無実の不倫で離婚裁判をおこされました

夫から、事実無根の不倫で離婚裁判を起こされました。事実も証拠もありません。現在は、私が家をでて別居中です。夫側は、同居中、私が第2子を妊娠中からから数年間不倫をしていました。裁判でも、不貞は認めていますが、それは家庭内別居状態で、婚姻破綻後であった、と離婚裁判で主張しています。離婚裁判はすでに1年以上にわたっています。幼児の子育てをしながら、書類の準備は負担です。無実の罪で訴えられた犯罪者の気分なのですが、どうしようもないのでしょうか?裁判官と相手方の弁護士は、財産分与に一番興味をもっている、と当方の弁護士は言っています。
3154さん
2011年08月07日 11時59分

みんなの回答

弁護士A
ありがとう
基本的には,訴えを起こされている以上,受けて立たないといけません。
その意味では,どうしようもありません。

ただ,相手方の不倫の主張が,全く根拠がないものであることを相手方が知りながら,敢えてそのような主張をしているという場合には,不法行為が成立し,当方から相手方に対して損害賠償請求をできる場合もあり得ます。
現在,委任をされている弁護士に,一度,ご相談されてはいかがでしょうか。
但し,そのようなケースは,極めてレアではあります。

2011年08月07日 12時19分

松野 絵里子
松野 絵里子 弁護士
ありがとう
貴殿のご主張からすれば、貴殿は相手の有責性をベースに有責配偶者の抗弁を出して離婚そのものを拒否することも可能な状況ですので、貴殿が離婚したいのかどうかきちんと考えてご自分の弁護士と戦略を練ったほうがよいでしょう。
相手が貴殿の不貞を証拠もなく主張しても証拠無しでは認定されないでしょうから、そもそも離婚原因がなくて相手は敗訴なのではないでしょうか。ただ、貴殿も離婚する気があるなら離婚したら、財産分与がどうなるのかが確かに大きなポイントとなっていくだろうと思いますね。
きちんと婚姻費用はもらっているのですよね。

2011年08月07日 15時00分

3154 さん (質問者)
ご回答いただきありがとうございます。婚姻費用は、夫の給与の約10分の1をもらっております。以前のような贅沢はできませんが、生活はしていけます。夫のDVのせいか、子供たちは発達障害などで児童精神科通いです。子供たちは、父親を慕っており、離婚を嫌がっています。婚姻関係を、愛人より優位である、と感じるための心のよりどころにしています。そして、私自身も、離婚したくないと主張していますが、なかなか結審にはいたらないようです。裁判官は、何かというと、それじゃ、離婚で、と離婚に誘導しようとする、と私の弁護士は言っております。それゆえ、相手の有責性も強く主張できない、ということでした。最近の裁判では、子供がいても、すぐ離婚、という傾向にある、と弁護士は話しています。

2011年08月07日 17時44分

松野 絵里子
松野 絵里子 弁護士
ベストアンサー
ありがとう
有責配偶者が離婚を請求できないという判例法理は今もありますが、一方で、ただ別居をつづけているよりは条件を整えて離婚する方が建設的であるということはいえるかと思います。裁判官もできれば和解離婚でまとめたいというのはあるでしょう。
基本的には貴殿がどうされたいのか、婚姻費用だけもらえればこのままの生活でよいのか、ご自分の弁護士とじっくりお話されるとよいと思います。

2011年08月09日 17時08分

3154 さん (質問者)
私に不倫相手はいませんが、夫には不倫相手がいるので、夫側は早く離婚したいのだと思います。私としては、婚姻費用をもらいながら、現状の生活を続けることを最も希望しています。子供たちも、別居はしていても、夫とは今でも家族だ、という気持ちが強いのです。最近は、有責配偶者からの離婚裁判もルーチン化され、第1回目の期日から財産分与から入る、などという弁護士さんのブログの記載もありました。無理やり離婚させられるのかと、心配です。私だけならともかく、子供たちへの影響が心配です。私としては、夫に、DV加害者講習プログラムの受講などを希望しています。夫にDV・モラハラがある限り、子供への悪影響を避けるために、同居できません。アメリカやカナダでは、保護命令が下ると、裁判所命令で受講させられるそうです。治療効果は低く、費用対効果が低いせいか、日本ではそういった措置がとられることはありません。とても残念です。

2011年08月09日 19時38分

この投稿は、2011年08月07日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

何をするべきか知りたい方へ

離婚・男女問題_やること診断イラスト

簡単な質問に答えることで
今するべきことがわかります
やること診断

関連度の高い法律ガイド

配偶者の社内不倫が発覚したとき不倫の事実を会社に告げることのリスク

配偶者が社内不倫をしていることが発覚した場合、大きなショックを受けるでしょう。不倫相手に報復するために、会社に不倫を報告したり、不倫相手を辞...

「不倫」をくり返す配偶者…離婚する方法と慰謝料を請求する方法まとめ

配偶者の不倫が発覚したーー。裏切られたことへの悲しみや怒りなどから、離婚を検討する場合もあるでしょう。夫婦間で離婚に合意できれば、すぐにでも...

不倫や浮気の基準と不倫をやめさせ離婚や慰謝料を請求する方法

不倫されていたと知ったときには、怒りや悲しみが溢れ、取り乱したくもなるでしょう。しかし、浮気・不倫をやめさせたい、相応の補償を受けたい、離婚...

配偶者の不倫を理由に離婚したい場合の手続きの流れ

配偶者が不倫をしていることが発覚したーー。裏切られた悲しさから離婚を考える人もいるでしょう。「離婚をしたい」と切り出したけれど拒否された場合...

【離婚】配偶者と不倫相手の会話を録音…無断で録っても証拠になる?

配偶者の不貞行為を理由に、裁判で離婚や慰謝料請求を認めてもらうためには、その事実を証明する証拠が必要です。配偶者や相手方に不貞行為を認めさせ...

この相談に近い法律相談

  • 有責配偶者(夫)から、裁判所に離婚の訴えを起こした。

    1年前に夫が不倫を告白して不倫相手と結婚したいから離婚して欲しいと言われた。 その日から夫は実家に帰り別居状態になりました。 不倫相手とも事情確認と今後どうしたいのかを親を交えて話し合いをした。 不倫相手は不倫を認め、謝罪をして今後一切、夫と関わらないと約束した。 私と夫の話し合いですが 私の意見は「反省して...

  • 離婚判決を避けるには

     私が第二子妊娠中から不貞をしている夫から、離婚裁判を起こされてます。モラハラDVがあったため、3年前から、私が家をでて別居しています。  子どもは未就学児と小学生です。DV,不倫の影響で、子どもたちは児童精神科に通院して、投薬などの治療を受けています。  別件で相談した弁護士さんには、別居期間も短いので、最高...

  • 有責配偶者(不倫証拠あり) からの離婚裁判は、無視したらだめ?

    別居2年の主人が、有責配偶者で、不倫の証拠もあるのに、離婚裁判を起こしてきました。性格の不一致で、破綻を理由にして23年間を日記風にまとめてきました。 ❶ 不倫の証拠が、沢山揃ってるのに、裁判を受けなくてはなりませんか?離婚は、したくありません。 ❷ お金が、無いのですが、弁護士さんも雇わ無いと負けてしまい...

  • 高裁で保護命令取り消しは、今後の離婚裁判に影響する?

    地方裁判所で妻が告訴した保護命令を言い渡されましたが、 高裁で私の抗告が認められ、取り下げになりました。 妻は、保護命令期間中に離婚裁判をおこし、離婚や親権争いを有利に運ぼうと企んでいました。 妻は不倫をしていた事実もあり、私が離婚に応じ無い為、思うように離婚が進んでいませんでした。 今回の高裁での取り下げは...

  • 離婚裁判について

    1年半付き合っていた女性と妊娠を期に結婚し、その5か月後の出産を期に妻が子供連れて実家に帰ってしまい、離婚を要求されています。私は子どもと離れたくないこともあり、離婚したくないのですが、これまで離婚調停や婚姻費用などで一方的に裁判所に出廷させられています。別居してすでに1年半になります。 妻は離婚以外考えていなく...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

離婚・男女問題の「トラブル体験談」

Aさん(30代女性)

DVを繰り返す夫から自由に - 2人の子どもの親権と養育費を勝ち取ったAさんの体験談

  • DV
  • 親権
  • 養育費
  • 面会交流

結婚11年目のAさんは、パートで働きながら8歳と10歳の子どもを育てる母親でした。会社勤めをしている夫は、家事や育児に協力しないだけでなく...

Bさん(20代女性)

性格の不一致から夫との生活が苦痛に - うつ病を患いながら離婚を成立させたBさんの体験談

  • 性格の不一致による離婚
  • うつ病
  • 新居の処分

結婚1年目のBさんは、夫と共働きの二人暮らし。当時仕事に追われていたBさんは、家庭内での夫の態度に違和感を覚えるようになっていました。B...

Cさん(40代女性)

育児・家事に無関心な夫と離婚 - 3人の子どもの親権・養育費を争ったCさんの体験談

  • 親権
  • 養育費
  • 財産分与
  • 年金分割

Cさんは、3人の子どもを育てる専業主婦でした。公務員の夫は、結婚当初から家庭内のことに無関心でした。「子どもが生まれたら変わるかな」と...

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不倫・浮気に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

不倫の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

離婚・男女問題のニュース

  1. 夫婦間の「性的DV」…寝込みを襲われ、避妊に...
  2. 既婚の中年女性とワンナイト、恐怖の幕開け…...
  3. AV出演は「自己決定」なのか 「サインがあれ...
  4. 夫が結婚するまで精神疾患を隠していた! 4...
  5. はあちゅうさん妊娠、生まれてくる子と事実婚...
  6. 既婚男性「一緒になろう」と誘惑→離婚せず…「...
  7. 2年にわたって妻を誘惑する男、夫は「戦略的...

活躍中の弁護士ランキング

離婚・男女問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。