婚姻費用の支払いについて

婚姻費用の支払いで既払い分との金額調整は可能なんでしょうか。

別居後、夫から婚姻費用の支払いは受けておりましたが、住居費、保険料(夫名義も含む)保育料等の口座は私が管理していたため、そちらに全額入金しておりました。

ただ、それらのら引き落とし額よりももちろん渡される金額の方が低いので口座の残はどんどん減っていき、残は毎月かつかつ状態です。

突如、夫が今まで自分が支払ってきた婚姻費用は算定額以上だから、支払いすぎた自分がバカだったと言い、数ヶ月支払いすらしてくれません。
残がなくなると家賃も保育料も保険も困るので私の給料から今のところ充当していますが、夫の保険料まで私が支払う義務があるのでしょうか??

夫がどのような金額調整を考えているのか不明ですが、過去に支払ってきた分が多すぎたからといって、今後の金額を調整して減額したうえで支払うなんてことは認められるのでしょうか??











2018年02月03日 04時29分

みんなの回答

吉田 英樹
吉田 英樹 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 大阪府1 離婚・男女問題に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう
婚姻費用は、まずは合意により定められた額が支払われることになります。以前の合意に従って、これが支払われていたのであれば、それを前払いをしていたなどと後に主張することはできないものとも考えられます。また合意が成立しない場合の婚姻費用については、基本的に算定表に基づいて決定されますので、「裁判所 婚姻費用 算定表」で検索して頂ければと思います。
もしこのまま婚姻費用が支払われないのであれば、婚姻費用分担の調停を申し立てることもご検討ください。一般的に、調停で定められる婚姻費用は、調停申立時から計算されることもありますので、この点もお伝えしておきます。
なお、夫の保険料をこちらが支払っているなど、現在お互いの支出が整理されていないようにも思います。少なくともこれは婚姻費用から支出されるものではないとも考えられますので、この点でも協議が調わないのであれば、先ほどの調停内で整理する必要があるようにも思います。
婚姻費用は、別居する妻の生活の基礎となる大切なものです。現在の支出状況も含め、今後の見通しを定めるために、上記をふまえ、一度弁護士に、面談相談をされてもいいかもしれないですね。

2018年02月03日 07時06分

相談者
吉田先生

ご回答いただき、ありがとうございます。
婚姻費用の請求を調停で申立した場合、決定前の未払い月分についてはどう清算されるのでしょうか??
別居時の口座残高を財産分与の対象額とされると、別居後の夫の保険等の引き落とし分は考慮されるのでしょうか??
お教えいただけますと幸いです。

2018年02月05日 12時31分

吉田 英樹
吉田 英樹 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 大阪府1 離婚・男女問題に注力する弁護士
ありがとう
まず婚姻費用については、決定時に、今後の毎月の支払額と申立てから決定までの婚姻費用の合計額の支払いが求められます。
また財産分与は、別居時基準で判断されますが、必ずしも別居後の事が全く無視されるものではありません。もっとも、どなたの名義の口座から引き落としされているかも含め、やや複雑な処理となっているようにも思いますので、早期にお互いがご自身名義の口座を管理し、各々が支払うべきものの支払いがなされるようにされないと、このあたりの処理は非常に困難となるのではないかと考えます。
なおご主人名義の保険も、婚姻中に加入していればもちろん、婚姻前に加入したものであっても、婚姻後に保険料が支払われているのであればその範囲で、別居時基準で財産分与の対象となりますので、この点はご安心頂ければと思います。

2018年02月05日 14時40分

相談者
吉田先生

ご回答いただき、ありがとうございます。
婚費については、申立前の未払い分は請求できないということでしょうか??
それとも財産分与な歳に未払い分も考慮されるのでしょうか。


2018年02月05日 16時25分

吉田 英樹
吉田 英樹 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 大阪府1 離婚・男女問題に注力する弁護士
ありがとう
まず婚姻費用は、基本的には請求時からとされておりますが、申立時からとされることが一般です。もっとも、この点は、以前の合意の点も含めて、十分にご主張頂ければと思います。また前払いの点についても、様々なご主張がされると思いますが、以前に合意があって、そのとおり支払われたにすぎないし、前払いに合意したこともないことをしっかりお伝えください。
その他、財産分与での考慮ですが、このあたりは意見が分かれる部分もあります。仮に考慮するとしても、前記申立時からとされることも多いとはいえますが、この点も合意の事実を主張するなどして、未払分を考慮するよう求めるようにしてください。

2018年02月05日 16時54分

この投稿は、2018年02月03日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

費用の相場など離婚問題に関する弁護士知識

離婚したい場合や慰謝料の請求がしたい場合には、訴訟にまで発展するケースも多く、弁護士に依頼することが多い分野となっています。弁護士に依頼する...

「離婚したい!」と思ったら。離婚の流れや対処法

暴力を振るう夫と離婚したい。不倫した妻と離婚したい。離婚したいと思う理由は人それぞれですが、手続きの流れや起こり得るトラブルへの対処法は、誰...

離婚にあたり知っておくべきお金のこと

配偶者の不倫を理由に離婚を考えていても、経済的な理由から別居などの行動に一歩踏み出せないという方もいるでしょう。ですが、離婚する際には慰謝料...

事実婚の相手に養育費を支払ってもらえる?

事実婚の状態にある男性との間に子どもが生まれた場合、子どもを育てるために必要なお金を支払ってもらうことができるのでしょうか。別の男性との間に...

離婚交渉の弁護士利用のメリットと費用

配偶者と離婚に向けた話合いを進めるにあたって、弁護士に依頼することを考えている人もいるでしょう。この記事では、弁護士に依頼することで受けられ...

今するべきことがわかります

今するべきことがわかります 離婚・男女問題のやること診断

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

この相談に近い法律相談

  • 別居費用について

    分担費用について、算定表通りの金額を支払ってもらう様、金額を夫に連絡した所、 算定の根拠が分からず、現実に支払い能力を超える金額をお約束しても履行が出来なければ双方が困ります。 という返事があり、4万だったら支払えるとの事。 給与は今月30万を越しており、支払えない理由が分かりません。理由を聞くべきでしょう...

  • 婚姻費用の分割払いについて。差し押さえについて。

    この度、婚姻費用が審判で決まりました。 申し立て時に遡って支払い命令が出ましたが、未払い分の一括での支払いは出来ないと言われています。 今後の毎月の婚姻費用は支払ってくれるそうです。 収入や支払い状況を考慮して、一括での支払い命令になったと思いますが(支払期限が設けられていない)、分割に応じるしかないのでしょう...

  • 給与差し押さえ

    お忙しいところすいません。 私は子供が二人おります。離婚後、元嫁に養育費を二人分で8万円支払っていました。 しかし、離婚成立時より給与が下がった事と、私が再婚した事もあり 8万円を支払う事が困難になり、養育費の減額調停を申し立てました。 支払う事ができる3万円程は支払っていましたが、全額は支払えませんでした。 ま...

  • 別居中、管理費はどちらが払うべきものなのでしょうか?

    前回も質問させて頂きましたが、そもそも管理費は居住している者が払う義務があるのか、(婚姻分担費と別に)名義人が払う義務があるのかを教えて下さい。 前回の質問↓↓ 交際している彼の元妻のことで質問させて下さい。 離婚前の別居期間中、彼が実家に帰り、元妻と子どもは彼名義のマンションで生活していました。 元妻も収...

  • 消費者金融 支払い義務

    先日離婚致しました。 養育費と慰謝料あわせて月7万を支払うのですが、妻名義の消費者金融の借金が1社ありまして、別居時は婚姻費用に含んだ形で私が払っていました。 離婚調停調書に借金の支払いの約束がない場合、支払い義務はあるのでしょうか? 借金は主に生活費です。

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

離婚・男女問題の「トラブル体験談」

Aさん(30代女性)

DVを繰り返す夫から自由に - 2人の子どもの親権と養育費を勝ち取ったAさんの体験談

  • DV
  • 親権
  • 養育費
  • 面会交流

結婚11年目のAさんは、パートで働きながら8歳と10歳の子どもを育てる母親でした。会社勤めをしている夫は、家事や育児に協力しないだけでなく...

Bさん(20代女性)

性格の不一致から夫との生活が苦痛に - うつ病を患いながら離婚を成立させたBさんの体験談

  • 性格の不一致による離婚
  • うつ病
  • 新居の処分

結婚1年目のBさんは、夫と共働きの二人暮らし。当時仕事に追われていたBさんは、家庭内での夫の態度に違和感を覚えるようになっていました。B...

Cさん(40代女性)

育児・家事に無関心な夫と離婚 - 3人の子どもの親権・養育費を争ったCさんの体験談

  • 親権
  • 養育費
  • 財産分与
  • 年金分割

Cさんは、3人の子どもを育てる専業主婦でした。公務員の夫は、結婚当初から家庭内のことに無関心でした。「子どもが生まれたら変わるかな」と...

依頼前に知っておきたい弁護士知識

離婚・男女問題に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

離婚・男女問題の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

離婚・男女問題のニュース

  1. 教員の30代夫が「職場不倫」、相手は「50代女...
  2. 「胸を見せて!」夫がハマったライブチャット...
  3. 交際中の人妻が妊娠、一緒になりたいのに夫が...
  4. 既婚の彼と結婚したい!「駆け落ちしちゃえば...
  5. 既婚男、出会い系で知り合ったシンママを妊娠...
  6. 「離婚調停に協力して」頼んできたのは、不倫...
  7. 愛した独身のカレは「偽名の既婚者」だった!...

活躍中の弁護士ランキング

離婚・男女問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。