妻の監視から逃げ出す方法

公開日: 相談日:2021年04月14日
  • 2弁護士
  • 2回答

【相談の背景】
現在、妻に不倫がバレて、身動きが取れません。妻のモラハラにより離婚したく、私は、お付き合いしていてる相手と一緒になりたいと思っています。しかし、妻は絶対に離婚も別居もしないと言い、妻の両親・私の両親と共に、拒みにかかってきます。つまり、1対5の状態です、、、。

家に帰ると携帯は没収され、日中のみ彼女と連絡とれますが、お互い仕事中なので、取れるといってもほとんどやり取りできない状況です。仕事終わりに会おうと思っても、終業時間頃には妻か両親かが職場まで監視に来ているので、それも無理です。休みを取って会おうとしても、職場内部に妻の友人がいるため、確認されるため厳しいのです。

彼女を諦めるしかないのかとつらいです。

【質問1】
このがんじがらめの地獄から抜け出し、彼女と一緒になれる方法はありませんでしょうか。別居するにも、こんなに監視されていては動けず、もう成す術が見つかりません。助けてください。

1017446さんの相談

この相談内容に対して 弁護士への個別相談が必要なケースが多い

と、2人の弁護士が考えています

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    佐賀県3位

    吉丸 雄輝 弁護士

    注力分野
    離婚・男女問題
    タッチして回答を見る

    法的には離婚したうえで,彼女と一緒になるという方法になるかと思います。

    離婚する方法ですが,離婚調停を申し立てる方法があります。しかし,調停は,妻の合意があることが前提ですので,不成立となるおそれもあります。不成立となった場合,訴訟を提起するかどうかという話になります。訴訟を提起した場合,「離婚を認める」と裁判所に判断してもらわなければなりません。

    お聞きした事情によれば,いわゆる有責配偶者からの離婚請求という事案がと当てはまりそうです。
    判例によれば,有責配偶者からなされた離婚請求であっても、夫婦の別居が、両当事者の年齢及び同居期間との対比において、相当の長期間に及び、その間に未成熟の子が存在しない場合には、相手方配偶者が離婚により、精神的、社会的、経済的に極めて過酷な状態におかれる等、離婚請求を認容することが著しく社会正義に反するといえるような特段の事情の認められない限り、当該請求は、有責配偶者からの請求であるとの一事をもって許されないとすることはできないものと解するのが相当である旨判断されています。

    要約すると,別居期間が長期にわたっているか,未成熟の子がいるか,相手方配偶者が精神的・社会的・経済的に過酷な状況にならないかをもって,離婚請求を認めるかどうかを決めるということです。

    本件では,未成熟の子がいるかは不明ですが,別居期間がないという状態です。最終的には同居期間との対比で決まるものですが,一般論としては10年間の別居があれば長期の別居という認定がされやすいといえそうです。そのため,現時点では離婚できる可能性が高いとはいえないと考えます。

    とはいえ,ご質問者様の意向を法的に実現させる方法としては,やはり調停→訴訟という方法かと思います。妻が態度を変えて調停離婚に応じる可能性も0ではないと考えます。
    お近くの法律事務所にご相談のうえ,子がいるか・何歳か・離婚にあたって金銭を妻に渡すことができるか・できるとしてその金額はいくらかなど詳しい事情を伝えて,より正確な助言をもらうことをご検討くださればと思います。

  • 弁護士ランキング
    京都府4位

    村山 大基 弁護士

    注力分野
    離婚・男女問題
    タッチして回答を見る

    > このがんじがらめの地獄から抜け出し、彼女と一緒になれる方法はありませんでしょうか。別居するにも、こんなに監視されていては動けず、もう成す術が見つかりません。助けてください。

    離婚に向けて調停や、裁判、並行して別居等を検討することになります。

    ネットでは詳しい事情等がわからずお答えが難しいので、
    可能なら早めにお近くで面談相談にいかれることをお勧めします。

  • 相談者 1017446さん

    タッチして回答を見る

    別居に逃げる理由として
    不倫は私にも責任ありますが、
    このような監視生活に耐えれず、自由が認められない、人らしい生活ができないのが苦痛という理由は正当でしょうか。

この投稿は、2021年04月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

もっとお悩みに近い相談を探す

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから