和解条項に違反した場合

公開日: 相談日:2019年04月23日
  • 1弁護士
  • 1回答

和解条項に違反した場合

先日、男女問題で民事裁判をしました。

相手に10万和解金を支払うこと、今後一切接触禁止ということで和解したのですが、会社に嫌がらせの電話がきました。
民事裁判で精神的に傷ついた、会社から処分をくだしてほしいとのこと。

このように和解条項に違反した場合、 相手に対し請求はできますか?
10万の和解金はまだ支払ってないのですが、払わなければなりませんか?
警察に相談した方がいいでしょうか?

790340さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    大阪府2位

    川添 圭 弁護士

    注力分野
    離婚・男女問題
    弁護士が同意
    2
    タッチして回答を見る

    和解条項に違反したかどうかという点については,接触禁止という和解条項の具体的内容によります。例えば,接触禁止の対象が当事者間のみであったり,接触の方法が面談やメール,SNSに限定されているといったケースもあるからです。

    本件の嫌がらせが和解条項に違反し,かつ,違反した場合の違約金が定められている場合は,違約金の請求ができることになりますが,明確に和解条項違反とは言い難い場合や違約金条項がない場合は,本件の嫌がらせが不法行為に該当するかどうか,損害が生じたかどうかを検討する必要があります。

    和解条項に基づきあなたが支払うべきとされた金銭については,例えば和解条項に違反する行為があれば支払義務が免除されるといった条項になっていればともかく,特に条件がなければ,和解条項に基づく支払義務は生じることになります(不払いに対しては強制執行も可能ですので,注意が必要です)。

    本件で警察の出番になるとすれば,その嫌がらせ行為がストーカー規制法に定める「つきまとい等」に該当する場合などが想定されますが,ご質問の内容だけでは回答が困難です。

この投稿は、2019年04月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから