離婚裁判の期間中の原告、被告との直接の接触につきましてのご質問

現在離婚裁判中です。

1.離婚裁判の期間中は原則として原告、被告の当人同士で裁判所以外でお会いする事はできないのでしょうか?

2.お会いできたとしても接触の接触は控えたという主張は問題ないのでしょうか?

3.離婚裁判の期間中なので常識的に考えて面会を希望する事を相手に伝えるのはよくない事でしょうか?

何卒よろしくお願い申し上げます
2019年08月01日 11時13分

みんなの回答

池田 毅
池田 毅 弁護士
離婚・男女問題に注力する弁護士
ありがとう
当事者同士が会うことは、禁じられていません。
お互いが、真に同意して合うなら問題ありません。

ただ、通常は一方が会いたいという希望を伝えても、他方が(特に離婚したいと訴えている原告が)、会いたくないという反応をするのが一般ではないでしょうか。
それにもかかわらず、強制的に、あるいは強行に面会しようとするのは不適切でしょう。

2019年08月01日 11時41分

鬼沢 健士
鬼沢 健士 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 茨城県1 離婚・男女問題に注力する弁護士
ありがとう
> 1.離婚裁判の期間中は原則として原告、被告の当人同士で裁判所以外でお会いする事はできないのでしょうか?

できないことはありませんが、調停を経て裁判にまでなっているのですから会いたくないと思われても仕方ありません。それを無理に会いに行くことは裁判上不利になるおそれがあります。

> 2.お会いできたとしても接触の接触は控えたという主張は問題ないのでしょうか?

相手が何というかわかりませんから止めた方がいいです。

> 3.離婚裁判の期間中なので常識的に考えて面会を希望する事を相手に伝えるのはよくない事でしょうか?

面会してどうしたいのでしょう。
離婚訴訟の中身について主張したいのなら、裁判官に向けて発信しないと意味がありません。
わかってもらうべき相手は、基本的に裁判官になっています。

2019年08月01日 11時45分

相談者
ご回答ありがとうございます。
面会したいのではなく、相手側が裁判中なのに直接の面会はないと訴えているのに対して、離婚裁判中ですので当然の事だと思い、その事に対して直接の接触を控えるのは妥当だということを主張したかった為、それが妥当かどうか分からなく、質問をさせていただきました。

その主張をしたいがための確認です。

2019年08月01日 12時10分

鬼沢 健士
鬼沢 健士 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 茨城県1 離婚・男女問題に注力する弁護士
ありがとう
なるほど、状況はよくわかりました。

そうすると、あなたからすれば直接の面会を拒否したわけではない、いつでも可能だということがわかれば大丈夫でしょう。
メールなどで面会日時を提案する形跡など残すのでもいいと思います。
直接会わなければならないわけではありません。

2019年08月01日 13時01分

岡村 茂樹
岡村 茂樹 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 埼玉県1 離婚・男女問題に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう
> 1.離婚裁判の期間中は原則として原告、被告の当人同士で裁判所以外でお会いする事はできないのでしょうか?
1.禁止はされていません。
>
> 2.お会いできたとしても接触の接触は控えたという主張は問題ないのでしょうか?
1.余計なトラブルを防止という意味では妥当でしょう。
>
> 3.離婚裁判の期間中なので常識的に考えて面会を希望する事を相手に伝えるのはよくない事でしょうか?
1.伝えること自体に問題はないでしょう。

> 直接の接触を控えるのは妥当だということを主張したかった為、それが妥当かどうか
1.そうですね。
2.ただでさえ裁判という紛争状態ですので,なるべく余計はトラブルは回避ですね。

2019年08月01日 13時25分

相談者
補足いただきましてありがとうございます。

また、分かりやすくご回答いただきましてありがとうございます。

皆さまのおかげで理解できました。

いつも本当に助かっています。

2019年08月01日 13時38分

岡村 茂樹
岡村 茂樹 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 埼玉県1 離婚・男女問題に注力する弁護士
ありがとう
> 分かりやすくご回答いただきましてありがとうございます。
1.いいえ,とんでもございません。
>
> 皆さまのおかげで理解できました。
1.お役に立てて良かったです。

2019年08月01日 13時40分

相談者
いつもご丁寧に本当に感謝しています。
また機会がございましたら何卒よろしくお願い申し上げます

2019年08月01日 13時42分

この投稿は、2019年08月01日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

離婚調停や訴訟をする場合に弁護士に依頼する適切なタイミング

離婚調停や離婚訴訟にあたって弁護士に依頼する場合、どのタイミングで依頼することが適切なのでしょうか。すでに調停が始まった後からでも依頼できる...

「離婚したい!」と思ったら知っておきたい離婚の流れや対処法

暴力を振るう夫と離婚したい。不倫した妻と離婚したい。離婚したいと思う理由は人それぞれですが、手続きの流れや起こり得るトラブルへの対処法は、誰...

離婚成立までの流れとは…協議、調停、裁判の手続と養育費・慰謝料の決め方

結婚するときは「この人に一生添い遂げよう」と愛を誓ったけれど、一緒に生活する中で、すれ違いがたび重なり、夫婦間の溝が埋められないほどに深くな...

離婚調停で決めた面会交流のルールが守られない場合の対処法

離婚調停で面会交流について取り決めをしたにもかかわらず、離婚後、約束通りに実施されない場合はどうすればよいのでしょうか。この記事では、面会交...

離婚の弁護士費用の相場はいくらか?離婚問題を弁護士に依頼する際に知っておきたい基礎知識

離婚したい場合や慰謝料の請求がしたい場合には、訴訟にまで発展するケースも多く、弁護士に依頼することが多い分野となっています。弁護士に依頼する...

今するべきことがわかります

今するべきことがわかります 離婚・男女問題のやること診断

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

この相談に近い法律相談

  • 異母兄弟が前科持ちの場合の影響

    私(女)は一人っ子ですが、父には前妻との間に授かった子供が3人います。前妻が引き取りましたが、私にとっては異母兄弟にあたる人達です。 その異母兄弟の内、1人がヤクザです。そして、詳しいことは分かりませんが、主にヤクザ内での暴力や薬だと聞いていますが何回も捕まっている前科持ちです。今も服役中で、きっとこれからも暴力な...

  • 至急お願いします。助けてください。

    簡単に言うと彼氏に別れ話をしたら訴えると言われました。彼は40歳です。私は22歳です。付き合って2カ月ほどです。結婚しようなどは口約束、メールのやり取りでしかしてないです。同棲もしてません。休みの日に泊まりに行くくらいです。それで別れ話をしたら、俺はお前のために仕事も増やした。商売を断り今の仕事を始めた。今はお前の...

  • 離婚前の別居中にも関わらず子供に会わせない妻の所業

    現在妻とは、離婚を前提に別居中なのですが子供に会うために新幹線のチケット、宿の予約をしていたにも関わらず、子供に会わせてくれないと、妻は言います。子供は2人居るのですが、どちらも『パパに会いたい』と言ってくれているのに、妻の一存だけで、子供に会わせてもらえないなど有り得るのでしょうか? それだけでなく、『子供を...

  • 調停調書の効力について。調停に出席する必要があるのでしょうか?

    調停調書に記載されていない私名義の財産について要求されています。 調停中に合意があったと相手は主張していますが、記憶にもありませんし裁判官が読み上げた中にも調書の記載もその財産については触れていません。 相手には調停中から弁護士が付いています。調書に記載漏れがあったとしても相手弁護士が気付くものではないでしょう...

  • 相手が頑なに離婚を拒む場合は裁判でも離婚できないのでしょうか?

    頑なに離婚に応じない相手方との離婚は裁判でも認められないのでしょうか?

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

離婚・男女問題の「トラブル体験談」

Aさん(30代女性)

DVを繰り返す夫から自由に - 2人の子どもの親権と養育費を勝ち取ったAさんの体験談

  • DV
  • 親権
  • 養育費
  • 面会交流

結婚11年目のAさんは、パートで働きながら8歳と10歳の子どもを育てる母親でした。会社勤めをしている夫は、家事や育児に協力しないだけでなく...

Bさん(20代女性)

性格の不一致から夫との生活が苦痛に - うつ病を患いながら離婚を成立させたBさんの体験談

  • 性格の不一致による離婚
  • うつ病
  • 新居の処分

結婚1年目のBさんは、夫と共働きの二人暮らし。当時仕事に追われていたBさんは、家庭内での夫の態度に違和感を覚えるようになっていました。B...

Cさん(40代女性)

育児・家事に無関心な夫と離婚 - 3人の子どもの親権・養育費を争ったCさんの体験談

  • 親権
  • 養育費
  • 財産分与
  • 年金分割

Cさんは、3人の子どもを育てる専業主婦でした。公務員の夫は、結婚当初から家庭内のことに無関心でした。「子どもが生まれたら変わるかな」と...

依頼前に知っておきたい弁護士知識

離婚・男女問題に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

離婚・男女問題の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

離婚・男女問題のニュース

  1. 愛した独身のカレは「偽名の既婚者」だった!...
  2. 上司と不倫、「離婚する」は結局ウソ!? 「...
  3. 夫が給与明細を偽造、ごまかした金で飲酒、ギ...
  4. 「借金返して、結婚しよう」返済に協力したの...
  5. ホテル密会に不倫相手の夫乱入! 「誠意見せ...
  6. 夫婦間の「性的DV」…寝込みを襲われ、避妊に...
  7. 既婚の中年女性とワンナイト、恐怖の幕開け…...

活躍中の弁護士ランキング

離婚・男女問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。