控訴審での和解条項について

公開日: 相談日:2017年04月21日
  • 1弁護士
  • 1回答
ベストアンサー

高裁の控訴審で和解が検討される場合、和解条項は、「控訴人と被控訴人は」という書き方でしょうか。それとも「原告と被告は」という書き方でしょうか。

また、「訴訟費用は」とした場合、一審の訴訟費用も含まれると考えてよいでしょうか。

よろしくお願いいたします。こちらは被控訴人です。

544173さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    大阪府2位

    川添 圭 弁護士

    注力分野
    離婚・男女問題
    弁護士が同意
    2
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    控訴審の和解調書であれば,当事者の表記は「控訴人」「被控訴人」となるのが基本でしょう(事案によっては,それらと併記する形で「一審原告」「一審被告」という表現を使う可能性はありますが)。

    訴訟費用の条項については,例えば「訴訟費用は,第1,2審とも各自の負担とする。」といった表現が基本形ではないかと思います。

この投稿は、2017年04月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから