
今井 俊裕 弁護士
ありがとう
相手方の女性を被告とする場合は別事件になります。家裁の管轄にはなりません。ただし当該離婚訴訟で被告とせずに事情として書くならば氏名を書いて結構です。

2017年02月01日 14時17分

萩原 猛
萩原 猛 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 埼玉県3
ありがとう
 相手女性を被告とするなら、被告の住所・氏名を書かなければ、誰を訴えたかわかりませんね。また、配偶者を被告にする場合でも、請求原因として不貞を理由にするなら、不貞が事実であることを明確にするためにも不貞相手を明らかにするでしょう。

2017年02月01日 14時17分

須見 健矢
須見 健矢 弁護士
ありがとう
夫と女性と双方を被告として離婚と併せて慰謝料を請求する場合は,訴状の当事者欄に女性の名前、住所を表示する必要があります。
夫だけを被告とする場合は,必要に応じ,本文「請求の原因」の欄に女性の名前を記載することはあっても,当事者欄に表示することはありません。

2017年02月01日 14時21分

今井 俊裕
今井 俊裕 弁護士
ありがとう
共同被告ならばできますね。訂正いたします。第三者を被告とする反訴請求ができないです。

2017年02月01日 14時22分

今井 俊裕
今井 俊裕 弁護士
ありがとう
当該離婚訴訟で夫及び相手方女性を共同被告として損害賠償請求する場合は訴状の当事者欄に相手方女性の住所氏名を書いてください。相手方女性には当該離婚訴訟では損害賠償請求をしないのであれば訴状の当事者欄に相手方女性の住所氏名を書いてはいけません。

2017年02月01日 14時25分

相談者
ご回答ありがとうございます。
過去に同棲していた不倫相手を中絶させてたのですが、それは 不貞行為にはならないですか?

不貞行為とは現在も関係が続いている場合を指すのでしょうか?

2017年02月01日 14時37分

萩原 猛
萩原 猛 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 埼玉県3
ありがとう
 不貞行為とは、配偶者以外の相手との性行為、です。過去だろうが、現在だろうが、未来だろうが、そういうことがあれば不貞行為があった、ことになります。過去の不貞行為であっても、現在、慰謝料請求する権利はあります。ただし、一方配偶者が、他方配偶者の不貞相手に対して請求する場合は、不貞の事実及び不貞相手が誰かを知った時から3年で慰謝料請求権は消滅時効にかかります(民法724条)。不貞をした配偶者に請求する場合は、離婚の時から6か月間は、慰謝料請求権は時効にかかりません(民法159条)

2017年02月01日 14時47分

相談者
萩原先生 とても詳しく教えてくださり
ありがとうございます。

2017年02月01日 14時55分

この投稿は、2017年02月01日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では13,808名の弁護士から、「慰謝料に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

離婚・男女問題の「トラブル体験談」

Aさん(30代女性)

DVを繰り返す夫から自由に - 2人の子どもの親権と養育費を勝ち取ったAさんの体験談

  • DV
  • 親権
  • 養育費
  • 面会交流

結婚11年目のAさんは、パートで働きながら8歳と10歳の子どもを育てる母親でした。会社勤めをしている夫は、家事や育児に協力しないだけでなく...

Bさん(20代女性)

性格の不一致から夫との生活が苦痛に - うつ病を患いながら離婚を成立させたBさんの体験談

  • 性格の不一致による離婚
  • うつ病
  • 新居の処分

結婚1年目のBさんは、夫と共働きの二人暮らし。当時仕事に追われていたBさんは、家庭内での夫の態度に違和感を覚えるようになっていました。B...

Cさん(40代女性)

育児・家事に無関心な夫と離婚 - 3人の子どもの親権・養育費を争ったCさんの体験談

  • 親権
  • 養育費
  • 財産分与
  • 年金分割

Cさんは、3人の子どもを育てる専業主婦でした。公務員の夫は、結婚当初から家庭内のことに無関心でした。「子どもが生まれたら変わるかな」と...

関連度の高い法律ガイド

不倫相手に支払ってもらえる慰謝料額

不貞行為を理由とする慰謝料は、配偶者だけではなく、配偶者と性的関係を持った不倫相手にも請求することができます。不倫相手からは、どのくらいの慰...

不倫発覚が離婚調停中だった場合に慰謝料請求できる?

配偶者の不倫が発覚した場合、離婚だけでなく「慰謝料を請求したい」と考える人もいるでしょう。では、不倫が発覚したタイミングが、すでに離婚に向け...

社内不倫で不倫相手から慰謝料が支払われない場合

配偶者の社内不倫が発覚した場合、配偶者やその相手に対して、どのような請求ができるのでしょうか。不倫相手が慰謝料を支払うことに同意したにもかか...

配偶者の不倫を理由に離婚する場合の慰謝料の相場と用意するべき証拠

配偶者が不倫をしていたことが明らかになった場合、心に深い傷を負うこともあるでしょう。配偶者の不倫を理由に離婚するとき、そうした心の傷への償い...

不倫慰謝料の相場や請求方法・時効

パートナーに不倫されてしまったら、パートナーや不倫相手に慰謝料を請求したいと思うでしょう。不倫されたとなれば感情的になってしまうのも無理はな...

今するべきことがわかります

今するべきことがわかります 離婚・男女問題のやること診断

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

この相談に近い法律相談

  • 慰謝料請求について。その場合今の離婚訴訟に追加になるのですか?

    夫の不倫が原因で現在為離婚訴訟中です。夫へ慰謝料300万円を請求してます。夫は 不倫相手の女性を認め現在も交際中と主張してます。私は女性の名前はしりません。訴状時は夫の不倫相手への慰謝料請求はしてませんでしたが今から女性へ慰謝料請求できますか?その場合今の離婚訴訟に追加になるのですか?それとも別件になりますか?

  • 離婚訴訟控訴審 恋愛

    離婚訴訟一審判決が離婚認める、親権私、不貞と疑われ慰謝料の請求をされていたのも認めないというけっかに。相手はもちろん控訴しましたが、今恋愛をしたら、駄目なのでしょうか?控訴審で何かこれからのことは、不利になるのでしょうか?

  • 離婚後の慰謝料請求

    妻の不倫相手に訴訟を起こし勝訴して正当に慰謝料を貰えることになりましたが、もし訴訟後に妻と離婚してその不倫が原因で離婚した場合、妻に対して慰謝料の請求は可能でしょうか?証拠は不倫相手の時に使用した時の使い回しでも可能でしょうか?

  • 離婚裁判控訴審における控訴人の反訴(慰謝料請求)について

    相当期間不仲が続き、妻が突然別居開始。別居期間は2年くらいでしたが、一審では婚姻関係修復は望めないと夫婦関係破綻が認められ、勝訴判決。 双方に不貞・DVなどはではないですが、妻が主張する私の有責は、判決では「強い有責性」は認めらませんでした。 妻は控訴。同時に、離婚が認められた場合の慰謝料請求の反訴をしてきました...

  • 不貞慰謝料と離婚調停について

    先日、男性の私が、既婚女性と不倫関係に陥り、そのことが相手の旦那に発覚しました。 相手の旦那から慰謝料200万円を請求されています。 相手の夫婦は間もなく離婚するようですが、どうやら先に慰謝料請求の訴訟を提起してくるようです。 訴訟になった場合に、訴訟中に離婚調停がなされ、その調停の中で慰謝料の話が出た場合...

法律相談を検索する

依頼前に知っておきたい弁護士知識

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料
弁護士検索へのリンク

不倫慰謝料の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

離婚・男女問題のニュース

  1. 遠距離10年愛の末路、彼女は「他の男と同棲」...
  2. 10キロ増の妻に「見た目がイヤ」「離婚しない...
  3. 「あまりに理不尽」恩師からのキスで、妻に30...
  4. 単身赴任は別居なの? 不倫し放題の夫「オレ...
  5. 妻に不倫された夫が「もう一度、ホテルへ行っ...
  6. 教員の30代夫が「職場不倫」、相手は「50代女...
  7. 「胸を見せて!」夫がハマったライブチャット...

活躍中の弁護士ランキング

離婚・男女問題の分野

ピックアップ弁護士

弁護士検索へのリンク

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。