離婚時の財産分与について

公開日: 相談日:2019年05月27日
  • 2弁護士
  • 2回答
ベストアンサー

離婚時の財産分与で銀行口座の必要書類がわかりません。

①結婚時に持っていないが、離婚時に持っているもの
②婚姻期間中に開設して、婚姻期間中に解約したため財産分与の基準日に所持していないもの

①について、結婚時に所持していなかった証明は必要ですか?また、②については解約したことを証明するための提出書類が必要ですか?

803159さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    滋賀県1位
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    > ①結婚時に持っていないが、離婚時に持っているもの

    →結婚時に所持していなかった証明は、基本的に必要ありません。

     ただし、相手が離婚時点に持っている預金口座について、「独身時代から持っていたから財産分与の対象外だ」と主張してきた場合に、他方が、「嘘だ、結婚時にはなかったはずだ」として争点になることがあり、そのような場合には、その口座をいつ開設したかという証拠が重要になってきます。

    > ②婚姻期間中に開設して、婚姻期間中に解約したため財産分与の基準日に所持していないもの

    →一般的には、財産分与の前提としての財産開示は、「別居時点(または離婚時点)に所持している財産」を開示するのが原則です。
     途中で解約したものについては、相手から指摘された場合に証拠を出す、というスタンスで基本的にはよいかと思います。

  • 弁護士ランキング
    兵庫県1位
    タッチして回答を見る

    ①について、結婚時に所持していなかった証明は必要ですか?

    いいえ。離婚時に存在する以上は、婚姻中の財産と推認されます。
    それに対して、相手が結婚時に所持していたと証明することになります。

    また、②については解約したことを証明するための提出書類が必要ですか?

    そもそも、離婚時の財産が基準になるので、そのときにあることを分与を求めるほうが立証することになるでしょう。
    ですので、不要です。


    もっとも、調停は協議ですから、手元にたまたまそういう資料があるなら、出したほうが早く交渉もしやすいとは思います。

この投稿は、2019年05月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す

弁護士回答数

-件見つかりました