滞納家賃、修繕費支払い義務

公開日: 相談日:2020年05月05日
  • 2弁護士
  • 4回答

同居人(結婚はしていません)契約の賃貸に住んで居ますが家賃滞納(3ヶ月)光熱費全て滞納で近々光熱も停まる通知も来ている中で同居人が家から出て行き又、家の中でペットも20匹以上飼っているので部屋の汚れも普通ではありません。また私自身も体調も悪くペット自体私の顔が見えなくなると吠えまくり近隣にも多大なる迷惑を掛けてるのが現実で家を空ける事も出来ません、その中で同居人から家の解約をする旨の連絡と滞納家賃、光熱費も払わないとの事を言われていますが私自身収入ゼロで滞納家賃、光熱費払うだけの能力どころか飲食代、ペットのエサ代も無く
どうしたら良いのかわかりません。
以前にも保健所の立ち入りがあり指導も受けた事もありますがこのような生活の中で予防接種、避妊手術する費用も無くペットも増えていくばかりです。長々となりましたがご相談としてはココの滞納部屋代(同居人名義の賃貸契約)修繕費、光熱費は私に支払い義務が発生するのか又、先にお話したように収入はゼロです

917780さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    東京都3位

    齋藤 健博 弁護士

    注力分野
    離婚・男女問題
    タッチして回答を見る

    > ココの滞納部屋代(同居人名義の賃貸契約)修繕費、光熱費は私に支払い義務が発生するのか

    まず、家賃については賃貸契約が解除されるまでは、同居人に支払義務があります。
    ただ、解除後にもそのまま住んでいる場合、家賃相当額の金員について、損害賠償請求等をされる可能性があります。
    なので、解除後には速やかに退去される必要があると思います。

    他方、修繕費と光熱費については、同居人の方の負担になると思います。

    収入がゼロの場合、生活保護も検討される必要があると思います。

    ご参考までに。

  • 原田 和幸 弁護士

    注力分野
    離婚・男女問題
    タッチして回答を見る

    > 長々となりましたがご相談としてはココの滞納部屋代(同居人名義の賃貸契約)修繕費、光熱費は私に支払い義務が発生するのか

    同居人名義の契約であれば、同居人に支払い義務はあります。
    ただ、相談者が退去しなければ、所有者(賃貸人)から、相談者に対して、賃料相当額の使用損害金の請求がなされる可能性があります。

    又、先にお話したように収入はゼロです

    生活が厳しいようであれば、生活保護を検討するとか、自己破産を検討することは考えられるかもしれません。

  • 相談者 917780さん

    タッチして回答を見る

    先程はお忙しいなかのご回答ありがとうございました。奥が増しいとは思いますが補足でご意見を承りたくメールさして頂いてます。
    同居人・私の責任については詳しい説明助かりましたが解約前に私自身(ペット無し)だけなら一時的に居候指してもらえそうな知人が居るのですが今の状況でしたら同居人が全て捨てて出て行っていますのでもし私もペットを家においた状態で出て行くと罪になるのでしょうか?
    保健所に相談するのが最初のする事とは十分には理解しているのですがそれまで待てない状況下にあり賃貸解約、光熱ストップ、収入ゼロでは飼い主の責任としての果たせず明日の生きていくすでも無く知人の言葉に甘えるしかないのですが言い方、無責任な言い方になりますが足枷になってしまっています。
    重ねがさね申し訳ありませんが回答頂ければありがたく思います

  • 弁護士ランキング
    東京都3位

    齋藤 健博 弁護士

    注力分野
    離婚・男女問題
    タッチして回答を見る

    今の状況でしたら同居人が全て捨てて出て行っていますのでもし私もペットを家においた状態で出て行くと罪になるのでしょうか?

    犯罪になるということはないと思います。
    ただ、やはり賃貸人とは民事的にはトラブルになる可能性はあると思います。

    お気づきのとおり、保健所の相談も並行して進められる必要があると思います。

  • 相談者 917780さん

    タッチして回答を見る

    度々の質問で恐縮ですが動物愛護法でも罪には当たらないのでしょうか?
    素人のにわか知識では餌をあげないとか放置でも罪に当たるような事を聞いた事があるのですが?
    ペットを家に残したまま家を出ても愛護方で罰せられたり罰金は無いのでしょうか?度々の質問で申し訳有りません。
    ごめんなさい宜しく回答お願いします

  • 弁護士ランキング
    東京都3位

    齋藤 健博 弁護士

    注力分野
    離婚・男女問題
    タッチして回答を見る

    動物の愛護及び管理に関する法律で、愛護動物を遺棄した者については、100万円以下の罰金が科せられる可能性があります。
    貴殿も飼い主であったとすると、適用される可能性はあると思います。
    また、各地の条例でも定めがなされている場合があり、貴殿のお住いの地域で定められている可能性があります。

この投稿は、2020年05月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す

弁護士回答数

-件見つかりました