1. 弁護士ドットコム
  2. 離婚・男女問題
  3. 不貞はしていませんが

公開日:

不貞はしていませんが

2020年09月16日
ベストアンサー
不貞行為はしていませんが、会社の飲み会と旦那には嘘をつき男の方と2人で食事をしていました。
その後男の方のアパートに行き深夜の2時すきまで一緒に居ました。
ひょんなことから旦那に全てバレてしまい不貞行為は無かったと言っても信じてもらえません。

相手方に慰謝料請求する、お前も相手が求償権使えば支払いの義務あるだろうから相手が求償権使ってきたら離婚だ!

と離婚を迫られています。

今回のことは慰謝料の支払い義務が発生、また離婚する理由になってしまうのでしょうか。

宜しくお願いします。
相談者(956368)の相談

みんなの回答

富永 慎太朗
富永 慎太朗 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 福岡県5 離婚・男女問題に注力する弁護士
弁護士が同意1
ありがとう
不貞が認められてしまえばそれは慰謝料の発生根拠になりますし、法律上離婚が可能となる事実に当たります。

ただ写真など証拠がなければ、相談者様が不貞を否定されているのですから、ご記載の限りですと不貞を立証することは難しいです。

2020年09月16日 00時53分

原田 和幸
原田 和幸 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都1 離婚・男女問題に注力する弁護士
ありがとう
> 今回のことは慰謝料の支払い義務が発生、また離婚する理由になってしまうのでしょうか。

不貞がないのであれば、慰謝料請求は認められないと思いますし、離婚も認められないと思います。

夫がどこまでの証拠をもっているか分かりませんが、不貞がないというのであれば、否定すればよいと思います。

2020年09月16日 03時17分

吉田 英樹
吉田 英樹 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 大阪府1 離婚・男女問題に注力する弁護士
ありがとう
お困りかと思いますので、お答えいたします。
> 不貞行為はしていませんが、会社の飲み会と旦那には嘘をつき男の方と2人で食事をしていました。
> その後男の方のアパートに行き深夜の2時すきまで一緒に居ました。
→不貞行為がなければ、慰謝料請求は困難と思いますし、離婚請求も容易とはいえないと思います。ただし、誤解を受けるような行動は控えるべきと思います。

またこのような場合、不貞行為を立証する必要があるのは、主張する側です。事実がなければ、立証することも困難と思います。

一般的なお答えとなり恐縮ですが、ご参考に頂ければと思います。

2020年09月16日 03時27分

相談者(956368)
御回答有難うございます。追加で質問なのですが旦那は弁護士に相談しているらしく婚姻を継続し難い重大な理由になり得る行為だと、伝えられました。
確かに時間帯が時間帯なだけに軽率だったと反省はしているのですがこの点はどうでしょうか。
重ね重ね宜しくお願いします

2020年09月16日 06時47分

原田 和幸
原田 和幸 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都1 離婚・男女問題に注力する弁護士
ありがとう
> 追加で質問なのですが旦那は弁護士に相談しているらしく婚姻を継続し難い重大な理由になり得る行為だと、伝えられました。
> 確かに時間帯が時間帯なだけに軽率だったと反省はしているのですがこの点はどうでしょうか。

確かに時間帯だけからすると、疑われても仕方ありませんね。

ただ、その滞在時間にもよりましょうし、例えばその1回だけとなると、離婚が認められる可能性は低いかもしれません。

2020年09月16日 06時54分

吉田 英樹
吉田 英樹 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 大阪府1 離婚・男女問題に注力する弁護士
ありがとう
あくまでもケースバイケースで、主張としては考えられますが、一度のみで、その範囲であれば、それのみを理由とすることは、容易とはいえないと思います。

2020年09月16日 07時43分

齋藤 裕
齋藤 裕 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 新潟県1 離婚・男女問題に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう
性行為がなければ不貞とはなりませんが、通常は不貞があったと推認される経過であり、慰謝料を払わないといけない可能性があります

2020年09月16日 08時32分

この投稿は、2020年09月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

不倫相手への慰謝料請求は配偶者を既婚者と知らなかった場合でもできるのか

配偶者が不貞行為をした場合、配偶者だけではなく、不倫相手に対しても慰謝料を請求することができます。では、不倫相手が、既婚者と知らずに交際して...

不倫相手に慰謝料を求めるときの注意点

配偶者の不倫が原因で離婚することになり、「慰謝料を請求したい」と考えたとき、配偶者だけではなく、不倫相手にも請求したいと思う方もいるでしょう...

「有責配偶者」の離婚請求は認められるか

妻以外の女性と不倫して肉体関係にある。彼女と結婚するために離婚したいーー。身勝手な願いのようにも思えますが、こうした理由で離婚を求めることは...

費用の相場など離婚問題に関する弁護士知識

離婚したい場合や慰謝料の請求がしたい場合には、訴訟にまで発展するケースも多く、弁護士に依頼することが多い分野となっています。弁護士に依頼する...

「離婚したい!」と思ったら。離婚の流れや対処法

暴力を振るう夫と離婚したい。不倫した妻と離婚したい。離婚したいと思う理由は人それぞれですが、手続きの流れや起こり得るトラブルへの対処法は、誰...

やること診断

今するべきことがわかります 離婚・男女問題のやること診断

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

この相談に近い法律相談

  • 嘘をついて結婚したが離婚したい。

    当時付き合っていた彼氏にフラれ、どうしても別れたくなかった私は咄嗟に妊娠したと嘘をついてしまい、嫌がった彼氏と結婚に至りました。そして、入籍後流れてしまったと嘘をまた嘘で固めてしまい、結婚生活が続きました。しかし、何度も浮気をされ、私とはセックスレス、喧嘩する度にお前はクズだと言われたり、一切家庭のことをしてく...

  • 嘘の離婚原因の拡散について。

    元嫁と半年以上前に離婚しました。原因は、元嫁が飲み歩き、家にも帰らず、喧嘩が絶えなくなったことによるものです。 また、私との婚姻期間中に不貞行為があり、離婚後300日以内に不貞行為の相手との子の出産を予定しています。 また、妻は婚姻中から私に約100万円程の借金があり、離婚前に口約束ではありましたら返すと言ったに...

  • 嘘のクレームについて

    ある人物がうちの主人に対してうそのクレームを 二回入れてきました。 そのせいで主人が始末書を書く事になりました。 嘘のクレームでここまでされて 何か相手にできることはないでしょうか?

  • 不倫相手に離婚したと嘘をついてしまいました。

    不倫をしています。 不倫相手に離婚したと嘘をついています。 不倫相手は別の人とも不倫をしていてそのことに腹が立って私は離婚したと嘘をついてしまいました。 その後色々あり不倫相手は別の不倫相手と別れています。それから私のことを他の男と遊んでいるや、パパ活をしているだろう、離婚してないんだろう、などと言ってきます。...

  • 離婚調停での嘘の供述

    嫁の性格や自分の自由を制限され家を出て別居→嫁から円満調停→不調→嫁から不貞疑われ不貞裁判→一審敗訴→高等裁判で逆転勝利→現在嫁から上告中→離婚調停の知らせ 離婚調停の知らせには、不倫、暴力、生活費いれないと記載あり 円満調停にて、婚姻費用は毎月支払い中 暴力など、一切なし 不倫もなく、裁判にて勝利 これにたい...

法律相談を検索する

よく見られているキーワード

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

離婚・男女問題の「トラブル体験談」

Aさん(30代女性)

DVを繰り返す夫から自由に - 2人の子どもの親権と養育費を勝ち取ったAさんの体験談

  • DV
  • 親権
  • 養育費
  • 面会交流

結婚11年目のAさんは、パートで働きながら8歳と10歳の子どもを育てる母親でした。会社勤めをしている夫は、家事や育児に協力しないだけでなく...

Bさん(20代女性)

性格の不一致から夫との生活が苦痛に - うつ病を患いながら離婚を成立させたBさんの体験談

  • 性格の不一致による離婚
  • うつ病
  • 新居の処分

結婚1年目のBさんは、夫と共働きの二人暮らし。当時仕事に追われていたBさんは、家庭内での夫の態度に違和感を覚えるようになっていました。B...

Cさん(40代女性)

育児・家事に無関心な夫と離婚 - 3人の子どもの親権・養育費を争ったCさんの体験談

  • 親権
  • 養育費
  • 財産分与
  • 年金分割

Cさんは、3人の子どもを育てる専業主婦でした。公務員の夫は、結婚当初から家庭内のことに無関心でした。「子どもが生まれたら変わるかな」と...

依頼前に知っておきたい弁護士知識

離婚・男女問題に注力する弁護士

最近検索されたキーワード

離婚・男女問題の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

離婚・男女問題の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。