弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

離婚・男女問題 : 離婚の流れやトラブルへの対処法

控訴審でのセカンドオピニオンについて

一審で敗れた後、代理人から勝つために事件を別の角度から見る為別
の弁護士からセカンドオピニオンを求めることを提案されました。
どの弁護士がいいかわからないので弁護士の選択は代理人にお願いし
ましたがこういったことは普通なのでしょうか。
> どの弁護士がいいかわからないので弁護士の選択は代理人にお願いし
> ましたがこういったことは普通なのでしょうか。

・・・当事者ご本人が セカンドオピニオンを求めて 1審と別の弁護士に相談・依頼されることはよくありますが 1審代理人からの紹介というのはさほど多くはないと思います。
◆ 自分以外の弁護士をセカンドオピニオンに付けた方がいいと勧めるというのは、むしろ少ないと思います。
◆ それと、その弁護士に、セカンドオピニオンを選択させるというのは、ややおかしな気がします。
  貴殿ご自身でお探しになられるべきかと思います。
◆ 弁護士は、自分にあまり自信がない分野の相談を受けたときは、初めから、その分野に強い弁護士を紹介したり、あるいはそういう弁護士と一緒にやる(その弁護士を主任とするなどして)ということはよくありますが、途中からセカンドを付けた方がいいと勧めるということはあまりないと思います。
◆ それと、貴殿の弁護士は、ある意味、非常に誠実な弁護士なのかもしれません。
  「セカンドを」とのご発言は、自分一人ではやっていく自信がなくなってしまった、もっと、自分よりも力のある弁護士に頼った方がいいとおっしゃっているようなものですが、そういうことを弁護士はプライドが邪魔をして、なかなか言い出せるものではありません。
◆ それと、話は若干横道にずれますが、一審で敗訴として逆転勝訴とするには、第1審の裁判官の判断があまりにおかしかったとか、貴殿にとって新しい有利な証拠が見つかったとか、そういった事情がないと、かなり厳しいものがあります。
  裁判は、事実と証拠が勝負です。
  弁護士の力とか、弁護士の得手不得手とか、そういうこと『だけ』で結論が変わるということはありません。
  弁護士のミスで(不得手なのでよく分からなかったために)、有利な事実をしっかり主張できなかったとか、有利な証拠がある筈なのにそれに気が付かなかったとか、そういうことで結論が変わってくることはありますが、事実それ自体は変わらない、新しい証拠も出てくるわけではないとなると、率直に申し上げて、いくら有能な、その分野が得意な弁護士が付いたとしても、結論が変わることは期待できません。

アイスミルクさん
2017年11月03日 17時57分

みんなの回答

森田 英樹
森田 英樹 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 大阪府5
ありがとう

2017年11月03日 18時39分

鈴木 克巳
鈴木 克巳 弁護士
離婚・男女問題に注力する弁護士
ありがとう

2017年11月03日 18時55分

この投稿は、2017年11月03日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

離婚調停や訴訟をする場合に弁護士に依頼する適切なタイミング

離婚調停や離婚訴訟にあたって弁護士に依頼する場合、どのタイミングで依頼することが適切なのでしょうか。すでに調停が始まった後からでも依頼できる...

不倫相手に慰謝料を求めるときの注意点…相談者と弁護士のQ&Aまとめ

配偶者の不倫が原因で離婚することになり、「慰謝料を請求したい」と考えたとき、配偶者だけではなく、不倫相手にも請求したいと思う方もいるでしょう...

離婚の弁護士費用の相場はいくらか?離婚問題を弁護士に依頼する際に知っておきたい基礎知識

離婚したい場合や慰謝料の請求がしたい場合には、訴訟にまで発展するケースも多く、弁護士に依頼することが多い分野となっています。弁護士に依頼する...

離婚の交渉を弁護士に依頼した場合に受けられるサポートと弁護士費用の相場

配偶者と離婚に向けた話合いを進めるにあたって、弁護士に依頼することを考えている人もいるでしょう。この記事では、弁護士に依頼することで受けられ...

離婚に強い弁護士の選び方

一口に離婚すると言っても、離婚の是非だけでなく、財産分与や慰謝料などのお金の問題、親権や養育費といった子どもに関する問題など、様々な問題が伴...

