裁判官様が児童精神科医の意見書の抜け道を模索 :弁護士も困惑

第二子妊娠中からの夫の不倫、DV、モラハラで、子供たちにも悪影響が大きかったので児童精神科医の助言を受け、保護命令をとって別居し5年たちました。夫は4歳から7歳の時の長男を連れて不倫相手とデートに行ったり愛人宅やホテルに宿泊したりして、長男に秘密にさせていたので、長男は不良のような状態でした。今も、住所、子供達の学校名は秘匿しています。
 長男は、別居前に反抗挑戦性障害と診断され、別居後基盤に発達障害があると診断されました。知能低下はありません。娘は別居後、場面緘黙症となっています。小学校入学後は登校渋りがあり、母親が毎日同伴登校しています(通学のみ)。
 夫は、愛人と再婚したい、と離婚裁判を起こしてきましたが、棄却され、現在最高裁で係争中です。
 そんななか、夫は子供達との面会調停を起こしてきました。今、子供は中学生と小学2年生です。
 これまで、手紙・写真・通知表の送付などの間接面会でしたが、夫は私の同席しない直接面会を主張して譲らず、審判に移行しました。
 裁判官、調査官、書記官と一緒に話し合ったのですが、夫のモラハラDVがどれほど子供に悪影響を与えてきたか、別居後月に6-7回も国立病院に通院して、子供たちがようやく改善傾向にあることを説明しても全く理解してもらえません。
 それどころか、母親の同席のもと月1回1時間まで、という児童精神科医の意見書についても、裁判官が”同席、といっても、色々ある。レストランの別の席で話が聞こえない席とか”と抜け道探しをし始めました。そして、離婚裁判では離婚は棄却されているのですが、”客観的にみて(夫婦は)修復不能だと思いますが、あなた(妻の私の事)はどうしたいんですか?”と聞いてきました。子供たちは、いまだに、夫婦の修復を希望しています。
 裁判官が児童精神科医の意見書の抜け道を探すほどに面会交流に前のめりで、面会交流の悪影響を全く考慮してもらえない場合、どのように対処すればよいのでしょうか?
 双方弁護士をつけていますが、当方の弁護士は、裁判官の対応に大変困惑しております。
2014年05月01日 22時38分

みんなの回答

相談者
シンポジウム「子の安心・安全から面会交流を考える-DV・虐待を中心に-」日本弁護士連合会 http://www.nichibenren.or.jp/library/ja/committee/list/data/130406_sympo_report.pdf#search='%E9%9D%A2%E4%BC%9A%E4%BA%A4%E6%B5%81+%E6%97%A5%E5%BC%81%E9%80%A3+%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%83%9D%E3%82%B8%E3%82%A6%E3%83%A0'
b)面会交流の審判では、大多数の事件で調査官による子どもの状況や意向に関する調査が行われ、裁判官による事実認定の主要な根拠になる。
調査官の調査は審判に大きな影響を及ぼすが、その調査官の多くが面会交流に非常に積極的である。
例えば、DV・虐待の存在するケースは、面会交流の可否につき最も慎重な判断がなされるべき類型であるが、それにもかかわらず、調査官がDVの状況や子への影響を過小評価することが多く、また、子どもの消極的な意向についても面会交流を実施する妨げにはならないと解釈し、直接の面会交流を行うべきとする調査官意見が出された事例が複数報告されている。
これらの事例では、非監護親は過去の暴力について反省することもなく、監護親に対して従前と同様の態度をとり(とる懸念があり)、養育費の支払いも怠るなど、面会交流を認めれば、子への責任を果たすどころか、害をもたらす懸念があった。
しかし、裁判所は、非監護親側のこれらの事情は殆ど問題とせ
ず、あくまでも面会交流を禁止・制限すべき事情の主張立証を監護親側に求め、監護親側のDVの存在と影響などの主張を正当に評価せず、面会交流を禁止すべき事情はないと判断した。

2014年05月01日 22時52分

相談者
DV 等の事情を十分に考慮せず、一方で、調停や審判において監護親に対し子と非監護親とを面会させるよう事実上強制しあるいは命じ、他方で、面会自体の危険性、父母間の対立や葛藤、子の拒否など面会を障礙する事由について何の手当もないまま、強いて履行させることは、葛藤をさらに強め、監護親を追い込み、子ども
にも苛酷な負担を負わせることになりかねない。実際、毎回、監護親が泣き叫ぶ子どもを引きずって非監護親のもとへ連れて行き、実質的な面会交流が出来ないまま連れ帰ることを繰り返すケースすらある。
「暴力にさらされている子供は特に脆い存在だ。しかし彼らは裁判所から守られていない。
面会に関する裁判所命令や調停の取り決めは概して、両親の間にある暴力を無視している。多くの判事は、夫が妻は殴るが子供には手を出さない場合は、子供関連の命令にはこうした暴力性を考慮する必要はないと考えているのだ。
こうした結論から、子供たちは、暴力は社会に容認されているという無言のメッセージを受け取る。従って、離婚は暴力の被害者である親は救えるかもしれないが、その目撃者である子供は救わないのだ。
多くの研究で、暴力を目撃した子供は後遺症に後々まで苦しみ、人間関係を築いたり、攻撃的な衝動を抑えたりする能力が欠如しているという結果が出ている。裁判所が真剣にこの問題に取り組まないと、悲惨な結果を招くことになる。」と述べて、DV等家族間に暴力があった事案において、その影響を過小評価し、加害者との面会を命じることが、子どもの人格形成やその後の生涯に大きな苦しみをもたらすことを強く懸念している。
実際の調停においては、子の拒否の要因が慎重に検討されているとはいえない。非監護親と子のこれまでの関係の実際を十分吟味しないまま、親子関係を維持する重要性のみを強調し、ときには監護親の主張するDV 等の要因でさえ軽視して、面会交流を実施する方向で監護親を一方的に「説得」する例すらあるが、このような対応は子の利益を害するものと言わざるを得ない。

2014年05月01日 22時55分

弁護士A
ベストアンサー
ありがとう
証拠をどう評価するかは、裁判官の自由な心証に任されますので、現時点ではどうしようもないかお知れません。
その裁判官による審判に不服がある場合には、即時抗告の手続を行って下さい。

2014年05月09日 11時26分

この投稿は、2014年05月01日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

配偶者の社内不倫を会社に告げることのリスク

配偶者が社内不倫をしていることが発覚した場合、大きなショックを受けるでしょう。不倫相手に報復するために、会社に不倫を報告したり、不倫相手を辞...

不倫の基準と離婚や慰謝料を請求する方法

不倫されていたと知ったときには、怒りや悲しみが溢れ、取り乱したくもなるでしょう。しかし、浮気・不倫をやめさせたい、相応の補償を受けたい、離婚...

不倫を理由に離婚・慰謝料を請求する方法

配偶者の不倫が発覚したーー。裏切られたことへの悲しみや怒りなどから、離婚を検討する場合もあるでしょう。夫婦間で離婚に合意できれば、すぐにでも...

不倫を認める自白は証拠として有効なのか

配偶者の不貞行為を理由として、裁判で離婚や慰謝料請求を認めてもらうためには、不貞行為があったことを証明しなければなりません。配偶者本人や不貞...

配偶者と不倫相手の会話を無断で録っても証拠になる?

配偶者の不貞行為を理由に、裁判で離婚や慰謝料請求を認めてもらうためには、その事実を証明する証拠が必要です。配偶者や相手方に不貞行為を認めさせ...

今するべきことがわかります

今するべきことがわかります 離婚・男女問題のやること診断

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

この相談に近い法律相談

  • 面会交流の目標は・・・

    第二子妊娠中から夫が不倫を始め、それに伴い、モラルハラスメントが激化し、私は、7歳と2歳の子供を連れて夜逃げしました。DVもあったので保護命令も取りました。  私はPTSD、上の子は反抗挑戦性障害、下の子は場面緘黙症と診断されています。  夫は愛人と再婚したい、ということで、夫から離婚裁判を起こされましたが、棄...

