離婚後の元義母からの請求について

公開日: 相談日:2022年09月05日
  • 4弁護士
  • 6回答

【相談の背景】
私は5年程前に性格の不一致により離婚したのですが、婚姻時に住んでいた二世帯住宅は、土地が義母親名義、家屋は私名義で、私世帯が住宅ローンを支払っていました。

家屋は元妻側の祖母、親戚を介護をするのを前提でエレベーター、手摺、リフトを備え付けた為、一般的に建てるより高額になりました。

親戚、祖母を実際に見送り、数年後からは土地の固定資産税も私世帯で支払っていました。

家屋が完成して10年程住んでいたのですが、離婚する時にはオーバーローン状態で、話し合いの結果私が出ていけば、住宅ローンが支払え無くなる為、売却する事になりました。

その際、土地も一緒に売却しないと買い手が付きにくいという、不動産屋の助言通りに売却話を進めて行き、最終的に買い手が現れたのですが、土地と建物の名義が違うので、住宅ローンの不足分は土地売却代金から補填しないと売却できない状態でした。

その後、承諾を得て土地売却代金から、住宅ローン完済分を補填し、残金は義母親に渡しました。

その当時には、将来的に不足分を返済するとの覚書等を交わしておらず、こちら側は自宅介護を出来る様な環境を整えた自負もあったので、話しはそこで終わりだと思っていました。

つい最近になり、以前の土地売却代金から補填した分の半分を返して欲しいと言われています。

【質問1】
この場合、話し合いに応じ補填分の半分を返却する等の対応をしなければいけないのでしょうか?

また、意見が対立する事が予想されますので、ベストな解決方法はどの様になるのでしょうか?

1181459さんの相談

この相談内容に対して 弁護士への個別相談が必要なケースが多い

と、4人の弁護士が考えています

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    京都府3位
    弁護士が同意
    1
    タッチして回答を見る

    【質問1】
    この場合、話し合いに応じ補填分の半分を返却する等の対応をしなければいけないのでしょうか?

    具体的状況によりますので、一概には言えません。
    仮に相手が裁判で支払いを求めてきた場合、最終的には裁判官の判断です。


    >また、意見が対立する事が予想されますので、ベストな解決方法はどの様になるのでしょうか?

    まずは弁護士に相談に行ってみるのが一番だと思います。
    ネット上で数行事情を書いていただくより、詳しい事情をもとにアドバイスが受けられます。

    一般論としてですが、

    ・支払い拒否→裁判してきたら反論
    ・ある程度支払って穏便に話し合いで解決することを提案

    がありうると思います。

  • 弁護士ランキング
    大阪府1位

    吉田 英樹 弁護士

    注力分野
    離婚・男女問題
    タッチして回答を見る

    お困りかと思いますので、お答えいたします。
    > 【質問1】
    > この場合、話し合いに応じ補填分の半分を返却する等の対応をしなければいけないのでしょうか?
    →当時の合意内容が問題にはなると思います。これまで何も言ってこなかったことは,それで解決したということを示す一つの事情にはなりますが,なぜ今請求してきたかという点は,問題にはなると思います。しっかりとした書面がなければ争いになることは予想されるので,一度弁護士に面談相談して,見通しと,今後の進め方を検討された方がよいと思います。

    一般的なお答えとなり恐縮ですが、ご参考に頂ければと思います。

  • 弁護士ランキング
    大阪府3位

    森田 英樹 弁護士

    注力分野
    離婚・男女問題
    タッチして回答を見る

    > この場合、話し合いに応じ補填分の半分を返却する等の対応をしなければいけないのでしょうか?
    > また、意見が対立する事が予想されますので、ベストな解決方法はどの様になるのでしょうか?

    > 将来的に不足分を返済するとの覚書等を交わしておらず、こちら側は自宅介護を出来る様な環境を整えた自負もあったので、話しはそこで終わりだと思っていた
    > 二世帯住宅
    > 家屋は元妻側の祖母、親戚を介護をする
    > 親戚、祖母を実際に見送り、数年後からは土地の固定資産税も私世帯で支払ってい
    住宅ローンの借主は あなたと元妻の2人であったか
    そのうえで 立て替え金額がどの程度であったか
    仮にあなたが自己破産などして 競売になった場合には 土地所有者に残余金が残らない可能性があったか
    等の事情を確認しなければ 回答は難しいです。
    事情を説明したうえで どのような反論が可能かについて 弁護士に直接相談されるのが良いケースだと思います。

  • 野条 健人 弁護士

    注力分野
    離婚・男女問題
    タッチして回答を見る

    意見が対立する事が予想されますので、ベストな解決方法はどの様になるのでしょうか?

    なかなかお答えが一概にはいえませんが、確かに意見が対立する場面がみえてきますね。弁護士さんに一度相談して早期に動いていかれることをおすすめします。

  • 相談者 1181459さん

    タッチして回答を見る

    4人の先生から回答を頂きありがとうございました。

    共通していたのは、やはり弁護士さんに相談した方が良いとの事でした。

    近々、相手方との話し合いが有ると思われるので、その際にあまりにも無茶な要求であれば、いずれかの先生に相談し、解決策をご教示頂きたく思います。

    今回はありがとうございました。

  • 弁護士ランキング
    京都府3位
    タッチして回答を見る

    > 近々、相手方との話し合いが有ると思われるので、その際にあまりにも無茶な要求であれば、いずれかの先生に相談し、解決策をご教示頂きたく思います。

    はい。それがいいと思います。

    相談の下準備として、

    ・相手の要求している具体的な内容
    ・それを要求する根拠(もし相手が言っていれば)

    をメモしておくと、相談に行った際に弁護士も回答しやすいと思います。

この投稿は、2022年09月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す

弁護士回答数

-件見つかりました