不貞慰謝料もらえない泣き寝入り?

公開日: 相談日:2022年06月11日
  • 2弁護士
  • 7回答

【相談の背景】
不貞裁判中です。主人と浮気女性2人に訴訟してます。2人とも尋問に欠席とのことです。
わたしの弁護士は争点がないから、尋問も意味はないと言われ和解をすすめられました。わたしは双方の口から真実を聞きたく、圧力をかけたいので、尋問をしました。

【質問1】
尋問に出なければ被告はデメリットになるのになぜ出ないのか?

【質問2】
弁護士が尋問しても意味はないとか被害者の私に言う弁護士いますか?面談だからとか正直あるのですか?

【質問3】
双方から自己破産の受任通知がきました。免責なるのですか?これは、もう判決書もただの紙切れにすぎないのですか?

【質問4】
自己破産されたら、強制執行、財産開示、情報開示の請求など何もできなくなるのですか?双方無職です。泣き寝入りですか?

1153428さんの相談

回答タイムライン

  • タッチして回答を見る

    【質問1】
    尋問に出なければ被告はデメリットになるのになぜ出ないのか?

    これは何とも言えません。質問者に会いたくないだけかもしれません。私も相手女性の代理人として担当した事案で,裁判官が被告本人尋問を必須と考えていた事案がありました。当該事案で依頼人(相手女性)が被告本人尋問をドタキャンし,判決書にもそれを指摘され,比較的高額の慰謝料が認容されてしまったことがあります。
    ただ,本件は,相手女性はどのみち自己破産で免責されるからいいやと考えている可能性もあるでしょう。特に,女性が貸金業者などから中途半端な債務(20万円から70万円くらい)を負っている場合,むしろ質問者からの請求が認容されることで自己破産の要件である「支払不能」(破産法2条11号,15条1項)の要件が充足されて好都合と考えている可能性もあります(70万円くらいまでの債務だと,「支払不能」とは認定されないであろうという意味です。)。この場合は質問者が女性の自己破産を助けている形ですね。

    【質問2】
    弁護士が尋問しても意味はないとか被害者の私に言う弁護士いますか?面談だからとか正直あるのですか?

    あまり良い言い方ではないかもしれませんが,被告を尋問しても意味がない事案もあることは事実です。

    【質問3】
    双方から自己破産の受任通知がきました。免責なるのですか

    不貞慰謝料は九分九厘免責になります。

    ?これは、もう判決書もただの紙切れにすぎないのですか?

    そうなるでしょう。例えは悪いですが,ホームレスに対する請求認容判決がただの紙切れに過ぎないのと同じです。

    【質問4】
    自己破産されたら、強制執行、財産開示、情報開示の請求など何もできなくなるのですか?双方無職です。

    そのとおりです。

    泣き寝入りですか?

    質問者は,夫の免責許可決定が確定した以降に,夫に離婚を請求すれば,破産免責の事実にかかわらず,夫に対する相当額の離婚慰謝料請求は可能です。ただ,これも執行は容易ではないでしょうね。


  • 弁護士ランキング
    東京都4位

    澤田 剛司 弁護士

    注力分野
    離婚・男女問題
    タッチして回答を見る

    質問1
    尋問に出てこない被告もいます。

    質問2
    正直なところ、不貞の事実等の立証ができているのならば尋問に判決が大きく変わることはないです。民事事件においてはある種セレモニー的な要素もございます。

    質問3
    自己破産された場合、ほぼほぼ慰謝料であっても免責になると思います。

    質問4
    お気持ちは理解できます。言葉が正しいかは別として、泣き寝入りになってしまうでしょう。

  • 相談者 1153428さん

    タッチして回答を見る

    川面先生
    バッサリ回答ありがとうございます。
    尋問に出ないと争点なくとも、裁判官の心証が悪くなるから、金額も跳ね上がりますよね?

    自己破産されたら、お手上げということですね?非免責としたら、私が不倫はやめてと2人に言って、別れたのにまたコソコソ復縁されました。これは悪意の遺棄では?

  • 相談者 1153428さん

    タッチして回答を見る

    澤田先生
    ご回答ありがとうございます。
    自己破産の非免責の例外として、悪意の遺棄とありますが、
    私が2人に不倫は止めるよう忠告して、別れたと言ったのに、再継続は悪意でありませんか?
    悪質と悪意の遺棄は意味が違うのですか?
    なぜか、私の弁護士は復縁は悪意の遺棄ではないと言います。信用できません。

  • タッチして回答を見る

    > バッサリ回答ありがとうございます。
    > 尋問に出ないと争点なくとも、裁判官の心証が悪くなるから、金額も跳ね上がりますよね?

    そういうこともありうるということです。これは裁判官次第かもしれません。被告本人の尋問は,希望しないのであれば特に構わないとあっさり対応する裁判官もいます(こちらの方が多数はかもしれません。)。私の経験した事案は,裁判官が被告本人の出廷が必要と言っていたのに,被告が当日ドタキャンしたので,特殊な事案かもしれません。

    > 自己破産されたら、お手上げということですね?

    破産手続開始決定時前の原因に基づく債権については,原則そうなります。ただし,質問者は離婚したわけではないので,破産手続開始決定時以降に取得した債権の請求は妨げられません。ですので,破産手続開始決定時以降に夫と離婚すれば,夫に対する離婚慰謝料請求は妨げられないことになります(ただし,債権回収が容易ではなさそうなのは前述のとおりです。)。

    非免責としたら

    不貞慰謝料は,免責されることにほぼ間違いありません。

    、私が不倫はやめてと2人に言って、別れたのにまたコソコソ復縁されました。これは悪意の遺棄では?

    「悪意の遺棄」(民法770条1項2号)に該当するでしょう。このことも理由に離婚慰謝料請求するとすれば,夫に対しては,「不貞な行為」(民法770条1項1号)に加えて「悪意の遺棄」をも離婚慰謝料の理由になるため慰謝料額を増大させる要素になるとはいえるでしょう。


  • 相談者 1153428さん

    タッチして回答を見る

    川面先生
    細かくご回答ありがとうございます。
    参考になります。

    自己破産の非免責は、例外の事案も、あるとネットに記載あったので、
    悪意の遺棄として、不貞相手に債権者の場で意見を言い、非免責にさせようと思いましたが、無駄ですよね?

  • 相談者 1153428さん

    タッチして回答を見る

    主人には離婚慰謝料は高額とれそうですね。不貞慰謝料も加えて。
    ただ、不貞相手にも支払わせたいんです。

  • タッチして回答を見る

    自己破産の非免責は、例外の事案も、あるとネットに記載あったので、悪意の遺棄として、不貞相手に債権者の場で意見を言い、非免責にさせようと思いましたが、無駄ですよね?

    悪意の遺棄は,あくまで離婚事由であって,非免責債権該当事由ではありません。
    不貞相手に対する不貞慰謝料は,ほぼ間違いなく免責されます。


  • タッチして回答を見る

    > 主人には離婚慰謝料は高額とれそうですね。不貞慰謝料も加えて。

    ここは,正確には,不貞行為と悪意の遺棄を理由とした離婚慰謝料になります。破産手続開始決定時までの不貞慰謝料自体は,免責許可決定の対象になります。

    > ただ、不貞相手にも支払わせたいんです。

    そうはいっても,お金に色はついていません。

  • 相談者 1153428さん

    タッチして回答を見る

    それが日本の法律ということですね。
    ありがとうございました。

    債権者集会で意見を言っても免責なるなら、なぜそんな場が設けられるのでしょうか?

  • タッチして回答を見る

    > それが日本の法律ということですね。

    そもそも今日,世界の文明国で,不貞行為の相手方に対する慰謝料請求を原則的に肯定している国はわが国だけです。本当はこのことは,世界に向けて非常に恥ずかしいことなのです。私は,わが国でも令和の時代中に,不貞行為の相手方に対する責任追及は大幅に制限されるように実務は動くと予想しています。

    > 債権者集会で意見を言っても免責なるなら、なぜそんな場が設けられるのでしょうか?

    それは事案次第だからでしょう。
    例えば,債務者は生活苦から借金したと申告しているが,実はパチンコ狂いで多重債務になったといった事情を債権者が述べることがありうるでしょう。
    不貞慰謝料については,通常は免責されると思いますが,害意をもって不貞行為に関与したような場合,例えば別れさせ屋などは非免責債権になるかもしれません。
    破産法の下記条文中の「悪意で」という言葉は,通常の法律で使う「事実を認識して」という意味ではなく,文字どおり,「害意をもって」という意味であると解されています。


    破産法
    (平成十六年法律第七十五号)

    (免責許可の決定の効力等)
    第二百五十三条 免責許可の決定が確定したときは、破産者は、破産手続による配当を除き、破産債権について、その責任を免れる。ただし、次に掲げる請求権については、この限りでない。
    一 略
    二 破産者が悪意で加えた不法行為に基づく損害賠償請求権
    三 破産者が故意又は重大な過失により加えた人の生命又は身体を害する不法行為に基づく損害賠償請求権(前号に掲げる請求権を除く。)
    四号以下 略
    2項以下 略

この投稿は、2022年06月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す