不倫相手の彼氏との合意内容(慰謝料額の妥当性と守秘義務の考え方について)

公開日: 相談日:2022年04月03日
  • 1弁護士
  • 2回答
ベストアンサー

【相談の背景】
30代既婚男性です。職場の後輩と2ヶ月程度不倫関係にありましたが、同職場に勤めている後輩の彼氏にバレてしまいました。
後輩の彼氏にはすぐに謝罪の場をもうけ、後輩と私との関係解消、接触しない約束をしています。
後輩の彼氏からは、「私の家族に話す気はあるのか?」「自分達は交際関係を解消しようと思っているが、職場で後輩と彼氏の交際を知っている人に対しどう説明したらいいか?」など投げかけられています。
不倫関係を解消することから、「私の家族には話すつもりはない事」、「交際関係を知る人への説明は交際当事者の2人が考えること」と返答し、支払い義務は無いものの、彼氏の精神的苦痛と私への制裁のバランスを考慮し、(支払い義務はないとはいえ)慰謝料(示談金)の支払いを含めた合意書を取り交わそうと思っています。合意書には「第三者に開示しない」守秘義務条項を入れています。

【質問1】
不貞行為は2ヶ月で計4回です、相手が交際関係であることから、支払額は30万で考えてます、妥当でしょうか?

【質問2】
「不特定多数には言わないが交際関係を知る人に解消の理由として私の名前を伝えた場合は違反したことになるか」と彼氏から言われていますが、当然そのように理解してますが間違いありませんでしょうか?

1131739さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    三重県1位
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    【質問1】
    あなた自身もご理解いただいているかと思いますが、単なる交際関係ですので慰謝料の支払義務があるとは言えません。
    本来支払義務がない場面なので、支払額が「妥当」かどうか論じることができません。
    もっとも、仮に交際ではなく婚約であれば一定の賠償義務が生じ得ます。その場合は、100万円くらいの慰謝料になっておかしくありません。
    その対比で考えれば、30万円で妥当とも言えるでしょう。

    【質問2】
    「第三者に開示しない」わけですから、交際関係を知る人に開示しても違反になるとは言えるでしょう。
    もっとも、現実に違反しても責任追及できるかどうかは別です(相手が「俺は言ってない」と言い張られると証明できないこともあるように)。

  • 相談者 1131739さん

    タッチして回答を見る

    ご丁寧にありがとうございます。よく理解できました。
    守秘義務と接触禁止の条項に、守らなかった場合の違約金を設定しているのですが、彼氏としては職場内の交際関係を知る人に、関係解消にあたって不倫があったことを話すことにこだわりがあるようで、「名指しで言ってはならないのであれば慰謝料の増額を希望する」と連絡がきています。
    加害者という立場上言いづらいのですが、本来支払い義務の無いものを払おうとしている中、また「職場内で言われたくなければ」ととれる文脈での増額交渉なので、応じるか迷っています。
    ①職場内で話すことは私と不倫相手の名誉毀損にあたる行為であると考えますが、一般的にいかがでしょうか。
    ②本件とは別に、一般的に守秘義務に違約金を課す場合増額交渉につながると聞きますが、どれくらい増額されることが多いでしょうか。

  • 弁護士ランキング
    三重県1位
    タッチして回答を見る

    >①職場内で話すことは私と不倫相手の名誉毀損にあたる行為であると考えますが、一般的にいかがでしょうか。

    その通りです。
    もっとも、そのような行為で処罰されることは現実には考えづらいですし、名誉棄損による賠償額も大きな額になりません。

    >②本件とは別に、一般的に守秘義務に違約金を課す場合増額交渉につながると聞きますが、どれくらい増額されることが多いでしょうか。

    ばらされることの不利益がどこまで大きいかとの兼ね合いでしょうから、一概に言えません。
    ばらされれば解雇も予測されるようなケースであれば、500万円くらい払うこともあります。

この投稿は、2022年04月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す

弁護士回答数

-件見つかりました