二件の訴訟で判決が異なる場合がありますか

これから訴訟を控えています。
一件は相手の不貞行為による離婚訴訟。
(現在調停中ですが、不成立にするつもりです)
もう一件は不倫相手に対する損害賠償賠償請求(慰謝料請求)

ともに同じ証拠で訴訟に臨もうと思っていますが、それぞれの裁判で不貞の有無について判決が分かれる事があるのでしょうか。

二件は別件のため、弁護士に依頼する際の着手金など多くかかってしまうため、同時にやるか、離婚訴訟で不貞の判決が出てから相手方に対し損害賠償請求しようか迷っています。
また、判決が分かれる可能性があるというのであれば離婚訴訟で認められなかったとしても、損害賠償請求を不倫相手にする意義もあると思います。
2013年12月19日 10時38分

みんなの回答

八坂 玄功
八坂 玄功 弁護士
ありがとう
別の裁判官が判断するので、当然には一致した判断とはなりません。

2013年12月19日 11時03分

秋山 直人
秋山 直人 弁護士
ありがとう
2件の訴訟で判決が異なる場合はあり得ます。

例えば,離婚訴訟で不貞が認められなくとも,不倫相手に対する損害賠償請求訴訟の担当裁判官の判断が,離婚訴訟の判決に拘束されるわけではありません。

ただ,同じ証拠が出ていて,相手の争い方も同じであれば,現実には,裁判官の判断が分かれることは少ないと思います。

2013年12月19日 11時04分

弁護士A
ありがとう
1 一つの訴えで、妻に愛する離婚及び慰謝料請求、不貞相手に対する慰謝料請求をする場合には、不貞行為の有無についての裁判所の判断が分かれることはありません。
2 別々に訴えた場合には、妻相手の離婚訴訟では、原告であるあなたと被告である妻の本人尋問は、離婚訴訟の手続で行われ、不貞相手の本人尋問は、その慰謝料請求の訴訟で行われ、それぞれ、別の訴訟には、本人尋問調書が提出され、それぞれの訴訟手続で、2回本人尋問ないし証人尋問が行われることは、通常はありません。そこで、離婚訴訟の裁判官は、不貞相手の男性については、本人尋問調書(書面)で心証をとるので、法廷で実際に質問に対する供述を聞いた裁判官とは心証が違う場合があり得ます。
3 不貞行為についての証拠がはっきりしている場合には、両訴訟で不貞行為の有無について違う結論が出る可能性は少ないでしょうが、不十分な間接証拠で立証する場合等には、裁判官によって、結論が違うことがあり得るでしょう。

2013年12月19日 16時18分

相談者
わかりやすいご回答ありがとうございました。不思議な話ですが、やはり判決が分かれる場合があるのですね。
地方の家裁なので、民事担当の裁判官が3人ほどしかいなく、同じ裁判官になる場合もありえますので、弁護士の方と相談し、出来るだけお金を取れる方法を検討したいと思います。

2013年12月19日 19時11分

この投稿は、2013年12月19日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

不倫相手に支払ってもらえる慰謝料額

不貞行為を理由とする慰謝料は、配偶者だけではなく、配偶者と性的関係を持った不倫相手にも請求することができます。不倫相手からは、どのくらいの慰...

配偶者の不倫を理由に離婚する場合の慰謝料の相場と用意するべき証拠

配偶者が不倫をしていたことが明らかになった場合、心に深い傷を負うこともあるでしょう。配偶者の不倫を理由に離婚するとき、そうした心の傷への償い...

社内不倫で不倫相手から慰謝料が支払われない場合

配偶者の社内不倫が発覚した場合、配偶者やその相手に対して、どのような請求ができるのでしょうか。不倫相手が慰謝料を支払うことに同意したにもかか...

不倫慰謝料の相場や請求方法・時効

パートナーに不倫されてしまったら、パートナーや不倫相手に慰謝料を請求したいと思うでしょう。不倫されたとなれば感情的になってしまうのも無理はな...

不倫発覚が離婚調停中だった場合に慰謝料請求できる?

