1. 弁護士ドットコム
  2. 離婚・男女問題
  3. 訴訟の取り下げについて

公開日:

訴訟の取り下げについて

2017年11月18日
ベストアンサー
訴訟の取り下げを検討中ですが、
期日前だと、答弁書が出ていても
取り下げは可能なのでしょうか?

よろしくお願いします。
相談者(605936)の相談

みんなの回答

豊芦 弘
豊芦 弘 弁護士
弁護士が同意2
ベストアンサー
ありがとう
答弁書が出されている場合には,相手方の同意が必要です。

(訴えの取下げ)
第261条 訴えは、判決が確定するまで、その全部又は一部を取り下げることができる。
 2 訴えの取下げは、相手方が本案について準備書面を提出し、弁論準備手続において申述をし、又は口頭弁論をした後にあっては、相手方の同意を得なければ、その効力を生じない。ただし、本訴の取下げがあった場合における反訴の取下げについては、この限りでない。

2017年11月18日 15時09分

この投稿は、2017年11月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

弁護士に依頼する適切なタイミング

離婚調停や離婚訴訟にあたって弁護士に依頼する場合、どのタイミングで依頼することが適切なのでしょうか。すでに調停が始まった後からでも依頼できる...

「離婚したい!」と思ったら。離婚の流れや対処法

暴力を振るう夫と離婚したい。不倫した妻と離婚したい。離婚したいと思う理由は人それぞれですが、手続きの流れや起こり得るトラブルへの対処法は、誰...

費用の相場など離婚問題に関する弁護士知識

離婚したい場合や慰謝料の請求がしたい場合には、訴訟にまで発展するケースも多く、弁護士に依頼することが多い分野となっています。弁護士に依頼する...

離婚協議後の流れと話合いが成立しない場合

財産の分け方や子どもの親権をどちらがもつのかなど、離婚の条件について、夫婦の話合いで決めることができたら、その内容を離婚協議書にまとめ、公正...

離婚を考え始めたら。離婚成立までの流れ

結婚するときは「この人に一生添い遂げよう」と愛を誓ったけれど、一緒に生活する中で、すれ違いがたび重なり、夫婦間の溝が埋められないほどに深くな...

やること診断

今するべきことがわかります 離婚・男女問題のやること診断

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

この相談に近い法律相談

  • 訴訟の取り下げ後の再訴訟

    お尋ねいたします。 訴訟を取り下げた後の、同じ案件で再度訴訟手続きは可能でしょうか。 取り下げ時は、第1回期日に至っていない状況とし、 また、訴訟内容の損害賠償金額等も見直しを含めて再度訴訟するものとします。 ご教授願います。

  • 「直ちに」の期間と訴訟について

    内容証明で直ちに民事訴訟を視野に入れた法的措置を検討致して おりますので、念のため申し添えます。相手に送ったのですが直ちにとはいつまででしょうか。それを超えたら訴訟は起こせないのでしょうか

  • 訴訟問題について。訴訟を取り下げは可能ですか?

    第1回口頭弁論期日呼び出し状及び答弁書催告状の封筒が届きました。 中を開けると、原告から訴訟が提出されました。 っと書いてました。 訴訟を取り下げは可能ですか? 原告に話せばよいのか? 原告担当の弁護士に話せば良いのか? 宜しくお願いします。

  • 小額訴訟取り下げ期限および方法について

    現在、小額訴訟をしていますが、おおむね何日まで取り下げが、可能でしょうか。 また、取り下げ方法は、取り下げ書がありそれを記載すればよいのでしょうか。 裁判所に行き手続きが必要なのでしょうか。 よろしくお願いいたします。

  • 訴訟の取下げについて

    本人訴訟の原告です 被告答弁書の結語として「本件訴訟を取下げるべきだ。」とあり 第一回口頭弁論期日後ですが,同意を得たものとしてとして訴訟を取下げれますか。 それとも被告の同意が必要ですか。 よろしくご回答をお願い申し上げます。

法律相談を検索する

よく見られているキーワード

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

離婚・男女問題の「トラブル体験談」

Aさん(30代女性)

DVを繰り返す夫から自由に - 2人の子どもの親権と養育費を勝ち取ったAさんの体験談

  • DV
  • 親権
  • 養育費
  • 面会交流

結婚11年目のAさんは、パートで働きながら8歳と10歳の子どもを育てる母親でした。会社勤めをしている夫は、家事や育児に協力しないだけでなく...

Bさん(20代女性)

性格の不一致から夫との生活が苦痛に - うつ病を患いながら離婚を成立させたBさんの体験談

  • 性格の不一致による離婚
  • うつ病
  • 新居の処分

結婚1年目のBさんは、夫と共働きの二人暮らし。当時仕事に追われていたBさんは、家庭内での夫の態度に違和感を覚えるようになっていました。B...

Cさん(40代女性)

育児・家事に無関心な夫と離婚 - 3人の子どもの親権・養育費を争ったCさんの体験談

  • 親権
  • 養育費
  • 財産分与
  • 年金分割

Cさんは、3人の子どもを育てる専業主婦でした。公務員の夫は、結婚当初から家庭内のことに無関心でした。「子どもが生まれたら変わるかな」と...

依頼前に知っておきたい弁護士知識

離婚・男女問題に注力する弁護士

最近検索されたキーワード

離婚・男女問題の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

離婚・男女問題の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。