デートDVとモラハラで訴える場合

精神科や心療内科での診断書があった場合とない場合とでは、どのくらいの差が出てきますか?
2015年11月11日 17時14分

みんなの回答

中間 隼人
中間 隼人 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 神奈川県4 離婚・男女問題に注力する弁護士
弁護士が同意1
ありがとう
明確には言えません。DVの具体的な内容等様々な事情の総合判断になってきます。

2015年11月11日 17時18分

大村 真司
大村 真司 弁護士
弁護士が同意1
ありがとう
診断書などは、損害を算定する上での参考にはなるでしょう。ただ、精神的な疾患への影響という部分では、因果関係が認められるかどうか、という点に関しては、診断書はあまり大きな意味を持たない場合が多いと思います。

DVの内容がどのようなものか、それについて証拠があるか、といった部分の方が重要です。診断書などではその代替はできないでしょう。

2015年11月11日 17時25分

この投稿は、2015年11月11日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

弁護士に依頼する適切なタイミング

離婚調停や離婚訴訟にあたって弁護士に依頼する場合、どのタイミングで依頼することが適切なのでしょうか。すでに調停が始まった後からでも依頼できる...

「離婚したい!」と思ったら。離婚の流れや対処法

暴力を振るう夫と離婚したい。不倫した妻と離婚したい。離婚したいと思う理由は人それぞれですが、手続きの流れや起こり得るトラブルへの対処法は、誰...

離婚協議後の流れと話合いが成立しない場合

財産の分け方や子どもの親権をどちらがもつのかなど、離婚の条件について、夫婦の話合いで決めることができたら、その内容を離婚協議書にまとめ、公正...

調停で決めた面会交流のルールが守られない場合の対処法

離婚調停で面会交流について取り決めをしたにもかかわらず、離婚後、約束通りに実施されない場合はどうすればよいのでしょうか。この記事では、面会交...

費用の相場など離婚問題に関する弁護士知識

離婚したい場合や慰謝料の請求がしたい場合には、訴訟にまで発展するケースも多く、弁護士に依頼することが多い分野となっています。弁護士に依頼する...

今するべきことがわかります

今するべきことがわかります 離婚・男女問題のやること診断

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

この相談に近い法律相談

  • パワハラで訴えられた場合

    以前の質問に関係した内容です。 仮に訴えられたとした場合です。 相手に対してパワハラと呼べる言動は一切ありません。 ただ、指導が厳しいので、不満を持つ社員は少なくありません。 もし、その不満を持つ社員が上司に対して不利な証言をした場合、上司が不利になる場合はありますか。

  • 同僚を告訴する場合について

    退職前提で話を進めなければならないのか? 会社へのペナルティー無しに同僚を告訴することは、可能か? また告訴に至り会社にペナルティーがあった場合、逆に告訴されることはあるのか?

  • 不正アクセス禁止法にはなりませんか?

    数あるSNSがありますが、大して入りたいとも思わない、でも、興味のある分野が載っているらしく、その時だけみたい場合、 それを偶然、友人や妻がやっていた場合、本人の操作で了解の元、見せてもらうことは、不正アクセス禁止法にはなりませんか?

  • セクハラ証拠のカルテについて

    セクハラの示談交渉中です。 カルテを提出する場合、書かれている内容は全て見せないといけませんか? 例えば、持病(精神的負担の原因にはなっていない)の記載があったとして、会社側に持病を知られたくない場合。 その箇所を隠しても構わないのでしょうか?

  • アルコール依存症

    離婚において、アルコール依存症を第一に理由として挙げたいのですが、この場合病院で診断されないとダメなのでしょうか? 被害を受けていてもそれだけではだめなのでしょうか? 調停等なった場合、病院での診断など強制的に行ってもらえるのでしょうか?

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

離婚・男女問題の「トラブル体験談」

Aさん(30代女性)

DVを繰り返す夫から自由に - 2人の子どもの親権と養育費を勝ち取ったAさんの体験談

  • DV
  • 親権
  • 養育費
  • 面会交流

結婚11年目のAさんは、パートで働きながら8歳と10歳の子どもを育てる母親でした。会社勤めをしている夫は、家事や育児に協力しないだけでなく...

Bさん(20代女性)

性格の不一致から夫との生活が苦痛に - うつ病を患いながら離婚を成立させたBさんの体験談

  • 性格の不一致による離婚
  • うつ病
  • 新居の処分

結婚1年目のBさんは、夫と共働きの二人暮らし。当時仕事に追われていたBさんは、家庭内での夫の態度に違和感を覚えるようになっていました。B...

Cさん(40代女性)

育児・家事に無関心な夫と離婚 - 3人の子どもの親権・養育費を争ったCさんの体験談

  • 親権
  • 養育費
  • 財産分与
  • 年金分割

Cさんは、3人の子どもを育てる専業主婦でした。公務員の夫は、結婚当初から家庭内のことに無関心でした。「子どもが生まれたら変わるかな」と...

依頼前に知っておきたい弁護士知識

離婚・男女問題に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

離婚・男女問題の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

離婚・男女問題のニュース

  1. 遠距離10年愛の末路、彼女は「他の男と同棲」...
  2. 10キロ増の妻に「見た目がイヤ」「離婚しない...
  3. 「あまりに理不尽」恩師からのキスで、妻に30...
  4. 単身赴任は別居なの? 不倫し放題の夫「オレ...
  5. 妻に不倫された夫が「もう一度、ホテルへ行っ...
  6. 教員の30代夫が「職場不倫」、相手は「50代女...
  7. 「胸を見せて!」夫がハマったライブチャット...

活躍中の弁護士ランキング

離婚・男女問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。