  • 梶村太市の本では相手にされない

    第二子妊娠中から夫が不倫し、モラハラが悪化し、DVもあったため、保護命令をとり、子供2人を連れて別居しました。  私はPTSD,長男は発達障害+反抗挑戦性障害、長女は場面緘黙症でした。  それぞれ、児童精神科医に遊戯療法などを受け、別居5年目の今は、かなり落ち着いております。  愛人と同棲している夫から面会交流調停...

  • 面会交流審判 解決策はやっぱり夜逃げ?

    夫の不倫・DV・モラハラで保護命令をとり別居しました。 子供達は、長男が反抗挑戦性障害+発達障害、長女が場面緘黙症で児童精神科で通院治療中です。 夫に面会交流調停を起こされました。調停は不調で審判に移行しました。 児童精神科医には、私の同席の元での制限下の面会交流の意見書をもらいましたが、裁判官様は同席と言って...

  • 学校保護者を訴えたい

    小学校五年生の娘が不登校になりました!! 原因は男子数人からの言葉の暴言と彼らが原因のクラス崩壊です。これまでの1ヶ月以上に渡り学校側に男子らとの対面や男子らに心の教育を願いました しかしながら何ら進展なく学校側は不登校児童が通う公的な施設を紹介されるだけです 娘はクラスが皆仲良くできる環境なら登校できると言ってい...

  • 娘の意思についてです。

    私は不安障害で、精神科に通院していますが、その病院に娘を連れて行き、娘が医師に対して「もう面会したくない」と言いました。 なので家裁に面会交流の禁止の審判を申し立てています。 今後調査官調査があります. 娘が精神科で述べた面会交流の拒否に対する発言は娘の意思として審判で採用されるのでしょうか?

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

離婚・男女問題の「トラブル体験談」

Aさん(30代女性)

DVを繰り返す夫から自由に - 2人の子どもの親権と養育費を勝ち取ったAさんの体験談

  • DV
  • 親権
  • 養育費
  • 面会交流

結婚11年目のAさんは、パートで働きながら8歳と10歳の子どもを育てる母親でした。会社勤めをしている夫は、家事や育児に協力しないだけでなく...

Bさん(20代女性)

性格の不一致から夫との生活が苦痛に - うつ病を患いながら離婚を成立させたBさんの体験談

  • 性格の不一致による離婚
  • うつ病
  • 新居の処分

結婚1年目のBさんは、夫と共働きの二人暮らし。当時仕事に追われていたBさんは、家庭内での夫の態度に違和感を覚えるようになっていました。B...

Cさん(40代女性)

育児・家事に無関心な夫と離婚 - 3人の子どもの親権・養育費を争ったCさんの体験談

  • 親権
  • 養育費
  • 財産分与
  • 年金分割

Cさんは、3人の子どもを育てる専業主婦でした。公務員の夫は、結婚当初から家庭内のことに無関心でした。「子どもが生まれたら変わるかな」と...

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不倫・浮気に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料
弁護士検索へのリンク

不倫の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

離婚・男女問題のニュース

  1. 小学校の「同級生」と不倫する妻…夫は「夫婦...
  2. 遠距離10年愛の末路、彼女は「他の男と同棲」...
  3. 10キロ増の妻に「見た目がイヤ」「離婚しない...
  4. 既婚者から、無理やりにキスされた…相手の妻...
  5. 単身赴任は別居なの? 不倫し放題の夫「オレ...
  6. 妻に不倫された夫が「もう一度、ホテルへ行っ...
  7. 教員の30代夫が「職場不倫」、相手は「50代女...

活躍中の弁護士ランキング

離婚・男女問題の分野

ピックアップ弁護士

弁護士検索へのリンク

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。