夫婦円満調停について

公開日: 相談日:2021年05月09日
  • 1弁護士
  • 1回答
ベストアンサー

【相談の背景】
夫が不貞行為を繰り返すので離婚も考えていますが、離婚を最終手段に子供の為にも再構築と離婚とで揺れ動いている現状です。以前家事調停で不貞相手とは関係を解消し会わない・連絡をとらないと成立しました。慰謝料は貰っていません。しかしその後も関係が続いていたことが分かったので夫に対し慰謝料請求を考えています。子ども名義の貯金も使い込むなど金銭面でも困り返金要求したいと思います。また再構築できるなら前回の家事調停の成立内容を一部追加・修正したいと考えています。円満調停で再構築が望めないと感じた場合離婚調停で慰謝料・親権など主張予定です。

【質問1】
この場合、まずは夫婦円満調停を申し立てその内容に夫に対する慰謝料請求や子ども名義の貯金の返金もも盛り込めば良いでしょうか? それとも別の申し立てが必要でしょうか?

1024603さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    岡山県3位

    川崎 政宏 弁護士

    注力分野
    離婚・男女問題
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    離婚ではなく、まず夫婦関係の再構築から検討したいのであれば、円満調整調停を申し立て、その中で、再構築の前提として、不貞行為の清算、今後の生活に向けての決め事を提示していけばよいと考えます。

    不貞行為の清算のしかたとして、謝罪だけでよいのか、慰謝料を払ってもらうか、話し合いの中で詰めて行けばよいです。

    そうした話し合いに向けて、相手方に真摯な姿勢がないようであれば、調停を円満調整から離婚に切り換えていけばよいです。別の申立てをする必要はありません。申立の趣旨を途中で変更すればできます。

この投稿は、2021年05月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す