ベストアンサー

間接強制却下の抗告について

いつも御世話になっております。

今回も御回答宜しく御願いいたします。

面会をさせる、という文言は給付事項ではないという理由で、
間接強制の申立てが却下され、抗告をするか考えています。


抗告をした場合についてお聞かせ願いたいのですが、

1:
抗告をした場合は、通常の裁判と同じように、高裁に出廷する必要はありますか?

2:
抗告の申立てを行う場合、1週間以内に抗告理由を書き連ねるのは難しいので、
”決定に不服があるので抗告する。抗告理由については後日送付する。”
と、とりあえず書いて送るだけでも大丈夫でしょうか?


以上です、よろしく御願いいたします。



相談者(116668)からの相談
2012年04月16日 01時01分

みんなの回答

相談者(116668)
内容を訂正いたします。


×→面会をさせる、という文言は給付事項になっていない

〇→面会を認める、という文言は給付事項になっていない

です

2012年04月16日 07時15分

弁護士A
ベストアンサー
ありがとう
1.一般的に、出廷する必要はありません。
ほとんどの場合、書面のみで審理されます。

2.抗告後14日間で抗告理由を提出すればいいことになっています。

(原裁判の取消し事由等を記載した書面)
民事訴訟規則第二百七条 法第三百三十条(再抗告)の抗告以外の抗告をする場合において、抗告状に原裁判の取消し又は変更を求める事由の具体的な記載がないときは、抗告人は、抗告の提起後十四日以内に、これらを記載した書面を原裁判所に提出しなければならない。

3.残念ながら、間接強制の文言がないと、抗告しても認められる可能性はほとんどないと考えます。
再度面会交流の調停を申立て、間接強制のできる内容の条項を得るべきだと思います。

2012年04月17日 07時23分

この投稿は、2012年04月16日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

調停で決めた面会交流のルールが守られない場合の対処法

離婚調停で面会交流について取り決めをしたにもかかわらず、離婚後、約束通りに実施されない場合はどうすればよいのでしょうか。この記事では、面会交...

費用の相場など離婚問題に関する弁護士知識

離婚したい場合や慰謝料の請求がしたい場合には、訴訟にまで発展するケースも多く、弁護士に依頼することが多い分野となっています。弁護士に依頼する...

「有責配偶者」の離婚請求は認められるか

妻以外の女性と不倫して肉体関係にある。彼女と結婚するために離婚したいーー。身勝手な願いのようにも思えますが、こうした理由で離婚を求めることは...

財産分与の対象となる財産と手続の進め方

離婚するとき、結婚している間に貯めたお金や不動産、車などの財産を夫婦で分け合うことを「財産分与」といいます。この記事では、財産分与の対象とな...

「離婚したい!」と思ったら。離婚の流れや対処法

暴力を振るう夫と離婚したい。不倫した妻と離婚したい。離婚したいと思う理由は人それぞれですが、手続きの流れや起こり得るトラブルへの対処法は、誰...

やること診断

今するべきことがわかります 離婚・男女問題のやること診断

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

この相談に近い法律相談

  • 抗告について。とだけ書いて送っても大丈夫でしょうか?

    いつもご回答頂き、ありがとうございます。 今回は再質問となりますが、宜しくおねがいします。 面会交流の間接強制申立が、家裁で却下されたので、高裁に抗告をする事を考えています。 (面会を認めるという文言が引っ掛かったみたいです) 高裁に抗告した場合なのですが、、 1・ 抗告審となりますが、通常の裁判...

  • 抗告審での面会交流日時の決定

    審判(正しくは抗告審)で、面会交流の具体的日時の決定を求めています。 即時抗告申し立て以降に、面会交流可能な曜日についての抗告人の事情変更(仕事上の理由)が発生しました。 (1)事情変更を理由として、即時抗告申立時の請求内容(≒原審決定)を変更するように、抗告理由書提出以降に上申した場合、認められる可能性はあ...

  • 即時抗告審理期間

    面会交流の即時抗告についてご教授ください。 審理期間から決定までどの位の期間を要するでしょうか? 審理の場所は東京地裁です。 その後、特別抗告(最高裁)は良くあることなのでしょうか? もし特別抗告しない場合、告知期日から2週間後が確定と考えてよろしいのでしょうか? よろしくお願い致します。

  • 抗告の期間の確認をお願いします。

    面会交流の審判を高裁に抗告する場合は、 決定の通知を受けた当日から2週間以内に抗告状を提出する。 抗告状に理由が書けない場合は、「追って理由書を提出する」と記載する。 抗告状を提出してから2週間以内に抗告の理由書を提出する。 この3つの認識で間違いないですよね?

  • 特別抗告の理由書を送る期限は?

    離婚訴訟において、 「抗告(第2審)」に不服がある場合、 「特別抗告」「許可抗告」という制度があると思いますが、 申立までの期間が5日という事でとても短いです。 これでは、理由を考えている時間がありません。 従って理由については「後日送付する」で良いと思うのですが、 それは何日以内に送付しないといけないのでしょ...

法律相談を検索する

よく見られているキーワード

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

離婚・男女問題の「トラブル体験談」

Aさん(30代女性)

DVを繰り返す夫から自由に - 2人の子どもの親権と養育費を勝ち取ったAさんの体験談

  • DV
  • 親権
  • 養育費
  • 面会交流

結婚11年目のAさんは、パートで働きながら8歳と10歳の子どもを育てる母親でした。会社勤めをしている夫は、家事や育児に協力しないだけでなく...

Bさん(20代女性)

性格の不一致から夫との生活が苦痛に - うつ病を患いながら離婚を成立させたBさんの体験談

  • 性格の不一致による離婚
  • うつ病
  • 新居の処分

結婚1年目のBさんは、夫と共働きの二人暮らし。当時仕事に追われていたBさんは、家庭内での夫の態度に違和感を覚えるようになっていました。B...

Cさん(40代女性)

育児・家事に無関心な夫と離婚 - 3人の子どもの親権・養育費を争ったCさんの体験談

  • 親権
  • 養育費
  • 財産分与
  • 年金分割

Cさんは、3人の子どもを育てる専業主婦でした。公務員の夫は、結婚当初から家庭内のことに無関心でした。「子どもが生まれたら変わるかな」と...

依頼前に知っておきたい弁護士知識

離婚・男女問題に注力する弁護士

最近検索されたキーワード

離婚・男女問題の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

離婚・男女問題の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。