ダブル不倫が相手の奥様に知られてしまいましたが、旦那に知られずに済む方法はありますか。

公開日: 相談日:2022年05月07日
  • 3弁護士
  • 3回答
ベストアンサー

【相談の背景】
 不倫相手の奥様から連絡がありました。奥様からは話し合いの場を持ち、合意書にサインをしてもらう、慰謝料の請求も行うと言われています。日時・場所も決まっております。
 私も結婚しており、旦那には言うつもりはないとお話しをさせてもらっています。慰謝料に関しては、金額によりますが支払う意思はあります。
 不倫期間は5ヶ月ほど。不貞行為は10回程度でした。その間別れていた期間もあり実際は4ヶ月程度の関係でした。
 
 

【質問1】
 話し合いの前に合意書の内容を確認させて欲しいと連絡していますが返信が来ません。合意書の確認ができなければ話し合いに応じることはできないと伝えて大丈夫でしょうか。

【質問2】
 自分勝手ですが、自分の家庭は壊したくありません。自分から旦那に伝えるつもりはないと明言してしまいました。この場合、慰謝料を支払うことで旦那にバラさないと約束してもらうことは可能でしょうか。

【質問3】
 関係を持っていた期間や、旦那に伝えないと約束をしてもらうにあたって(もし可能であれば)妥当な慰謝料の金額はいくらでしょうか。

1142015さんの相談

この相談内容に対して 弁護士への個別相談が必要なケースが多い

と、1人の弁護士が考えています

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    東京都6位

    泉 亮介 弁護士

    注力分野
    離婚・男女問題
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    1. 事前に合意書の内容を確認しておくことは一般的ですので伝えても問題ないでしょう。

    2. 合意書の中に口外禁止条項として盛り込んでおけば防げる可能性は高いと思われます。

    3. 相手方が離婚をするのかどうか、別居をするのかどうかによって慰謝料の金額は変わって来ます。口外禁止も入れるとなると、多少高めに支払いをする必要は出てくるでしょう。

  • 弁護士ランキング
    京都府6位

    新保 英毅 弁護士

    注力分野
    離婚・男女問題
    タッチして回答を見る

    不貞慰謝料相場は、相手方が離婚に至っていないのであれば、50~100万円程度となることが多いですが、支払った慰謝料の内、責任割合に応じて相手男性に求償(分担)を請求することが可能です。
    相手男性に求償請求しない条件であれば、上記金額からの減額を要求することも考えられます。
    暴露を防ぐために合意書に口外禁止条項を設けることが考えられます。

    事案の性質上、相手方が感情的になっている可能性が高いので、少しでも暴露のリスクを下げるためにも、弁護士に依頼して、対応された方がいいでしょう。

  • 弁護士ランキング
    大阪府3位

    森田 英樹 弁護士

    注力分野
    離婚・男女問題
    弁護士が同意
    1
    タッチして回答を見る

    【質問1】

     話し合いの前に合意書の内容を確認させて欲しいと連絡していますが返信が来ません。合意書の確認ができなければ話し合いに応じることはできないと伝えて大丈夫でしょうか。

    ・・・事前に内容確認できなければ 当日署名に応じることはできないと伝えておくべきでしょう。

    【質問2】

     自分勝手ですが、自分の家庭は壊したくありません。自分から旦那に伝えるつもりはないと明言してしまいました。この場合、慰謝料を支払うことで旦那にバラさないと約束してもらうことは可能でしょうか。

    ・・・不貞行為について 第三者に他言を禁じるという 秘密保持の約束を行うことは可能ですし ご質問のケースではぜひとも条件とすべきでしょう。

    【質問3】

     関係を持っていた期間や、旦那に伝えないと約束をしてもらうにあたって(もし可能であれば)妥当な慰謝料の金額はいくらでしょうか。

    ・・・100万円程度でしょう。
    ただ 相手は現時点では感情的になっており 妥当な金額=相場での解決に容易に応じてこない可能性が高いでしょう。
    その場合には 弁護士に相談依頼されるのが 結果的には得策となるはずです。

この投稿は、2022年05月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す

弁護士回答数

-件見つかりました