不倫の末の離婚条件について

公開日: 相談日:2015年07月17日
  • 4弁護士
  • 4回答
ベストアンサー

不倫、離婚についての質問です。
私は独身で、彼は既婚者、二人の子供がいて、結婚して10年少しです。
職場で出会い、出会ってからは一年半ですが、体の関係があったのは3ヶ月です。

彼が離婚をしたいと奥様と奥様の御両親に話したところ、以下のようなことを言われました。

お前らを不幸にするためならなんでもする。
離婚するなら、双方から慰謝料を貰う。
家のローンも払い続け奥様と子供を住ませろ。
払えない場合、私の両親に請求する。
ヤクザを雇う。
双方仕事を辞めてもらう。
辞めないなら会社に言う。等言われたようです。
もちろんきちんと話し合い決めた慰謝料や養育費は払います。
1000万などと言われたらどうしようもないのですが…
この場合、どうたち回ればいいですか??

あちらが弁護士を雇うのならこちらも雇うべきでしょうが、まだあちらは弁護士を雇っていないようです。
事を早く終わらせたいようですごくせかされ、今すぐ決めろと言われるようです。
今日も私のところへ行って一筆書いてもらえといっているようです。
何年間かsexレス盧ようで、二人目の子供は初めから体外受精でいいと、sexもしないで作った子です。

まず、あちらの御両親がおっしゃっているようなことは可能なのでしょうか??
そして、慰謝料はだいたいいくら程度になりますか??
よろしくお願いします。

368279さんの相談

回答タイムライン

  • 舘山 史明 弁護士

    注力分野
    離婚・男女問題
    弁護士が同意
    1
    タッチして回答を見る

    こんにちは。
    あなたの彼は不貞をした有責配偶者ということで,基本的にあなたの彼が一方的に離婚をしたいといっても,奥さんの同意がなければ離婚はできません。

    ですから,彼がどうしても離婚をしたいというなら,基本的に奥さんの言い分を飲む必要があります。
    慰謝料の金額も,こういう場合は相場はありません。
    (奥さんの側から離婚と慰謝料を求めてくる場合は,だいたいの相場はあるのですが。)

    もっとも,先方も冷静さを欠いているようですね。やくざを雇うとか,そういうことは,絶対にいってはいけない言葉ですし。
    少し落ち着いて交渉して,できるだけ条件を下げてもらうことが望ましいと思います。
    そのためにも,まずこちらから弁護士に依頼するということも,有効だと思います。

  • 弁護士ランキング
    愛知県9位
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    お前らを不幸にするためならなんでもする。
    離婚するなら、双方から慰謝料を貰う。
    →二人合計です。離婚の場合200から300万円です。

    家のローンも払い続け奥様と子供を住ませろ。
    →ローンの支払い義務はあります。家を売却して払うことも可能です。家を維持するなら、居住は話し合いです。
    払えない場合、私の両親に請求する。
    →これはできません。
    ヤクザを雇う。
    双方仕事を辞めてもらう。
    辞めないなら会社に言う。等言われたようです。
    →会社に言うのはプライバシー侵害、やめろとか、ヤクザとかは脅迫に該当する可能性があります。

    即決する必要はありません。こういう相手には、弁護士を依頼したほうが無難です。

  • 弁護士ランキング
    兵庫県1位
    タッチして回答を見る

    ・法的に、きっちり対応するということでしたら、これまでの不貞に慰謝料(2人で200-300万でしょう)を払い、今後は不倫関係を解消し、少なくとも相手の配偶者が離婚に応じるまでは、2度とそういう関係にはならないということです。

    ・逆に、ある程度、柔軟に対応するということでしたら、相場以上や通常はなくても、相手の条件をのめる限り飲んで、その代わり離婚してもらい、貴方と相手は交際を続ければよいでしょう。


    どちらを選択するかはあなたや交際相手と相手方次第でしょう。
    都合のよいところを、それぞれとるということは難しいと思います。

    やくざの介入のようなものは断固として拒否すべきでしょうが。

  • 弁護士ランキング
    埼玉県1位
    タッチして回答を見る

    1.相談者と既婚の交際相手ですが,今後,お二人はどうしたいのでしょうか。
    2.お二人で一緒の人生を歩むのでしょうか。
    3.そうであれば,そのことが実現できるように時間をかけて話し合うしかありません。
    4.慰謝料を含む解決金の支払い,相手の男性の住宅の処理などの問題もあります。
    5.相談者と相手の男性とお二人で弁護士相談を受け,正直の敬意と希望を述べ,力になってくれそうであれば妻側との交渉を委任すべきです。
    6.相手は感情的なっているようですから,当事者同士で話し合っても泥沼にはまります。

この投稿は、2015年07月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す