配偶者の不倫が発覚した場合、離婚だけでなく「慰謝料を請求したい」と考える人もいるでしょう。では、不倫が発覚したタイミングが、すでに離婚に向け...

今するべきことがわかります

今するべきことがわかります 離婚・男女問題のやること診断

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

この相談に近い法律相談

  • 損害賠償請求の少額訴訟の判決について

    慰謝料を請求したところ自分の考えよりもあまりにも低かったので少額訴訟をおこし、裁判で慰謝料を決めてもらうのがいいのではないかと思い、少額訴訟を考えています。 判決としては ○原告の訴えた賠償額を採用 ○被告の訴えた賠償額を採用 このどちらかになるのでしょうか? それとも過去の判例等から裁判官が賠償額を決めると...

  • 慰謝料請求の根拠

    訴訟で慰謝料を請求する場合、裁判官から算定根拠の説明を求められるものなのでしょうか?ご教授願います。

  • 慰謝料請求(損害賠償請求)

    相手方の子の連れ去りによって、精神的苦痛を受けた場合、慰謝料請求(損害賠償請求)は出来るのでしょうか?現在、子の引渡しと保全を申し立てていますが、離婚訴訟はしていません。 そのような場合で請求可能な場合は、家庭裁判所になるのでしょうか?それとも、通常の民事訴訟を提起し、金額にもよると思いますが、簡易裁判所もしく...

  • 損害賠償請求訴訟中に

    もし、裁判官が原告の請求する訴額が低いと判断した場合は訴額変更が可能な指摘をする場合がありますか? 若しくは 何の指摘もせずに訴額を上回る判決を出すだけですか?

  • 併合された離婚訴訟と慰謝料請求訴訟の控訴

    私の不貞相手に対する慰謝料請求訴訟が、地方裁判所に提起されました。その後に提起した離婚訴訟と併合され、先の慰謝料請求訴訟は、家庭裁判所に移送されています。 このまま判決となり、一部の決定に不服、例えば慰謝料と財産分与に不服があり、控訴をする場合、あるいは控訴された場合、私(離婚裁判)と不貞相手(慰謝料請求裁判...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

離婚・男女問題の「トラブル体験談」

Aさん(30代女性)

DVを繰り返す夫から自由に - 2人の子どもの親権と養育費を勝ち取ったAさんの体験談

  • DV
  • 親権
  • 養育費
  • 面会交流

結婚11年目のAさんは、パートで働きながら8歳と10歳の子どもを育てる母親でした。会社勤めをしている夫は、家事や育児に協力しないだけでなく...

Bさん(20代女性)

性格の不一致から夫との生活が苦痛に - うつ病を患いながら離婚を成立させたBさんの体験談

  • 性格の不一致による離婚
  • うつ病
  • 新居の処分

結婚1年目のBさんは、夫と共働きの二人暮らし。当時仕事に追われていたBさんは、家庭内での夫の態度に違和感を覚えるようになっていました。B...

Cさん(40代女性)

育児・家事に無関心な夫と離婚 - 3人の子どもの親権・養育費を争ったCさんの体験談

  • 親権
  • 養育費
  • 財産分与
  • 年金分割

Cさんは、3人の子どもを育てる専業主婦でした。公務員の夫は、結婚当初から家庭内のことに無関心でした。「子どもが生まれたら変わるかな」と...

依頼前に知っておきたい弁護士知識

慰謝料に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料
弁護士検索へのリンク

不倫慰謝料の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

離婚・男女問題のニュース

  1. 「あまりに理不尽」恩師からのキスで、妻に30...
  2. 単身赴任は別居なの? 不倫し放題の夫「オレ...
  3. 妻に不倫された夫が「もう一度、ホテルへ行っ...
  4. 教員の30代夫が「職場不倫」、相手は「50代女...
  5. 「胸を見せて!」夫がハマったライブチャット...
  6. 交際中の人妻が妊娠、一緒になりたいのに夫が...
  7. 既婚の彼と結婚したい!「駆け落ちしちゃえば...

活躍中の弁護士ランキング

離婚・男女問題の分野

ピックアップ弁護士

弁護士検索へのリンク

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。