慰謝料の内容証明が届きました

公開日: 相談日:2015年08月03日
  • 3弁護士
  • 3回答
ベストアンサー

1年半前から、遠距離の妻子ある人と不倫をしていました。
月に1度か2度泊まりや日帰りであってました。半年前に奥さんにバレ、彼から嫁にはずっとバレていた。証拠もあると言われた。と言われ彼と別れました。
でも、メールでズルズルやりとりがあり、1度会いました。
結局、別れた後も会っている事がバレ奥さんの弁護士より慰謝料請求の内容証明が届きました。300万請求されています。
相手は離婚話になってるみたいです。
慰謝料300万は妥当なんでしょうか?
彼にも半分請求できないんでしょうか?

372563さんの相談

回答タイムライン

  • ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    >慰謝料300万は妥当なんでしょうか?

    相手が離婚する場合の不倫による慰謝料は、裁判をした場合200~300万円くらいになることが多いです。
    裁判になった場合は、相手の弁護士費用として1割程度上乗せされ、質問者様自身も弁護士を雇うことになるでしょうから、300万円の請求が特別高額とは思えません。

    >彼にも半分請求できないんでしょうか?

    求償といって、相手に対して支払をした場合には、そのうちの一部(通常半額)を彼に請求することができます。
    ただし、支払をする前に事前に請求する権利はありません(もちろん彼が任意に支払ってくれれば別です)。

    また、不倫の慰謝料は、質問者様と彼の二人で1つの損害を与えたものですから、彼がすでにいくらか支払っていた場合には、減額(彼が支払った金額によっては0円)を主張できます。

  • タッチして回答を見る

    相談されている方との不貞行為により先方の夫婦が離婚しなかった場合には明らかに高額な慰謝料であると考えます。
    また,仮に,離婚し,それが相談されている方との不貞行為のみが原因であったとしても,私としては高額であると考えています。
    不貞行為による慰謝料は,相談されている方と先方の旦那さんの二人で,先方の奥さんに暴行を加えた場合の損害賠償に類似しているところがあり,二人で連帯して発生した損害の全額を負担する義務を負うことになります。
    仮に,相談されている方が損害賠償の全額を負担した場合,相談されているかたと先方の旦那さんで,先方の奥さんに加えた被害に対する寄与度に応じて旦那さんに求償することができます。
    今回の不貞行為が,どのような経緯で開始し,どのようにして継続されるにいたったかということが問題となり,先方の旦那さんの関与の割合が高いということになれば,賠償額の半分を超えて先方の旦那さんに求償することも可能となります。
    先方の奥さんに対する賠償,旦那さんに対する求償を含めて弁護士さんに依頼されることをお勧めします。

  • 弁護士ランキング
    愛知県6位
    タッチして回答を見る

    不貞行為による慰謝料は,相談されている方と先方の旦那さんの二人で,先方の奥さんに暴行を加えた場合の損害賠償に類似しているところがあり,二人で連帯して発生した損害の全額を負担する義務を負うことになります。

    この考え方を否定しているのが、学説の多数です。

この投稿は、2015年08月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す

弁護士回答数

-件見つかりました