この相談に近い法律相談

  • 弁護士のセカンドオピニオンについて

    現在、個人再生の申し立てを行っている段階です。 裁判所から書類の補正を依頼されているところですが、弁護士のアドバイスが二転三転する為、書類の作成に時間かかり、このままでは債権者からの訴訟もありえると聞き、 焦りと同時にこの弁護士への不信感も出てきました。 そこでお伺いしたいのですが、弁護士のセカンドオピニオン...

  • 弁護士のオピニオン。オピニオン勧めますか?

    「心身の不調で訪れるのが病院なら社会生活の不調で訪れるのが法律事務所」と聞きました。 「心身の不調も自分でどうにかする人もいればかかりに行く人もいる、多少の不調なら医学書買って来て独学してどうにかしたり。自分でどうにもできないレベルなら皆かかる。法律事務所も同じ。」と聞きました。 話が長くなりました。 今の時代...

  • 弁護士のセカンドオピニオンについて

    弁護士のセカンドオピニオンを行う場合、もとの弁護士のコメント資料などを見せて話をした方が良いのでしょうか? それともそういう資料を見せると先入観が入るので、見せない方が良いのでしょうか? 前の弁護士に説明された時の録音内容、協力医のコメント資料を見せて、改めて調査を依頼しようと思ったんですが・・ アドバイ...

  • 提訴中にセカンドオピニオン

    提訴中ですが、他の弁護士にセカンドオピニオン活用を検討しています。 相手側弁護士事務所を調べると大きな問題を幾度と解決した敏腕揃いで、かなり不安です。 依頼している弁護士を疑っているのではないですが、遂次セカンドオピニオンで確認しながら進めて行きたいのですが可能でしょうか?その場合、依頼弁護人の気分を損うことに...

  • セカンドオピニオン

    お世話になっています。 (痛ましい事件が連想されるためニックネームを変更しました) セカンドオピニオンとして、代理人契約をしていない弁護士さんに相談を予定しています。(結果として)DV事案ばかりを取り扱う事務所です。 私の弁護士さんは、登録年数がまだお浅く、これまでも、こちらの質問で得た知識や、ご見解、ご意見を...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

離婚・男女問題の「トラブル体験談」

Aさん(30代女性)

DVを繰り返す夫から自由に - 2人の子どもの親権と養育費を勝ち取ったAさんの体験談

  • DV
  • 親権
  • 養育費
  • 面会交流

結婚11年目のAさんは、パートで働きながら8歳と10歳の子どもを育てる母親でした。会社勤めをしている夫は、家事や育児に協力しないだけでなく...

Bさん(20代女性)

性格の不一致から夫との生活が苦痛に - うつ病を患いながら離婚を成立させたBさんの体験談

  • 性格の不一致による離婚
  • うつ病
  • 新居の処分

結婚1年目のBさんは、夫と共働きの二人暮らし。当時仕事に追われていたBさんは、家庭内での夫の態度に違和感を覚えるようになっていました...

Cさん(40代女性)

育児・家事に無関心な夫と離婚 - 3人の子どもの親権・養育費を争ったCさんの体験談

  • 親権
  • 養育費
  • 財産分与
  • 年金分割

Cさんは、3人の子どもを育てる専業主婦でした。公務員の夫は、結婚当初から家庭内のことに無関心でした。「子どもが生まれたら変わるかな」と...

依頼前に知っておきたい弁護士知識

離婚・男女問題に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

離婚・男女問題の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

離婚・男女問題の人気法律相談

  1. 不倫の慰謝料として400万円は高いですか?
  2. 離婚調停中の不貞行為
  3. 別居後の子供の面会要請
  4. 慰謝料請求の為の証拠を確保したい
  5. 不倫の証拠はどこまでが有効ですか?
  6. 旦那の不倫相手に慰謝料請求
  7. 離婚調停について

離婚・男女問題のニュース

  1. 出会い系の相手女性から「赤ちゃんできた」の...
  2. 突然別れを切り出され同棲解消…彼女のお願い...
  3. ジョジョの奇妙な生い立ち…第5部主人公「ジョ...
  4. 「柳井社長もやってみて」身分隠してユニクロ...
  5. パートナーの「浮気相手」に社会的制裁を加え...
  6. 離婚後の養育費「20歳まで」の壁を越えるには...
  7. 「独身税」めぐり「独ハラだ!」とネットで炎...

活躍中の弁護士ランキング

離婚・男女問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。