社内不倫から退職勧奨を受けた場合

会社の部下とのW不倫が会社にバレました。
唯一信頼していた部下(そのことを知っており、一緒に遊んだりする仲でした)がなんらかの理由で、上司に告げたのだと思います。
既に自分の妻や妻の両親、自分の両親は不倫の事実を知っており、家庭をやり直す方向で進めておりますが、会社に差出人不明の退職勧奨の文面が届いたり、靴の中に手書きの退職勧奨の文面が入っていました。
内容からして、直属の上司と社長を退いた会長からのものかと思われます。
(社長にはその内容を伝えてあり、おそらくその2人だろうという認識は持っていただいています。)

事の発端は直属の上司(役員)が私の相手にセクハラをしていたことを社内のCSRに通報したことを、今回の関係を知ったことで、私が通報に関与したことを快く思わなかったことからかと推測しています。
その上司も過去に不倫をしていた事実があり、会社は特に制裁を与えなかったようです。
社長はあくまでプライベートなことなので、会社は不倫に関しては関与しないと言いました。
ただ、社会的に何もないというのは、周りに示しがつかないということで、課長職から一般職に降格を受け入れ、職場の異動もしました。
ですが、そういった内容のものを送られるような状況です。
私が今回退職の勧奨をされることは当然のことなのでしょうか?
その文面を見てからは精神的に病んでしまい、病院で診察してもらった結果、適応障害で会社を休んでいます。
この場合、不倫の事実はあるのですが、慰謝料等を請求することは可能でしょうか?
2016年04月10日 18時22分

みんなの回答

波多野 進
波多野 進 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 大阪府10
弁護士が同意1
ありがとう
不倫があったとして直ちに退職や解雇には繋がらないと思います。辞めたくないのでしたら、また、現在精神的に追いつめられて休職している状況からすると、退職はできるだけ回避した方が無難と思います。慰謝料請求の問題もあるかもしれませんが、まずは従業員の地位を維持することに全力を尽くすのが無難と思われます。労働問題をよく担当している弁護士に相談してもらえればと思います。

2016年04月10日 19時06分

相談者
迅速な対応ありがとうございます。
会社の規模が小さいので、社長とも直接話ができる環境にあり、今までも何度か相談をしてきました。会社の将来を考えたときに必要だと言ってくれてはいますが、現実的に社内にこういった嫌がらせをする人間(しかも役員)がいる以上、これからもそれがエスカレートすることを考えたら、仕事をするのは厳しいでしょうとも言われました。
実際、退職しようと考えています。
自分でも、責任を持って職務を全うしてきましたが、上司としては裏切り行為とみなし、こういったことをしてきてると思うと、自分が信じてきたものは全て崩れてなくなりました。
こういった場合、1番良い形はどのような形がいいのでしょうか?
本当は加害者をギャフンと言わせたいのですが…
そこは大人になって、自分にとって一番良い形で退職しようと考えています。
ご回答のほど、宜しくお願い致します。

2016年04月10日 20時52分

波多野 進
波多野 進 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 大阪府10
ありがとう
辞めることは何時でもできるので、お体が万全ではない状況では休職しながら、傷病手当を請求するなど経済的苦境を回避しつつ、一番いい対応方法を労働問題をよく担当している弁護士と相談して決めるのが一番と考えます。慰謝料請求で得られるものは多くないことが多いので。

2016年04月11日 00時50分

この投稿は、2016年04月10日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

配偶者の社内不倫を会社に告げることのリスク

配偶者が社内不倫をしていることが発覚した場合、大きなショックを受けるでしょう。不倫相手に報復するために、会社に不倫を報告したり、不倫相手を辞...

不倫の基準と離婚や慰謝料を請求する方法

不倫されていたと知ったときには、怒りや悲しみが溢れ、取り乱したくもなるでしょう。しかし、浮気・不倫をやめさせたい、相応の補償を受けたい、離婚...

不倫を認める自白は証拠として有効なのか

配偶者の不貞行為を理由として、裁判で離婚や慰謝料請求を認めてもらうためには、不貞行為があったことを証明しなければなりません。配偶者本人や不貞...

配偶者の不倫を理由に離婚する方法

配偶者が不倫をしていることが発覚したーー。裏切られた悲しさから離婚を考える人もいるでしょう。「離婚をしたい」と切り出したけれど拒否された場合...

不倫を理由に離婚・慰謝料を請求する方法

配偶者の不倫が発覚したーー。裏切られたことへの悲しみや怒りなどから、離婚を検討する場合もあるでしょう。夫婦間で離婚に合意できれば、すぐにでも...

今するべきことがわかります

今するべきことがわかります 離婚・男女問題のやること診断

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

この相談に近い法律相談

  • 再就職妨害への対策

    見解の相違のため、現在勤務する会社を退職することになりました。退職願はすでに提出し、現在は有給休暇の消化中です。退職願を提出する前に、密室で会社の幹部複数名に取り囲まれ、様々な暴言を浴びせられながら、退職願を出すように強要されました。ある程度は暴言を浴びるかもしれないことを覚悟していたので、会社幹部との会談中の...

  • 退職勧奨にあたる発言

    初めて相談させていただきます 病気休職をしていて、復職の意思は会社に伝えていたにも関わらず、直属上司より退職を勧められました。 その時の会話の録音を聴き直した所、上司は ?(この時上司の話す内容について)総務部長の一任を受けて話している (ちなみに、総務部長は手続き一切を担当。社長の奥様です) ?本来は総務部長と面...

  • 会社の指示で選挙の講演会に参加したことについて

    一部上場の子会社に勤めております。 グループの会長の講演会があるので、出席するように会社が指示があり、勤務時間に行われた講演会に行われた行ってきました。 すると、会長とその地区の代議士が現れ、会長の話は5分もしないうちに終わり、代議士の講演会が始まりました。 帰りは入口で代議士が握手し、その姿を会長と役員が見て...

  • 電子メールによる退職届

    弊社代表取締役社長が代表取締役会長と経営方針の違いから話し合いの末、口頭で辞職を伝えました。その後、経理課長である私に電子メールで会長が社長の辞職を受け入れたので出社しない旨を伝えてきました。ところがその後、復職したい旨を代理人である顧問税理士が会長に伝えてきましたが、会長は口頭で辞職の意思表示をしたこと、メー...

  • 転職先で内定取り消し

    先日退職が決まり、転職先も内定を頂いたのですが、転職内定先の親会社が退職した会社と取り引きがあるようで、転職先の親会社が念のためということで私の退職した会社へあいさつへ行った際にその退職した会社の社長から私の入社に対して「それは許さない」という圧力をかけ、結果として内定が取り消され、今失業中なのですがこういった...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

離婚・男女問題の「トラブル体験談」

Aさん(30代女性)

DVを繰り返す夫から自由に - 2人の子どもの親権と養育費を勝ち取ったAさんの体験談

  • DV
  • 親権
  • 養育費
  • 面会交流

結婚11年目のAさんは、パートで働きながら8歳と10歳の子どもを育てる母親でした。会社勤めをしている夫は、家事や育児に協力しないだけでなく...

Bさん(20代女性)

性格の不一致から夫との生活が苦痛に - うつ病を患いながら離婚を成立させたBさんの体験談

  • 性格の不一致による離婚
  • うつ病
  • 新居の処分

結婚1年目のBさんは、夫と共働きの二人暮らし。当時仕事に追われていたBさんは、家庭内での夫の態度に違和感を覚えるようになっていました。B...

Cさん(40代女性)

育児・家事に無関心な夫と離婚 - 3人の子どもの親権・養育費を争ったCさんの体験談

  • 親権
  • 養育費
  • 財産分与
  • 年金分割

Cさんは、3人の子どもを育てる専業主婦でした。公務員の夫は、結婚当初から家庭内のことに無関心でした。「子どもが生まれたら変わるかな」と...

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不倫・浮気に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料
弁護士検索へのリンク

不倫の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

離婚・男女問題のニュース

  1. 遠距離10年愛の末路、彼女は「他の男と同棲」...
  2. 10キロ増の妻に「見た目がイヤ」「離婚しない...
  3. 「あまりに理不尽」恩師からのキスで、妻に30...
  4. 単身赴任は別居なの? 不倫し放題の夫「オレ...
  5. 妻に不倫された夫が「もう一度、ホテルへ行っ...
  6. 教員の30代夫が「職場不倫」、相手は「50代女...
  7. 「胸を見せて!」夫がハマったライブチャット...

活躍中の弁護士ランキング

離婚・男女問題の分野

ピックアップ弁護士

弁護士検索へのリンク

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。