悪意の遺棄。悪意の遺棄にあてはまりますか?

公開日: 相談日:2014年04月02日
  • 2弁護士
  • 2回答

悪意の遺棄にあてはまりますか?
夫から離婚を申し立てたきた場合、夫は不利になりますか?

1。夫が浮気をして、納得承諾なしに家を出て別居。
2。会社を辞めたと言って生活費を払わない。(調停で婚姻費用の審判が出ている)
3。夫が女と会い帰りが遅かった。連絡が取れなかった。

4。次の就職先で健康保険等、私を扶養に入れない(現在私は、精神科に通院中です。)

あと、悪意の放棄との理由で慰謝料請求出来ますか?
不貞の慰謝料は現在相手方(夫の不倫相手と裁判済み)決着が着いたのですが
もし、離婚となった場合夫への慰謝料請求はあきらめてました。
不貞は時効三年となってましたので
悪意の放棄の慰謝料請求の時効はありますか?

生活費を払いたくない為に、夫にいきなり仕事を辞め生活費を払わないと言われ。
保険証も自分でしてくるれと言われ
不倫され家を出て行かれ
途方に暮れています。
今日、裁判所、保険事務所、市役所を回り相談して来ましたが、散々な結果で
本当に、やれた者勝ちの世の中と辛い思いをするばかりでした。

243092さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士 A

    タッチして回答を見る

    悪意の遺棄にあてはまりますか?
    >はい。
    夫から離婚を申し立てたきた場合、夫は不利になりますか?
    >そうですね。
    もし、離婚となった場合夫への慰謝料請求はあきらめてました。
    不貞は時効三年となってましたので
    >離婚後6ヶ月を経過するまでは時効は完成しません。民法159条。

  • タッチして回答を見る

     ご質問に記載された1,2,3だけでは離婚原因となる「悪意の遺棄」には当たらないと思われます。
     ただ、1で記載されている不貞行為を離婚原因として離婚を求めることができる可能性があります。

     そして、不貞行為などの不法行為の時効は不法行為を知った時から3年ですが、不貞行為による離婚に基づく慰謝料請求は離婚成立の日から3年と解することが可能です。

     したがって、がくさんが夫の不貞行為によって離婚を決意し、夫の不貞行為によって離婚を余儀なくされた精神的損害に対する慰謝料を請求できるかもしれません。
     ただ、その場合でも不倫相手から支払われた金額は考慮されます。
     たとえば、不貞行為による損害が300万円と認定されて、すでに不倫相手から150万円が支払われていた場合には、夫から残りの150万円を請求できると考えられるでしょう。

この投稿は、2014年04月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す

弁護士回答数

-件見つかりました