不倫慰謝料50万求償権放棄合意した方が良いのでしょうか?

公開日: 相談日:2021年08月05日
  • 1弁護士
  • 2回答

【相談の背景】
不倫の慰謝料を相手方弁護士から50万円求償権放棄で提案されています。
不貞期間半年、離婚なしです。
この金額以下の慰謝料では合意しないそうです。

相手弁護士は成功報酬制度をうたっている大手の過払金請求のイメージの強い法律事務所の弁護士です。

シングルマザーでお金が全くない事を伝えています。相手男性が上司で断りづらかった事や、相手から積極的に誘ってきて元はダブル不倫だったのですが、私は離婚をして養育費等も貰わず生活しています。元旦那は相手に請求していません。そのため50万円も払いたくないと思っております。

今は50万円求償権なしで合意しないなら、相手弁護士は裁判します。と言われている状態です。裁判が始まる前に持っている財産は全て隠したため、相手弁護士には裁判されても強制執行できるものはない旨伝えています。

50万円は払えない額では無いですが気持ちが納得しないので、払うか、逃げるか迷っています。

【質問1】
慰謝料50万円求償権放棄は払う側としてはいい条件でしょうか?(ストレスや裁判に使う時間などを考えて)

【質問2】
またこちらが裁判しても良いと伝えると、取れない相手のため依頼人に裁判はしないと弁護士から断る事は在りますか?それともたとえ取れないと分かっていても依頼者のため裁判はするのでしょうか?

【質問3】
裁判になってしまった場合、こちらがダブル不倫で離婚して、相手男性には慰謝料請求してない事は慰謝料の減額条件になりますか?

1052093さんの相談

この相談内容に対して 弁護士への個別相談が必要なケースが多い

と、1人の弁護士が考えています

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    三重県2位
    弁護士が同意
    1
    タッチして回答を見る

    【質問1】
    それほどいい条件とも言えません。
    離婚しない場合の不倫慰謝料としては,100万円くらいが相場です。
    もっとも,求償権行使の場合に問題となるあなたと不倫相手の責任割合は5:5とは限りません。
    そもそも不倫の第一的責任は配偶者にあることから,配偶者7割とした例も一定数ありますし,ご質問の上司・部下関係という事情からも5:5とは限らないでしょう。
    したがって,50万円が適正とは言い切れません。

    あなたがとことん争う覚悟があるなら,あくまで事実関係次第ですが,そもそも上司から誘われたのが上下関係を利用しておりセクハラ的行為であったとして,相手男性の会社を訴える(そういう対応をすると相手に告げる),という対応も考えられます。


    【質問2】
    依頼者がお金を払うなら引き受けることもあるでしょう。弁護士の方針次第です。
    一概に言えませんが過払型事務所ですと,とにかく裁判はしたがらず,交渉で請求していても,拒否していたら裁判されないまま終わったというケースもありますね。
    相手弁護士事務所HPの料金を見ると、ある程度予測がつきやすいこともあります。

    【質問3】
    減額事情にはならないでしょう。

  • 相談者 1052093さん

    タッチして回答を見る

    相手は〇〇法律事務所(法律事務所名)ですが、今回の場合だと50万円の慰謝料を支払うと相手の弁護士費用が40万円程で、奥さんの手元に残るのは10万円程のようです。ネットで調べました。

    こちらとしては30万円まで減額したいのですが、依頼者の奥さんにはお金は入らなくなるのでやはり受け入れずに裁判をしてくる可能性が高いでしょうか?

    やはり覚悟が無いなら大人しく支払う方がいいのでしょうか、、、

  • 相談者 1052093さん

    タッチして回答を見る

    相手の弁護士登録年が2021年で弁護士になりたての方でした。経験をつむため裁判したくなるものでしょうか?
    どうすればこの弁護士に私が裁判で判決を取ったとしても支払わないことを分からせ、30万円で奥さんに納得してもらえるように説得を促す事は可能でしょうか?交渉術などあれば教えていただきたいです。

  • 弁護士ランキング
    三重県2位
    タッチして回答を見る

    経験をつむためなら裁判する方がいいです。
    あくまで一般論ですが,過払型の事務所は,とにかく早く事件を解決して事件を回転させることを重視しているのです。
    交渉でどうにかなることではないので,開き直って無視してもいいでしょう。
    裁判にすると相手の弁護士費用負担も大きくなる料金体系になっているので,簡単には裁判に踏み切れないと思いますよ。

この投稿は、2021年08月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す