別居後の異性関係について

公開日: 相談日:2022年02月12日
  • 3弁護士
  • 3回答
ベストアンサー

【相談の背景】
約1年前に夫の不倫が発覚し、証拠集めをしたのち、半年前に別居。不倫相手に対して慰謝料請求の裁判を申し立てました。
お互いに離婚する事で一致してますが、夫は不倫相手を守りたいという考えが強く、裁判の取り下げと不倫相手に対して一切の請求をしないことを離婚条件に組み込まないと離婚届にサインはしないと言っているので離婚ができません。

私は別居後に他の男性と関係を持ち、妊娠の可能性が出てきました。

夫の不倫相手は既婚者
私が関係を持った男性は独身です

【質問1】
この場合、私も不貞行為とみなされるのでしょうか?

【質問2】
私と関係を持った男性に対しても何かしらの請求をされる事はあるのでしょうか?

1113936さんの相談

この相談内容に対して 弁護士への個別相談が必要なケースが多い

と、2人の弁護士が考えています

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    京都府7位

    新保 英毅 弁護士

    注力分野
    離婚・男女問題
    弁護士が同意
    2
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    夫の不貞が原因で別居しお互い離婚すること自体は合意しているのであれば、婚姻関係破綻後の男女交際ということになり、慰謝料の対象となる不貞とはならないでしょう。

    なお、離婚前に妊娠している場合、原則、前夫の子と推定されますので、前夫の方から嫡出否認の申立てにより父子関係を否定してもらうことがあります。
    例外的に、当方から親子関係不存在の申立てができる場合もありますが、この点はなかなか複雑なので、弁護士に依頼して対応された方がいいでしょう。

  • 弁護士ランキング
    新潟県1位

    齋藤 裕 弁護士

    注力分野
    離婚・男女問題
    タッチして回答を見る

    > 質問1】
    >
    > この場合、私も不貞行為とみなされるのでしょうか?
    > 離婚について合意する前に性行為があったなどの場合は不貞とされる可能性はあります
    > 【質問2】
    >
    > 私と関係を持った男性に対しても何かしらの請求をされる事はあるのでしょうか?
    1と同様です

  • 弁護士ランキング
    埼玉県6位
    タッチして回答を見る

    質問1
    不貞行為とみられる可能性はありますが、破綻後の行為という反論はあり得ます。

    質問2
    破綻後の行為という反論が認められるか否かにより左右されると思われます。

    夫との離婚については、様子からすると交渉では難しいと考えられ、離婚調停、更に生活費の支払い状況によっては婚姻費用分担調停を申し立てることをご検討いただくことをお勧めします。

この投稿は、2022年02月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す

弁護士回答数

-件見つかりました