相談内容:不貞行為の念書

公開日: 相談日:2020年04月17日
  • 4弁護士
  • 6回答
ベストアンサー

【ご相談内容:不貞行為の念書】
・7年前に相手方奥様へ提出した念書に追記したい内容を電話でヒアリングされたが、それはどのような効果を発揮するのか

【経緯】
8-10年前 当時別居中の職場男性と不貞行為をしていた。(当時、私は独身)
7年前 私が転勤になり、連絡はとることはあっても、実際には会うことはなかった
6年前 相手方の奥様が職場にきて、喫茶店で念書を記入。(内容は、不貞行為に及んだこと、二度と連絡をとらないこと、名前、日付。慰謝料についてはかいてない記憶です)
それ以降は相手と一度も連絡はとっていない。
今月 奥様から深夜に電話があり、以下内容を告げられました
・最近旦那といつ連絡をとったか
・あなたは連絡とってなくても向こうから連絡きているだろう
・念書に追記してもらいたいから、すぐに会いたい
・会えないのであれば、住所、生年月日、部署を教えろ

→これに対し、
・連絡はとっていない
・非常事態の中、会うことはできない
・住所(とっさに隣の空き部屋番号で答えた)、生年月日、部署は口頭で伝えた

念書に口頭で伝えた情報を追記するつもりのようですが、6年前の念書でしかも口頭での情報はどのような効力があるのでしょうか

912381さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    神奈川県5位
    タッチして回答を見る

    何を追記したいのか分かりませんが,このような相手には,個人情報を伝えるのはよくありません。今後注意してください。

  • 相談者 912381さん

    タッチして回答を見る

    早速のご回答ありがとうございます。先日のヒアリングでの内容が有効ではないとのこと、安心しました。

  • 相談者 912381さん

    タッチして回答を見る

    夜中のいきなりの電話であったこと、会社へ通報すると言われたこと、今言えば会うことは検討すると言われたとこ等でパニックになって伝えてしまいました。
    以後気をつけて対応します。

  • 弁護士ランキング
    新潟県1位

    齋藤 裕 弁護士

    注力分野
    離婚・男女問題
    タッチして回答を見る

    法的な効果は想定しにくいです
    どちらかというと、単に事実経過を確認したかっただけのようにも見えます

  • 相談者 912381さん

    タッチして回答を見る

    ご回答ありがとうございます。そうかもしれません。改めて電話すると言われましたが、指定の時間にかかってきませんし、昨日の電話から、まだ連絡を取り合っていること前提でその事実を聞き出そうとしているのかなと感じました。怖かったです…

  • 弁護士ランキング
    大阪府3位

    森田 英樹 弁護士

    注力分野
    離婚・男女問題
    タッチして回答を見る

    > 念書に口頭で伝えた情報を追記するつもりのようですが、6年前の念書でしかも口頭での情報はどのような効力があるのでしょうか

    ・・・あなたが何らかの法的請求を受けることはありません。

    > 改めて電話すると言われましたが、指定の時間にかかってきませんし、昨日の電話から、まだ連絡を取り合っていること前提でその事実を聞き出そうとしているのかなと感じました。怖かったです…

    ・・・恐怖を感じられるのであれば 弁護士に相談されるのがよいでしょう。

  • 相談者 912381さん

    タッチして回答を見る

    ご回答ありがとうございます。安心しました。
    これ以上の連絡や要求がくる際は、弁護士事務所へ正式に相談させていただこうと思います。

  • ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    「ヒアリング自体が有効でない」というよりは「ヒアリングによってご質問者さんに何らかの法的効力がない」ということです。細かい話で恐縮です。

    いずれにせよ、ご心配なお気持ちはあろうかと思いますが、気にせず放置すべきですね。

  • 相談者 912381さん

    タッチして回答を見る

    ありがとうございます。理解致しました。
    これ以上の干渉があった場合はこちらも正式に弁護士事務所へ相談させていただきます。
    とても怖かったですが、ひとまず安心しました。

  • 相談者 912381さん

    タッチして回答を見る

    親身にご回答いただき、ありがとうございます!
    素早く的確なレスをみて、今後何かあったら、すぐに弁護士事務所へ相談しようという意識ももてました。
    ありがとうございました

この投稿は、2020年04月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す