別居中に不倫相手と同居している妻への生活費について

公開日: 相談日:2020年05月08日
  • 3弁護士
  • 3回答
ベストアンサー

別居して1ヶ月がたちました。
いまは離婚協議中で親権などを争っています。
きっかけが妻の職場内不倫です。
妻は今まで住んでいたアパートに3歳と2歳の子どもと不倫相手の男と住んでいます。
昨日、妻から生活費を振り込んでほしいと連絡がありました。
私は子どものためなら払えますが、不倫相手と生活している費用まで払いたくありません。
妻はお金遣いが荒く、今までも借金をしていたり、勝手に私のクレジットでローンを組んでいたことがありました。

そこで質問です。
私は全ての生活費を払う必要がありますか?
また、相場や払わなければいけない費用は何かなどを知りたいと思っています。
よろしくお願いします。

918727さんの相談

回答タイムライン

  • 吉浦 勝正 弁護士

    注力分野
    離婚・男女問題
    タッチして回答を見る

    妻の不貞を原因として別居し、その妻から婚姻費用の請求があったケースにおいて、権利濫用として妻の生活費分の請求を認めなかった判例はあります。
    この場合、養育費相当額が認められることになると思います。
    婚姻費用や養育費については、裁判所のホームページに算定表がありますので、ご参照ください。

  • 弁護士ランキング
    広島県1位

    井上 祐司 弁護士

    注力分野
    離婚・男女問題
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    婚姻費用の支払義務は生じますが,不貞が原因で離婚に至る場合,婚姻費用の請求に対しては,子どもの生活費である養育費相当部分については支払は免れないものの,配偶者の生活費部分については基本的に負担する必要がないというのが多くの判例が一貫して採用する考え方です。

    したがって,当面は双方の収入から導き出される子どもの養育費部分のみ,あるいは合理的に算定される子どもの監護費用相当額を支払えば足りると考えます。

この投稿は、2020年05月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから